FC2ブログ
RSS

認知症患者の事故リスク

 決定的な解決方法がないとすれば、犠牲にするのは人生を謳歌してきた高齢者である

 愛知県で8年前に列車に撥ねられた91才の認知症者の遺族が、JRへの賠償責任を負うかどうかの最高裁判決が下った。それによると、介護する家族に賠償責任があるかは生活状況などを総合的に考慮して決めるべきだとし、この場合は93才の妻と65才長男は監督義務者にあたらず、賠償責任はないと結論づけた。
 たしかに、自ら半分認知症の93才と65才に、四六時中徘徊患者を見張らせるのは無理である。

 26日の朝日新聞デジタルによると、2014年度に認知症者がかかわったと思われる列車事故は22件あったという。それに加え別の報告では、自動車の死亡事故が181件あった。これらは氷山の一角であり、賠償を伴う事故はこれから増えていく。
 私の家にもそれに近い人がおり、さらに私自身も危うい。

 では認知症者を抱える家族はどうしたらよいのか。
 普通リスクマネジメントでは、①回避、②低減、③転嫁、④保有、の4つの方向性に沿って、リスクに対応する。ブレーンストーミングだから、批判厳禁である。

 ①回避行動
 ・認知症患者を施設に預ける
 ・座敷牢で隔離する
 ・筋弛緩剤で動けなくする
 ・この世から消す
 ・自分が行方不明になる
 ②低減活動
 ・交代で見張る
 ・足かせをつける
 ③転嫁
 ・保険に入る
 ・理論武装する
 ④保有
 ・あきらめる
 ・家族全員が認知症になる

 これをみても、決定的な解決方法などない。誰か楽すれば、誰かが犠牲になる。とすれば、犠牲になるのはそれまで人生を謳歌してきた高齢者しかいない。
 高齢者安楽殺人解禁が、現実味を帯びてきた。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1055)
 原発、エネルギー (147)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1059)
 社会一般 (166)
 高齢化、医療、死生観 (263)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR