FC2ブログ
RSS

東電経営陣の強制起訴(27年8月2日)

 彼らが起訴されたことで、原発の安全性は認められたことになる
 
 訴訟といえば、東電の旧経営陣が強制起訴された。これでやっと、原発は安全だと認知される。
 原発事故の一つひとつの不具合を見ていくと、じつに簡単な準備さえあれば、起こらなかったことが多い。そのうちの、ほんのひとつでも対策が施されていれば、あそこまで重大事故にはならなかった。裁判では、そのことを明確にしてほしい。

 はっきりと彼らの失態を追及し、今後はアホな手抜きを、絶対になくすようにしなければならない。彼らが有罪になれば、原発の安全性は完全に証明されたことになる。手抜きさえしなければいいからである。
 有罪までいかなくとも、強制起訴した人は、原発は安全だと認めたのである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :