FC2ブログ
RSS

障がい者の競技

 パラリンピックは、オリンピック以上に、国の威信をかけた戦いになる
 
≪陸上の2012年ロンドン・パラリンピック覇者で義足の走り幅跳び選手、マルクス・レーム(ドイツ)が2月20日に英国のグラスゴーで行われる室内競技会で、ロンドン五輪金メダリストのグレッグ・ラザフォード(英国)と対決する。英国陸連が20日までに発表した。1月21日ロンドン共同より≫

 彼は、昨年10月のドーハでの障害者陸上世界選手権で8.40Mの世界記録をマークした。健常者の世界記録は、パウエルの8.95Mである。レームの記録も、オリンピック出場選手並みである。
 障がい者といえば、2012年のロンドンオリンピックには、両足義足のオスカー・ピストリウスが、陸上の400M及びリレーにも出場した。

 もちろんこれらは、義足の優劣性に大いに影響している。選手の能力、それ以上に義足メーカーの影響が大きい。人の足以上にスプリングを効かせれば、健常者の世界記録を超えても不思議ではない。
 これは車椅子での競技全般にも言える。軽いタッチ、丈夫な架台、人の力を微妙に感じ取り、場合によっては増幅させる機構・・などの優劣で、試合の勝敗はほぼ決まる。
 すなわち、障碍者の競技であるパラリンピックは、装置の競技であるということでもある。

 それはそれでいいのではないか。パラリンピックに参加する人の国が、どれだけ障碍者に力を注いでいるか、その国の技術力がどれだけあるのか。まさにそれが試される。
 したがってパラリンピックは、オリンピック以上に、国の威信をかけた戦いになる。
 
         大パチンコ

 ところで先日、地域体育協会主催のボーリング大会に参加した。
 毎年この選手集めの役割を拝命しているので、仕方なく、ここ10年近く参加している。
 1年に一回しかしないのだから、上達するはずがない。2ゲームの合計が200点くらい。1ゲーム目は120点ぐらい出るが、2回目になるとスタミナを使い果たす。

 このボーリング場で、不思議な器具を見つけた。ボーリングの球を持てない幼児用に開発されたもので、滑り台の上から転がす。パチンコを大型にしたようなものである。
 つぎからは、この器具のお世話になるかも。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1053)
 原発、エネルギー (145)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1058)
 社会一般 (165)
 高齢化、医療、死生観 (263)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR