FC2ブログ
RSS

消費増税は延期か

 「先送り」などと、ケチなことを言わず、永遠に消費増税はしないと明言したほうがいい

 来年4月からの消費増税について、景気が停滞しているいまの状態では、先送りすることを検討しているという。
 前回消費税8%へ引き上げ時の、景気落ち込みが癒されていないのに、10%への引き上げは誰が考えても暴挙である。増税の延期、凍結などを求める声が出始めており、今年初めから安倍首相は、国会答弁などで微妙に増税先送りへ態度を軟化させていた。

 そもそも、消費税の引き上げは何のためか。税収を上げるためである。
 では何のために税収を増やすのか。今後確実に伸びていく、社会保障の負担を賄うためである。消費が伸びれば、企業収益が上がって税収は伸びる。でも消費は回復しない。消費増税を支持する人は、消費が伸びないのは、財政が不健全なため、将来の社会保障を受けられないことが不安だからだと言う。

           痛い!針

 しかし、8%が10%になったからといって、社会保障の不安が消えるはずがない。将来100兆円にもなろうと言う社会保障費を消費税で賄おうとしたら、消費税率50%ぐらい必要になる。 
 すなわち消費が伸びないのは、これから消費税がつぎつぎとあがっていくに違いないと思うからである。
 税収が少ないから将来が不安だと思うのは、財務省だけである。

 したがって、「先送り」などと、ケチなことを言わず、永遠に消費増税はしないと明言してもらいたい。一番いいのは、「消費税は10%としそこで凍結する」と憲法に明記することである(10%なら計算が簡単)。
 兵の逐次投入、中途半端が最もいけない。経済は人々の心理戦である。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :