FC2ブログ
RSS

五輪エンブレム騒動(27年9月3日)

 なにか決定するたびに「遅い」といわれると、つぎからは何もできなくなってしまう

 散々揉めたあげく、五輪エンブレムが使用中止になった。個人的にはエンブレムに似たものがあるのは当たり前だと思っていたが、他の作品の盗用など、それ以外の「疑惑」が多すぎた。ここまでケチがついたものは、あきらめたほうがいい。
 
 ただ、スタジアム変更のときと同じ、こんども「やめるのが遅すぎた」という声がある。
 この「遅すぎる」という声は、当事者意識がなく、あまりにも無責任である。なにか変更決定をするたびに「遅い」といわれると、つぎからは何もできなくなってしまう。今回も、何もしない或いは3年後に変更するより100倍素晴らしいではないか。

 と思っていたら、今度は紹介曲にまで盗作の疑いが出てきた。今度は「遅すぎる」といわれる前に取り下げるであろう。
 
         レッサパンダの親子 H26.11.02撮影

 そして東京都は、このエンブレムを使用したポスターなどの発注がすでに4600万円余りに上ることを明らかにした。無駄になった負担金については、組織委員会に補償を求めるという。どっちにしても税金である。国内で金を使えば、景気対策にはなる。
 もし私に余裕資金があったら、これを買い占める。4600万円が、5年後4.6億円、10年後46億円ぐらいになっているかも??
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :