FC2ブログ
RSS

南京事件論争(27年11月13日)

 南京虐殺を確定させてしまうことは、冤罪で捕まった犯人を死刑にすることに等しい

 昨晩12日のプライムニュースでは、先日ユネスコ世界記憶遺産への登録で物議をかもした「南京事件」について取り上げていた。いわゆる「慰安婦」と並び、戦後の日本が巻き込まれた2大歴史冤罪である。

 出席は、秦郁彦氏(現代史家)、藤岡信勝氏(拓殖大学客員教授)、山田朗氏(明治大学教授)の3名である。南京におけるいわゆる虐殺人数について、山田氏は15万人、秦氏は4万人、藤岡氏はゼロ、と、3人の識者の見解は、大きく異なっている。 
 番組では、人数はともかく虐殺事件があったという立場の秦・山田氏2人に対し、ほとんど虐殺はなかったという藤岡氏の論争になった。

 昭和12年に、南京でほんとは何があったのか。
 3人のなかでは、秦氏の話が最も信ぴょう性が高いように思えた。多くの資料・文献を取り上げ、小説の登場人物のような具体的な説明をする。山田氏の説は、殺された人数こそ多いが、内容については秦氏とほとんど同じである。
 一方の藤岡氏は、いろんな証拠を挙げ、民間人を虐殺したことはほとんどなかったと説明していた。捕虜虐殺にしても、戦闘の混乱の中ではやむを得なかったという。それでも、2対1であり、やや旗色が悪い。ディベート大会だったら、秦氏が優勝したであろう。

 しかし、南京事件に関するいろんな文献証拠は、書いた人の主観そのものであるし、客観的な証拠ともいえる写真は、すべてインチキであることが分かっている。だから、さももっともらしいとか話し方がうまいことが、南京事件の真相になるわけではない。もっともらしいストーリーが成り立っただけで、錯覚でそれが本当だと思い込んでしまう、という心理学の研究がある。
 確実に言えることは、南京事件の真相は、誰にもわからないということである。歴史とはそういうものだ。

 したがって、この事件はまさに政治的に利用される。誰にもわからないのだから、「被害国」は、自分たちに都合のいいようなストーリーを作る。それだけである。ここは裁きの大原則に戻り、「疑わしきは罰せず」がいい。そうなるかどうかは、力関係で決まる。
 南京事件を確定させてしまうことは、冤罪で捕まった犯人を死刑にすることに等しい。そんなことになれば、我々は子孫に申し開きができない。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1053)
 原発、エネルギー (145)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1058)
 社会一般 (165)
 高齢化、医療、死生観 (263)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR