FC2ブログ
RSS

初詣のご利益は?

 駅前高層マンションに入る人は、愛宕坂展望台でがっかりした人の恨みを背負う

 初詣は、新年に初めて寺社にお参りし、その年の安寧を祈願するものである。
 近所の神明神社にも、3が日には大勢が参る。大晦日の除夜の鐘が鳴るころには、家の前をぞろぞろと参拝客が通る。酔っぱらいも混じって、けっこう煩い。神社の境内には、賽銭箱に向かい数百メートルが並ぶ。いつか大晦日の夜行ったとき、暗闇の中に何百人もの人の気配がして、ホラー映画のようであった。
 3が日の昼間はもっとすごい。昨日の元日は、近くの神社公園を行列が1周していた。あれではお参りするのに、1時間以上待たねばならない。

 初詣は、お参りする人の幸福を祈願するものだという。神様は一度にこんなたくさんの人を受け付けてくれるのか。ご利益も均等割りにならざるを得ない。

 あきらめて、足羽山の招魂社へお参りした。ここには人っ子一人いない。招魂社ではご利益はないからか。

 初詣の混雑 神明神社 H28.1.1 無人の招魂者 H28.1.1  白山を隠す駅前ビル H28.1.1 足羽山から白山 H26.11.20撮影

 やはりご利益はなかった。
 昨日のような冬晴れにはいつも、愛宕坂を登った展望台から、真っ白な白山が見える。その一部が見えなくなってしまったのである。原因は昨年福井駅前に立った高層ビルである。それがちょうど、白山の頂上付近に覆いかぶるように、そそり立っているからだ(3番目の写真、右端は1年前工事中のとき)。辛うじて御前峰から別山、3ノ峰のほうは見えるが、これはもう山の景色ではない。

 これで福井市民にとって貴重な景観財産を、ひとつ失ってしまった。あの高層マンションに入る人は、これから愛宕坂展望台に立ってがっかりした人の恨みを、永遠に背負って生きていかなければならない(展望台にはわら人形が供えられるかも)。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1053)
 原発、エネルギー (145)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1058)
 社会一般 (165)
 高齢化、医療、死生観 (263)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR