FC2ブログ
RSS

昏睡強盗は是か(27年7月12日)

 オレオレ詐欺だろうが、どんな犯罪をした人にでも言い分はある

 出会い系サイトで知り合った55歳の男性会社員に睡眠薬入りのチョコレートを食べさせ、寝入った隙に現金などを奪った事件。昏睡強盗容疑で逮捕された東北薬科大の容疑者(23歳)は、「妻子がありながら、出会い系サイトで若い女性と会っているおやじたちを懲らしめたかった」と語っていたという。(7月9日河北新報記事より)

 これがドラマなら、「義賊」として拍手喝采を浴びる。たしかに、金に飽かせて若い女性を手籠めにしているのを見ると、いい気持ちはしない。

 どんな犯罪をした人にでも、言い分はある。オレオレ詐欺の場合は、「有り余る老人のお金を若い世代に移転して有効に使うのだ」という理屈も成り立つ。金持ちの懐を狙った犯罪なら、たいていのことは許されてしまう。
 まさに「盗人にも3分の理」である。

 しかしどう見てもこれは犯罪である。一歩間違えると、殺してしまうことにもなりかねない。そしてこの場合、お金でしか若い女性を買えない中高年男にも、同情の余地はある。若くて容姿が優れているだけで、無料で女性の「100人切り」しているほうが、理不尽で腹が立つではないか。
 「3分の理」はあったとしても、残りの「7分の理」で罰せられてしかるべきである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :