FC2ブログ
RSS

川内原発トラブル?(27年8月25日)

 必要リスクの何十倍もの過剰防護をやるのは、歴史的損失である

 8月11日に再稼働した鹿児島川内原発1号機で、発電蒸気を水に戻す設備でトラブルがあり、九州電力は出力を上げる作業を延期すると発表した。今のところ運転に問題はなく、原子炉の運転や発電、送電は続けるとしている。トラブルがあったのは3台ある復水器の1台で、別の装置で塩分を除去できているということである。

 ネットではさっそく、「それ見たことか」と非難する声があふれている。トラブルを虎視眈々と待ち構えていたのであろう。

 しかし、長い間休止していた巨大装置が運転を始めるのである。まったく何もない方がおかしい。この程度なら、発電を継続しながらの修復は十分可能であった。世間の冷たい目を意識して、大事を取ったのである。

 それにしても、遅い。遅すぎる。
 新規制基準に基づいて川内原発が審査に合格したのは26年9月10日。25年7月8日に申請してから、1年2か月経過している。申請してから、使用前検査を経て最終的に再稼働を果たすまでに、2年1カ月もかかってしまった。
 そのほかの原発については、さらに遅い。せっかくの人類の財産がムダに遊んでいる。休止期間が長くなればなるほど、今回のようなトラブルは発生する。
 ここまで検討したならもう十分である。必要リスクの何十倍もの過剰防護をやってどうなるのであろうか。歴史的損失である。

 さらに養老孟司氏が「Voice」に書いていたように、日本の沿岸に50基も原発が稼働していることは、外敵に対してこれ以上ない本土防衛である。そして万一、50基の原発すべて破壊された場合、もう逃げるところが無くなる。ほとんどの人は、放射能拡散地域に住まざるを得ない。(困ったことに)かえって寿命が延びる。そうなって初めて国民は、原発事故の安全性を実感できるようになる。チマチマと放射線の大きさを気にしていたのは、なんだったのかということである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1065)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (127)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (518)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR