FC2ブログ
RSS

危ない老人(27年11月5日)

 年取って仕事できなくなるから、キレる老人が発生する

 社会に出てからずっと、いつも何かに追われる気がしている。落ち着かない。年取ったいまでも、時間を持て余すということはない。なにか自分で仕事をつくってしまう。このブログを書いたり、地域の付き合い、読まない読書。やればやるほど自分が小さく思えてくる。

 60才の半ばを過ぎると、さすがに報酬を伴う仕事は減少してきた。50代は、ほとんど日程が詰まっており、日に2件3件とつなぐことも珍しくなかった。いまでは、週2~3件、月10件程度しか受けていない。

 外での仕事と、家でこもってやる作業は異なる。それは言葉である。外では人との会話、ヒアリングが主な仕事になる。いろんな言葉をつないでしゃべる。毎日のように仕事していれば、それほど大変ではない。

 しかし今のように仕事が切れると、次第に言葉が出なくなる。もともとあまりしゃべらない方なのでなおさらである。仕事が少ない分、かえって中身も薄くなる。

 忙しい人ほどいい仕事ができる。年取ると、一気に仕事ができなくなるのもわかる。そうやって、キレる危ない老人が発生する。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :