FC2ブログ
RSS

地域振興券の拡大(27年6月27日)

 商店街の再生・活性化が、地域経済の活性化を体現するものなら、3億円は如何にもみみっちい

 各地で地域振興として、各種の商品券が発売されている。福井市でも「プレミアム商品券」が発売された。これは、1セット12000円分を、現金10000円で販売するというものである。一人5セット(50000円)まで購入できる。一人5万円買うとすると、3万人分である。一家6人分30万円(36万円分)購入した人もいる。
 福井市全体では、18億円分(購入金額15億円)発行された。この制度に使った予算は、3億円+(印刷代、配付手数料など?)。
 
 我が家でも、今月13日の1次販売のとき、家内が3時間以上も並んで購入した。今日はその2次販売日である。私にも買いに行けと言われた。計算上、1万円の利益になるからである。そう言われても、「欲ボケ面」を晒しながら3時間以上並ぶ気力はない。
 それに、福井市のGDPが約1兆円(福井県は3兆円だからその1/3とする)だから、18億円といっても、経済効果はスズメの涙である。しかもプラス分は3億円だけだ。

 しかし、この制度を企画した人は、なにも経済効果だけを狙ったわけではない(と思う)。この商品券の販売を起爆剤とし、なんとか地域の小規模商業と商店街を助け、振興させたいと思ったのであろう。

 商店街は、地域の商業機能だけでなく、その地域の文化や伝統を育て、産業としての機能や地域内の所得循環の役割を担っている。人々が集まって、買い物を中心に楽しみあう商店街は、地域コミュニティの回復の鍵である。その商店街の再生・活性化こそが、地域経済の活性化を、体現するものである。

 そうであるならば、3億円は如何にもみみっちい。起爆剤でも線香花火にしかならない。これでは通常の消費行動の範囲内におさまってしまう。それに、3万人が3時間も不愉快な思いをして並ぶ価値はあるのだろうか。
 そこで、こんな「戦力の逐次投入」ではなく、思い切って300億円ぐらい出したらどうか。沖縄の地域振興予算の1割にも満たない金額で、地域のGDPを3%も押し上げる。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1065)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (127)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (519)
 中小企業施策 (78)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR