FC2ブログ
RSS

甲状腺がんは増えてない(27年9月9日)

 「過剰診断」と「過剰手術」が、患者に不必要な身体・心理負担を与えている

 福島で甲状腺がんが増えているとして、騒ぐ人がいる。たしかに今年、全数検査によって、100人以上のがん患者が「発見」されたそうだ。「反原発者」は、これを原発事故放射線の影響にしたくてたまらない。
 
 しかしこれこそ、典型的な被害妄想である。何も検査しなくても、これまで相当数の甲状腺がんは発生している。
 国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」によると、わが国で1年間で新たに甲状腺がんと診断される人は13740人、甲状腺がんで亡くなる人は1637人とされている(2011年データ、その前もほぼ同じ)。これらは、甲状腺に何らかの症状が出て発見された人たちである。

 韓国では、多数が検査するようになってから、発生率が飛躍的に上がった。全数検査したら、100倍もの甲状腺がん患者が発見される計算になる。甲状腺がんは良性のがんであり、放っておけば自然消滅する。したがって、ほとんどの患者は知らないうちに一生を終える。かえって、検査・治療することで余計な身体負担を生ずる場合が多い。
 これががんもどき理論であり、甲状腺がんはがんもどきの優等生である。

 問題は、「過剰診断」と「過剰手術」が、患者に不必要な身体・心理負担を与えることである。いま韓国では大きな問題になっている。福島でもその疑似患者が急増している。私が7~8年前から検査漬けになっている前立腺異常よりひどい。

 最近の医学界は、病人を治療するのではなく、積極的に病気をつくっている。つまり検査によって病気をつくり、それを治療する。経営の神様ドラッカーの「顧客を創造せよ」を忠実に実行している。被害妄想患者がそれに拍車をかけている。
 我々は、医者の「優良な顧客」にだけはなりたくないものである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1065)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (127)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (518)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR