FC2ブログ
RSS

税金常識のウソ(27年7月9日)

 ややこしい税金計算を単純にして、払うための労力をもっと価値のある仕事に回した方がいい

 会社の経営は、「入りを量って出を制する」が原則である。つまり収入が決まり、その収入に応じ必要な支出を決める。売り上げの予測も立たないのに、投資だけ行っていたら会社は潰れる。
 さらに、売り上げ(収入)は市場が決めてしまうことが多い。だから支出は慎重にする。

 だが、公的財政はちがう。神野直彦氏は著書「税金常識のウソ」の中で、公的財政では「出を量って入りを制す」を原則とすると述べている。政治を行うためには、まずどんな公共サービスをするか、その支出を決める。そこから、必要な税金などを決める。もちろん限度はあるし、必要性の強弱も人によって異なる。

 その支出を決める場合、大雑把には「大きな政府」にするか「小さな政府」にするかである。  
 「大きな政府」の場合は、貧困層にも税負担を求める。その代わり恩恵は、全員にいきわたるようにする。「ゆりかごから墓場まで」の、北欧型政府サービスである。
 「小さな政府」は、累進課税である。貧困層には税負担を求めない代わりに、公的サービスも限定するしかない。多くを民間に任せる、「弱肉強食」のアメリカ型である。

 日本は中途半端である。だから、支出を税金でカバーする本筋の政治を行うことができない。したがって財政赤字が膨らむ。これが日本の財政赤字の原因であり、これについて神野直彦は悲観的で、もう修正はできないという。解決するためには、さらに複雑な税制を導入しなければならない。

 著者はこの本は、人々に税を「理解」してもらうために書いたと言っている。だが税知識の乏しい私は、あまりの税の複雑さに、理解を超えてしまった。いまでもこんなにややこしい税金なら、払わないほうがいい。税の計算をする労力を、もっと価値のある仕事に回した方が全体の利益は増える。財政赤字なら、いくら増えても問題ない

 もともと日本は中途半端である。きちんと働いてさえいれば、個人が豊かになる。貯蓄ができれば、だれかそれを借りて使わなければならない。企業ができなければ、国家が行う。国家がそれをやれば、永久にお金は回る。大事なのは、国家がお金を使うとき、きちんと分配できることである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1065)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (127)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (519)
 中小企業施策 (78)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR