FC2ブログ
RSS

2020年08月のエントリー一覧

  • 安倍総理辞任

     「お疲れ様でした」は10年早い。 療養期間を経て、来年以降の3段飛びで政策課題を仕上げて欲しい   昨日は、安倍総理が病状を悪化させ辞任するというニュースが、全国を駆け巡っていた。なにしろ歴代最長8年も在職した、日本政治のトップが、辞任するのである。 私の仮説が一部、実証されてしまった。 日本のためには、もっと総理を続けてほしかった。 なにしろ日本は、トップの在任期間が短すぎる。 安倍総理のように、...

  • 国民の健康

     病院に行かなくなって病気が減り、夜の店に行かなくなって病気が増える 今年日本で新型コロナが猛威を奮い始めてから、病院を受診する人がめっきり減った。私自身は数回病院へ行ったが、たいてい閑古鳥が鳴いている。おそらく受診者は半分近くに減ったのではないか。 コロナ専門病院だけでなく、ほとんどの病院が経営不振に陥っている。 そのせいか今年は、亡くなる人が減った。 ほとんどの病気は、医者がつくる。多くの場合...

  • コロナからの脱出

     日本中がコロナで大騒ぎしているうち、死ぬべき人が大量に生き延びてしまった 暑い夏が続く。熱中症による死者は、毎年全国で1000人前後、2018年は1,500人余りにも及んでいる。この年に救急搬送された人は95,000人で、7~8月に集中している。 明らかにコロナ被害より多い。 いま現在、国民の関心事は、コロナから熱中症になった。なにしろマスコミは、人々の不安を煽ることを商売としている。そのため御用専門家が生まれる。...

  • 長期政権の終末

     安倍総理の最大の失策は、後継者を育てなかったことである 第2次安倍内閣が7年を超え、「次」の総理が世間の話題になっている。 その最中安倍首相が、慶応病院へ「検査入院」したことで騒ぎが大きくなった。最近どうも様子がおかしく、噂が噂を呼んでいる。 一国の総理大臣ともなると、24時間気の休まる時がない。新型コロナ、オリンピック延期、周国賓問題、南海トラフ大震災、憲法改正、尖閣・竹島そして北方領土奪還、原発...

  • コロナ対策は無手勝流で

     性悪マスコミ相手に労力を注がず、国民にプラスになることをあいまいに遂行する  先月はじまったGOTOトラベル政策の賛同者は30%しかなく、反対が60%を超えているという。もちろんマスコミは、現政権のやることなすこと批判しており、この数字がそのまま内閣支持率に表れている。 GOTOトラベルの賛同者は、観光事業者はじめ、経済の深刻さを実感できる人である。 60%の反対者は、その危機の姿を想像できていない。お気楽な...

  • インド洋の重油流出事故

     最も安全なエネルギー源は原子力。人類はウィルスや放射線と共存するしかない インド洋で日本のタンカーによる重油流出事故があり、1000トンを超える重油がモーリシャス海域に拡散したという。かって福井の三国沖でも、ナホトカ号による流出事故で、積載していた9000klの半分が日本の海岸に漂着したことがあった。 覆水盆に返らず。 起こったことは仕方がない。日本政府や関連企業は、全力で誠意を見せるべきである。モーリシ...

  • 暑い8月

     靖国参拝は、拉致や北方領土返還など公約を守れなかった総理の、最後のお勤めである 今年は、これまでで最も厭な夏である。ひと月前発症した帯状疱疹の後遺症が、まだうずく。醜いケロイドが残り、みぞおちのあたりに、周期的に襲ってくる痛みがおぞましい。おかげで登山らしい登山ができていない。もうすぐ白山お花畑の季節も終わる。もう我々の年になると、来年はないかもしれない。 それ以上に8月は、日本人にとって忘れて...

  • コロナ脳とPCR検査が国を滅ぼす

     かってマスコミが無謀な大東亜戦争を担ぎ上げたときの状況そっくりである マスコミ扇動による、PCR検査の拡大傾向が止まらない。 すでに毎日、全国で最大4万件ものPCR検査が行われ、自治体によっては、ドライブスルー検査まで実施しているという。 これでも少ないらしい。日本人全員にやれとまで言う人もいる。 比較的良心的と思っていたプライムニュースでさえ、先週の番組では、キャスターを含め、参加した与野党の議員す...

  • コロナとの共存社会

     事業が上手くいかなくて落ち込んだ人は、そのことが世間に大きく貢献している 新型コロナの勢いが止まらない(マスコミと「専門家」によってつくられた脅威ではあるが)。 ワクチンには期待しないほうがいい。たとえば、99.9%に効いたとしても、0.1%に副作用が発生し、0.01%に死者が出る。1億人に投与すれば、副作用で10万人が苦しみ、1万人が亡くなる。コロナ被害よりひどい。 したがってここ当分、コロナとの共存を覚悟...

  • ランキング

     帯状疱疹の痛みがぶり返してきた。火傷のようなケロイドの薄皮が、べろりと赤剥けになっている。真夏の汗が浸みこんで、ときおり激痛が走る。居ても立っても居られない。 これでは、落ち着いて仕事ができない。 4~5日前から、酒を飲み始めたのが影響しているかもしれない。アルコールでいっとき痛みは緩和されても、しばらくして倍の痛さが襲ってくる。それでも酒は止められない。                  ブログ...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫