FC2ブログ
RSS

病院通い(27年12月18日)

 昨日は、健康診断と歯医者。年寄りの医者通いがはじまった。
 
 まず健診。 
 大きく変わったのは、胃カメラである。鼻の穴からのスコープを選択した。挿入するスコープの太さが経口のときの10㎜から5~6ミリになった。昨年までは、蛇のように太いのを、喉から無理やり押し込まれ、気分の悪いことこの上なかった。

 ただ鼻からの場合でも、長さ7~80㎝もの異物を、入れたり出したりされるのは、いい気持ちではない。口からのときより、時間も長くなった。検査料も高くなったに違いない。
 嘔吐感はなくなったが、まだ劇的に改善したとは思えない。処置前の麻酔剤や測定中に胃の中にぶちまかれる液体など、腹具合を害する。前より細いと言っても、鉛筆ぐらいである。使用するスコープも、私の前にどのような使い方をされたのか、あまり想像したくない。誰かの大腸検査に使ったものではない、と信じたい。

                  青蛇
 午後は、念願の歯医者である。
 裁判所横の歯科医がいいと聞いて予約した。皮肉なことに、あれほど苦しんだ歯痛が治まりかけていた。それでもせっかくだから診てもらう。診てもらって悪いことはなにもない。難点は一つ、受付嬢の愛想が悪いこと。これは評判通り。

 診断では、軽い歯周病それに歯の一部が欠けていた。それだけであんなに痛かったのか、釈然としない。とりあえず歯石の除去。痛み止めとうがい薬を貰う。
 とくに積極的な治療ではない。それなのに今はほとんど治まっている。明らかに治療で治ったのではない。

 歯痛に限らずたいていの病気は、ピーク時を超えてから医者にかかる。だからほとんどの病気は、医者のおかげで治ったものだと思いやすいのである。


 こうして、年寄りの病院通いが始まる。今年は治療と検診で2万円くらい払った。ということは、健保に4万円くらい請求することになる。いまでも年15万円くらい保険料を払っているので、まだ10万円以上貢献している。
 団塊世代が、まともに保険料を払えなくなって、治療費が1割負担でよくなった時。健康保険制度の崩壊が始まる。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1053)
 原発、エネルギー (145)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1058)
 社会一般 (165)
 高齢化、医療、死生観 (263)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR