FC2ブログ
RSS

失敗の法則

 ややこしく項目数を増やすことは、他人を煙に巻いて説得するのには意義がある

 元コカコーラ社長であったドナルド・キーオの「ビジネスで失敗する10(11?)の法則」というのがある。筒井康孝氏の「アホの壁」と言う著書でも紹介されている。その項目を並べてみよう。

≪リスクをとるのを止める(もっとも重要)
 柔軟性をなくす
 部下を遠ざける
 自分は無謬(むびゅう)だと考える
 反則すれすれのところで戦う
 考えるのに時間を使わない
 専門家と外部コンサルタントを全面的に信頼する
 官僚組織を愛する
 一貫性のないメッセージを送る
 将来を恐れる
 仕事への熱意、人生への熱意を失う。≫

 いい内容であるが、11もあると覚えにくい。座右の銘として覚えるのは2つ、せいぜい3つまでだ。これを3つにまとめるとどうなるか。

 ①リスクをとる
 ②考える
 ③熱意をもつ
 
 こうやって集約するとわかりやすい。だが当たり前すぎる。わざとややこしくして項目数を増やすことは、他人を煙に巻くのに効果がある。それが学者やコンサルタントの飯のタネである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :