FC2ブログ
RSS

同性愛者差別発言(27年12月14日)

 共和党トランプ候補のように、いつも本音を騙る議員になれるかどうか

 岐阜県の男性職員がツイッターに同性愛者を差別する発言を投稿して問題になった。その件で県議会において質疑を行っているとき、自民党の藤墳守議員が、「同性愛は異常やぞ」とヤジを飛ばし、こちらの方も大きな問題になった。
 11日午前の取材で藤墳議員は、発言を撤回するつもりはないという。

 同性愛が異常かどうか思うのは、人それぞれである。ほとんどの人は異常だと思っている。思っても言わないだけである。言えないような空気が世間に蔓延しているからだ。その代わり仲間内では堂々と言っている。

 その意味で、世間を相手にほんとのことを言い続けている藤墳議員は大したものである。
 藤墳議員が信念を貫いて、共和党のトランプ候補のようになれるのであろうか。トランプ氏のように、本音を騙れる議員が、日本に一人ぐらいいてもいい。

 ただ彼にそこまでの理論武装と度胸があるかどうか。それに見てくれが悪いので、世間には叩かれるであろう。どうもやけくそで言っているような気もするし、県会議員クラスではやや寂しい。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :