FC2ブログ
RSS

楽しくない深酒

 ほんとに楽しい気分になれる、死に際を楽しみに生きていく

 昨晩、久しぶりに深酒をした。帰宅したのが2時を回っていたから、相当飲んだのは間違いない。まだ頭がふらふらする。昨年末からの忘・新年会は、1次会で引き揚げていたのだが、楽しかったのでつい油断してしまった。

 しかしいくら楽しくても、10~20代のころのような突き上げるような喜びはない。あのころは、それほど責任を取らされることなく、何でもできると思っていた。つぎつぎアイデアも沸いて、面白くて仕方がなかった。もちろん体力もあり、時間無制限で楽しめた。

 いまはどんなに酔っても、なにかに追われているようで心の底から楽しむことができない。賽の河原のように、つぎつぎと難題がぶら下がる。それを振り払うと深酒になり、2日酔いの悪魔に襲われる。

 だから、ほんとに楽しい気分になれるのは、もう死ぬ間際しかないのかもしれない。これからは、それを楽しみに生きていく。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :