FC2ブログ
RSS

経歴詐称コンサルタント

 高生産性の経営コンサルタントほど、自分が如何に高額所得であるかということを詐称している

 経営コンサルタントで、テレビのコメンテーターとして活躍していた「ショーンK」ことショーン・マクアードル川上氏の経歴詐称がばれ、テレビ出演を自粛せざるを得なくなっている。彼は経歴だけでなく顔までも整形・偽装していた疑いがある(今のところ髪の毛まで偽装していたという話はない)。

 この場合、彼のコメンテーターとしての発言内容や実績が問題になったのではない。ウソをついていたことが問題になった。佐村河内氏の聴覚障害偽装と同じようなものである。つまり「物語マーケティング」に、まんまとTV局が踊らされてしまった、というわけである。

 川上氏にしても、その実力が本物なら文句がない。 
 しかし、そもそもTVのコメンテーターというのは、それなりの人なら、だれがやっても同じようなものである。まして彼が有名になった「報道ステーション」のコメンテーターなどは、司会者から振られた段階で、なにを言うかほぼ想像できる。
 すなわちTV局は、自局が言いたいことを、高学歴で洋風顔の経営コンサルタントに発言して欲しかっただけである。

      そそり立っている 

 彼の本業、経営コンサルタントの仕事も、まったく同じである。ほとんどの企業経営者は、私のような「清貧コンサルタント」の提言など見向きもしない。一方で、1億円の報酬を要求する強欲コンサルタントの迷言なら、ありがたく拝聴する(金は出し惜しみするが)。

 したがって、経営のうまい経営コンサルタントほど、自分が如何に高額所得であるかということを詐称している。サービス業の生産性というのは、如何にインチキかわかる。
 どの世界も、キツネとタヌキの化かし合いである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :