FC2ブログ
RSS

2020年12月のエントリー一覧

  •  ゆく年

    来年は良い年になりますように 今年はコロナづくし。老い先短い身で貴重な経験をさせてもらいました。 日本中がパニックになっているとき、泰然としたトップが必要です。幸い日本には、万世1系の天皇が、永遠にわれわれの安寧を祈っています。 もっとも国民は、マスコミがつくりあげたコロナ騒動など、半信半疑です。                      アメリカではまだ、大統領選の最終決着がついていません。 こ...

  • 史上最大の赤字

     財政赤字の拡大より、国民の働く力がそぎ落とされることのほうが重大である  将来負担と不安を強調するほど、消費や投資マインドが衰え国力がダウンする コロナ禍で、政府の財政赤字が膨らんでいる。 今年度の国債発行は、史上最大の113兆円、来年度は当初予算だけで44兆円。これまでもGDP比でダントツ世界一だった財政赤字が270%になり、1300兆円まで膨らむ。 経済専門家の多くは、これについて警鐘を鳴らしている。 今...

  • 感染症と医療崩壊

     検査どころか病院も行かず治癒した圧倒的多数の感染者が確実に存在する   「医療崩壊」の危機が発生したのは、むやみに検査数を増やしたからである 新型コロナ感染拡大による、「医療崩壊」の危機が深刻化しているという。地域によっては、これ以上入院患者が増えると、対応できない人が続出する。もともと医療施設の少ない北海道では、すでに医療施設がいっぱいで、これ以上受け入れられない。 施設や装置より、医師や看護...

  • トップの姿勢と支持率

      国民がパニックになりそうな時、トップは支持率を無視し、泰然自若としていればいい      「鋭さを面にあらわして」文句ばかり言う専門家は、毒饅頭をばらまいているだけ 70%あった菅内閣の支持率が、40%前後まで下がってきた。はじめは決断よくやっていても、数か月すればボロがでる。トリチウム水放出が腰砕けになり、GOTOトラベル実施のタイミング、多人数でのステーキ会食など、やたら重箱の隅をつつかれ始めた。...

  • もっと言ってはいけない(書評)

     不安遺伝子の多い女性が、男と同じ仕事をして、幸せになれるわけがない 前回の「言ってはいけない」に続く、橘玲氏の著書について述べる。この後編では、同じことをもう少し踏み込んで書いている。 「知の進化論」で書いたように、われわれ日本人は、アメリカのGAFAや中国のIT巨大企業に、どう対応していけばいいのか。日本人の特徴を踏まえて考えてみたい。 まず、「もっと言ってはいけない」の大まかな内容を示す。①先進国...

  • 言ってはいけない(書評)

     事実を事実として認めないから、世の中にはややこしいことが起こる 数年前発行され衝撃を与えた「言ってはいけない」(橘玲著)では、知能や精神病、犯罪は、ほぼ遺伝で決まるという残酷な事実を、歴史的実証を踏まえて示していた。多くの場合、後天的な環境に影響される部分はわずかしかない。それも同年代の友人の影響である。親が子供に関与できるのは、幼児期しかないのである。  このことを前提に、この本でとくに興味を...

  • 知の進化論(書評)

     知識量が膨大になるにつれ、ビッグデータを独占できる限られた企業に富が集中する 野口悠紀男氏の「知の進化論(朝日新書)」は、知識の価値を高めるための、歴史的な推移について考察している。近年の情報産業の実態やAI,その未来予測にまで言及しており、なるほどと思うところが多い。  おおまかな内容は、以下の通り。①むかし、ギルド(専門集団)や教会は、知識や聖書の中身を独占していた②そのために、ラテン語などあえ...

  • エネルギーセミナー(令和2年2回目)

     福井県民はアメリカ以上のCO2を排出することで幸福度を高めようとしてきた 10日のZOOMによるセミナーは、前半が竹内純子氏の「再エネ大量導入に向けた課題と展望」。後半は石川和男氏の「今後の我が国のエネルギー政策と進むべき道」であった。 エネルギーセミナーは数年前から定期的に開催され、竹内純子氏を中心として、最新のエネルギー事情を優しく解説している。多方面の客観的な知識が得られるため、継続参加してきた。...

  • 学術会議の原子力への姿勢

     「原子力に関する人材の育成を図るべき」という、2017年9月12日の提言を具体化すべき 先月、電源地域振興センター主催で、原発80年延長についての、オンラインシンポジウムを聴いた。参加は関電の担当重役と、専門家の東大大学院教授山口彰氏である。 内容は主題の通り、現在稼働中の原発運転延長に向けての取り組みであった。 講演の中身や視聴者の質問は、想定される津波被害や圧力容器の強度など、ほぼ現状における原発の...

  • 大飯原発は直ちに稼働

     このまま判決に従っているのでは、茹でガエル化が進み、日本の未来は絶望しかない 住民(?)130人が、関電大飯原発3,4号機の設置許可取り消しを求めていた訴訟で、大阪地裁は4日に、原告らの主張を認める判決を出した。判決文によれば、「規制委の判断は、地震強度のばらつきを考慮していない」と指摘したという。まさに重箱の隅をつついたあげく、本体にまで穴をあけるようなものである。 日本には、政治家やマスコミはもち...

  • ワクチンのリスク

     日本の新型コロナ感染被害は、ワクチン投与のリスクよりはるかに少ない アメリカとイギリスで、新型コロナワクチンが、つぎつぎ開発・承認されている。実証実験では、有効性も70~90%と高く、大いに期待が持てる。あとは量産である。まもなく一般に投与が始まる。 なにしろアメリカやイギリスでは、新型コロナによる死者は、半端な数字ではない。アメリカで25万人、イギリスで6万人。およそ1000人に1人がこの病気で亡くなって...

  • 核による日本再生

     トランプ氏と安倍元総理が大化け復活し、最強コンビで日本を核武装する 新型コロナ感染であらためて、国内ものづくり基盤のぜい弱さが浮き彫りになった。生産技術がほとんど中国に移移転するなど、海外生産に切り替わっていたのである。1990年から2019年までの30年で、製造業のGDP構成比は、26%から20%に減少、国内総生産金額で20兆円近く落ち込んでいる。仕上げ工程だけ形式的に、国内生産しているところもあるから、現場は...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1062)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (271)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (125)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1065)
 社会一般 (168)
 高齢化、医療、死生観 (265)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (88)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (516)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (66)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR