FC2ブログ
RSS

若手議員のご乱交(27年9月2日)

 日本の未来は、このようなユニークな議員たちを、どのように活かすかにかかっている

 いま若手の国会議員である、武藤議員や山本議員が注目を浴びている。

 武藤議員は、安全保障関連法案に反対する若者をツイッターで批判したことで、マスコミの徹底追跡に遭った。数千万円の金銭疑惑や買春疑惑などが明るみになっている。どんな人でも叩けば埃は出る。武藤氏が議員をやめるまで、いくらでも出てくるであろう。埃の出ない人は、仕事を何もしなかった人だけである。

 もう一人山本議員は、私生活スキャンダルより国会での掟破り質問が目立つ。これまでいなかったタイプの議員である。原発テロや大東亜戦時中の米国非人道行為など、いままでタブー視されていた案件を、つぎつぎ俎板の上に載せている。まさに、「王様は裸」の子供役を、地のままでこなしている。知能程度から見て、彼ほど適任者はいない。小沢一郎は、それをうまく利用している。ただ子供と同じで、見境がないのが困る。

 女性議員にもいた。「浪速のエリカ様」こと、上西小百合議員である。
 国会議員も人である。このようなユニークな人たちをどのように活かすか。それに日本の未来はかかっている。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :