FC2ブログ
RSS

中小企業施策のムダ(4月2日)

施策は集約化し、ムダ削減に強めるとともに、まず「伯楽」を育てなければならない
 

 今年度は、補正予算を含めて中小企業に対する施策が大幅に増えた。もちろん、各種補助金も増大している。ただ、予算の内訳をみると、細かい事業分野ごとに、それぞれびっしりと予算額が張り付いている。たとえば、経済産業省25年度予算案→中小企業対策費→重点化する分野の中項目(1)~(3)の中の、例えば、「(2)成長による富の創出」のなかに「①~⑤」があって、その中に「ⅰ~ⅴ」があり、例えば「ⅲ戦略産業の育成・社会的課題を解決するための技術開発」、その中にまた細かい分野がびっしり並んでいる。たとえば、「ロボット介護機器開発・導入促進事業23.9億円」、「福祉用具実用化開発推進事業1.0億円」などである。これらの項目が、数えきれないくらい、無数に並んでいる。これをまた、地域ごとに配分するのである。・・ここを読むだけで疲れる。

 
 ここで大きな疑問がある。これだけ細かく分類され、それぞれ微妙に異なる予算額が張り付いていて、過不足なく使い切ることができるのであろうか? できるはずがない。必ず、それぞれの分野ごとに余分か不足が生ずるはずだ。すべて予算通りに納まるということは、絶対にない。あったらおかしい。しかし不思議なことに、いつも最終的には、各担当者がつじつま合わせをして、ぴったりと使い切る。そしてそこには、膨大な無駄が発生しているのである。今年度に限ったことではないが、今年はとくに大盤振る舞いしている。

 
 では、これらの補助金予算を無駄遣いしないためには、どうしたらよいか。それは、予算の総額だけを決め、あとは内容に応じて都度配分すればいい(地方一括交付金のように)。平準化である。今のままでは、細かい縦割りによって、大きな無駄が発生するだけでなく、本当に必要な分野に助成が行かない。これは杞憂ではない。したがって予算の使い方について、省庁横断ぐらいの融通性を持たせるべきであるし、こんな時こそ行政の担当者は柔軟な対応をして欲しいものだ。単に右から左だけでは、それこそ「税金泥棒」である。またマスコミも異常である。各予算案件と金額がぴったり合うことこそおかしいのに、すこしでも要件を外すと大騒ぎする。典型は、復興助成金の流用問題である。

 
 一方、これらの助成を受ける中小企業者も大変である。これだけ細かく助成要件が決められていると、自分の案件がどの分野に該当するのかが分からなくなる。とくに新しい業態にチャレンジしようとする企業にとって、行政が勝手に決めた事業分野には、うまいことあてはまらない。新事業とは、そういうものである。まあ、そこへたどり着く前に、中小企業者にとって、屋上屋を架した助成制度は、何が何だかわからないと思う。それぞれ申請方法も異なるとしたら、もうお手上げである。

 
 そこで提案したいのは、10年以上前から制度として定着している「経営革新事業」の有効活用である。この事業は、とくに分野を定めず、企業が新しい事業に取り組む場合の計画を承認するものであった。ただ、この計画認定のメリットは、金融機関の内部稟議の助けになるくらいしかないため、申請企業数は頭打ちになっている。これを活用しない手はない。この事業を充実させ、計画の中で必要な資金を助成するのである。
 そしてその場合でも重要なのは、『伯楽』の存在である。有望な事業を生み出す「名馬」は、どこにいるかわからない。どこにでも、薄汚い格好で埋もれている。しかしそれを見つけて、金を生む「名馬」に育てる人材は、そうはいない。わが福井県でも数人いるかどうかであろう。そのわずかな『伯楽』となる人材を集約、育成するうえでも、補助事業の1本化は必要なのではないか。あれだけ細分化したら、『伯楽』も育たない。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
臨界都市の福井に住む
 酔狂じじいがしつこく吠える
         妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1034)
 原発、エネルギー (141)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (126)
 憲法、法律、選挙、裁判 (95)
 政治家、政策、政局 (239)
 インフラ、防災、環境、人口 (119)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1040)
 社会一般 (160)
 高齢化、医療、死生観 (254)
 格差、差別、弱者、女性 (97)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (47)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (111)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (507)
 中小企業施策 (74)
 経営革新、戦略、手法 (95)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (64)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (74)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (53)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR