FC2ブログ
RSS

ワールドカフェとは

 他人を尊重し、聴く姿勢、肯定する姿勢を養うことができるか

 グループミーティング手法の一つ、「ワールドカフェ」を紹介しよう。以前、大阪通産局の講習会で体験した。テーマさえ選べれば、多人数でのコミュニケーションに適していると考えた。その後いくつもの中堅企業で実践し、好評であった。一方的で下手くそな講義よりよほどいい。

 では「ワールドカフェ」とはどんな手法なのか。詳細は専門書に譲り、簡単に概要を紹介しよう。

                     七福神1.ワールドカフェの概要
 ①やりかた  
  全体(16~100人)を、1グループ4~5人程度に分け、構成員を変えながら話し合いを続ける。1回20~30分程度を3~4ラウンド行う。
 ②効果
  2~3時間で、あたかも参加者全員が話し合っているような情報量が得られる。
 ③ワールドカフェの目的はさまざまである(結論を求めない場合が多い)
  ・組織や専門分野の枠を超えた相互理解や協力関係を築きたい
  ・企業内で、上下関係や部門の枠を超えたコミュニケーションを円滑にしたい
  ・メンバーが真に望んでいることを明らかにしたい
  ・新しいプロジェクトをスタートさせるにあたり、協力的で意欲的なチームを作りたい
  ・全員が納得して行動を起こせるようにしたい
  ・全社員参加によるビジョンや価値観の共有をしたい
  ・衆知を結集して新しい価値や知識を創造したい
 ④成功のポイント
  どのような「問い」、テーマにするか

2.ワールドカフェの実施
 ①準備するもの
  ・16人以上の人数とスタッフ(1~5人)
  ・4~5人が話し合い出来るテーブルと椅子を、全員分
  ・A0~2ほどの模造紙(テーブルの数×4枚)、サインペン(人数分で、4~5色)
  ・大き目のポストイット
  ・ホワイトボード又は黒板(スクリーンとプロジェクター)
  ・簡単な茶菓子、飲み物
 ②標準的な手順(各ラウンド20~30分)
  1ラウンド・・・・テーマについての探求
   ・4~5人づつテーブルに座って、テーマについて話し合う。模造紙に自由に書く。
  2ラウンド・・・・アイデアを受粉する
   ・各テーブルに1名だけホストを残して、他のメンバーは、「旅人」として別のテーブルへ
   ・新しいメンバーに対し、ホストは自分のテーブルの内容について説明する(1~2分)
   ・「旅人」は、これまでの自分のテーブルで出た話につなげる
  3ラウンド・・・・気づきや発見を統合する
   ・元のテーブルに戻り、旅で出たアイデアを紹介しながら、話し合いを続ける
  4ラウンド・・・・集合的な発見を収穫し、共有する
   ・全体でのアイデアを共有する

3.ワールドカフェ 会話のルール
 ダイアログ(傾聴)ができているか。
  ダイアログとは、自分の立場や考えに固執せず、お互いの発言を探求しながら、共通の意味を捜し求める会話のあり方。ディスカッション(討論)ではない

 ①他人の意見を批判、否定しないこと
 ②他人の意見は、どんどん広げていきましょう
 ③今日は、愚痴や不満を言うのをやめましょう
 ④全員が発言できるようにしましょう
 ⑤話しにくそうにしている方については、ゆっくり待ってください
 ⑥発言は簡潔に、短めに
 ⑦どんどん思いついたことを、模造紙に落書きしましょう


 つぎに、具体例を示す。 
(例1)
 問い 
 1)これまでにあなたが職場で経験した最も素晴らしい会話には、どのようなものがありますか?
 2)今、コミュニケーションにどのような変化が起こっているのでしょうか?
 3)傾聴を重視した話し合いが普通に行われるようになったなら、会社はどう変わるでしょうか?

(例2)
 問い 
 1)これまでの仕事での、最高の体験についてお話しください。
 2)みなさんがこれから仕事の上で、できることやりたいことは何ですか?
 3)みなさんの力がつながり、最大限に発揮されたとき、会社はどのようになっていると思いますか?


 どんな手法でも、実施者がそれをバカにして、真剣にやらなければうまくいかない。とくに「ワールドカフェ」のポイントは、「傾聴」である。「傾聴」のテクニックもいろいろあるが、肝心なのは他人を尊重し、肯定する姿勢である。その姿勢を養うために、「ワールドカフェ」を行うのだと言ってもいい。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :