FC2ブログ
RSS

2016年12月のエントリー一覧

  • 民主党政権の毒饅頭

     流行語「日本死ね」は民主党の党是だった。あのとき国が滅びてもおかしくなかった もう大晦日である。アベノミクスもいまひとつパっとしない。民主党政権時代に食わせられた「毒まんじゅう」の猛毒が、まだ日本のあちこちを蝕んでいるからである。覆水は盆にかえらない。この毒を無くすのは簡単なことではない。 日本が、どんな毒まんじゅうを食らったのか。ざっと挙げてみよう。 ≪外交・防衛≫ 普天間移転のちゃぶ台返し 尖...

  • 騒がしい年末

     どうでもいいことは無視して、静かに年末年始を過ごしたい 今年こそ、静かな年末年始が迎えられるかと思ったら、どうもおかしい。なにか問題がないと、マスコミは商売にならない。だからどうでもいいことを、大袈裟に報道する。 まず新千歳空港での中国人大乱闘である。中華航空の対応の悪さから、さんざん待たされた中国人乗客が、スタッフを押しのけてゲート内に侵入。警官30人が出動する騒ぎになった。SNSの発信をメディア...

  • 火事の原因

     隣の国のように、いくら責任者を血祭りにあげても、何の解決にもならない 糸魚川市で発生した大規模火災では、150軒もの建物が焼けた。うち80%以上が全焼だった、大惨事である。この火災の出火原因は、中華料理店の鍋の空焚きによるものといわれる。店主は「開店前の料理の準備で鍋に火をつけたままいったん店を離れ、戻ってきたら火が出ていたらしい。 法律の専門家によると、今回は「重大な過失」が認められる典型的な事例...

  • いくつで死ぬか

     死ぬときは年の順でも、われわれ男性は稼ぎが無くなった時点でアウトである 先週亡くなった近所の方は、(私より若い)66歳のおばあちゃんである。同居の息子さんが40代。4~5歳の外孫が2人いて、なついていただけに突然の死は悲しく、涙の別れであった。 おばあさんが孫を育てる、という人間のライフスタイルの中で、女性が60代で亡くなるのはやや早い。もう少し長く、孫が高校生以上として、少なくとも70~75才くらいまでは...

  • 失敗を許さない社会

     口先では「失敗を恐れるな」と言いながら、人が失敗すると潰しにかかるという醜悪 フィギアスケート日本選手権(女子)は、予想通り宮原選手が優勝した。昨日の福井新聞記事スポーツ欄には、その報道とともに彼女のみごとな演技写真が掲載されていた。一方で、かっての「女王」であった浅田真央選手は、これまでで最低の12位に沈んでしまった。 吃驚したのは、その浅田選手が失敗した瞬間の写真が、宮原選手の写真の下に堂々と...

  • 原発の発電コスト

     支払ったお金が、国内で富と雇用を生むのか、海外で地獄をつくるのかで大きな違い  総合資源エネルギー調査会「長期エネルギー需給見通し小委員会に対する 発電コスト等の検証に関する報告(案)27年4月」による、個別電源ごとの1kw/hあたり発電コストを以下に示す。 原子力10円、石炭火力12.5円、LNG火力14円、石油火力35円、バイオマス30円、風力22円、太陽光24円、一般水力10円、小水力25円である。 これにはCO2温暖化...

  • 日本の実力

     スポーツだけでなく、戦争でも勝てるように力をつけておく必要がある いま世界と戦える日本スポーツ界のホープは、男子はフィギュアスケートの羽生結弦選手と体操の内村航平選手、女子ではスキージャンプの高梨沙羅選手、レスリングの伊調選手(吉田選手?)である。いずれも「絶対王者」の期待通り、ほとんどの大会で優勝かそれに近い成績をおさめている。まちがいなく、誰が見ても現時点では世界一の選手である。 これまで日...

  • 旅立ちの覚悟

     最後は、それまで思ってもいなかった病気か事故で死ぬことになる 近所の方が亡くなり、昨晩は通夜、これから葬儀に参列する。まだ66才で病死である。私より若く他人事ではない。あらためていつ逝ってもいいように覚悟を決めた。自分もいろんな兆候があるからである。 たとえば3日前、半年ぶりに病院でPSA値を測定した。PSAは前立腺の異常値を示す数値で、前立腺肥大と前立腺がんの兆候を示す。7~8年前から年に2~3回受けてい...

  • もんじゅ廃炉の先

     自前のエネルギー調達ができない悲惨な日本を、未来世代に残すわけにはいかない もんじゅ廃炉の政府方針を聞いて、西川知事は不満をあらわにしている。「もんじゅの諸課題に充分な議論が尽くせたとは思えない」、「単に内外の情勢変化や抽象的な代替策の説明だけで廃止するのは納得できない」、「高速炉を安全に保守管理できる運営主体を整備すべきだ」と、怒り心頭である。 国は県内への研究炉の新設を、地元振興策として提示...

  • 歴史認識

     いくら認識が異なっていても、表に出すことなく大人の対応をすればいい 先週NHKで、「東京裁判~人は戦争を裁けるか~」を4夜連続で放送していた。70年前の東京裁判における、11か国からの判事たちの異なる視点を描いたものである。結果的に、「平和に対する罪」という、とって付けた罪名や、戦争犯罪にしても事実を争うことなく、多くの被告たちが死刑になってしまった。 気になったのは、このドラマでは日本軍人がアジアで行...

  • 顧客満足から社員満足へ

     日本は「顧客満足」がいきすぎて、あちこちでモンスターを生み出してしまった 沖縄の海岸にオスプレイが不時着した事故で、沖縄米軍トップのニコルソン調整官は、抗議に訪れた副知事に対し「パイロットは県民に被害を与えなかった。感謝されるべきだ」と不快感を示したという。さらに記者に対しては、「パイロットの素晴らしい行動、沖縄の人々を危険にさらすまいとした決断は、日ごろのハードな訓練の成果だ」と述べた。 この...

  • 責任能力

     最後は、社会がなにをどこまで受容できるかである。ゼロリスクはない 大阪市のJR新今宮駅ホームで女性2人が突き飛ばされ、1人が線路に転落した事件の容疑者が、先週大阪府警に逮捕された。大津市の無職28才の男で、軽度知的障害があって責任能力について問題となっている。 多くの人は、つぎのようなコメントを寄せている。≪これまで自由にさせてきた事に疑問を感じる。≫≪責任能力がないなら、一生外に出すな。≫≪障害があっ...

  • 日露会談の成果

     目に見える成果を望むなら、核武装を前提に武力で攻め込むしかない こんどの日露首脳交渉の結果は、すこぶる日本国民に評判が悪い。 ネットでのコメントをみても、≪全く評価できなかった。ロシアに食い逃げされただけだ≫≪何の担保も取れずに医療で技術協力とか、結局日本側の持ち出しだけ。≫≪毎回馬鹿みたいに経済援助してなんの進展もなし!≫≪舐められてんのわからないのかね≫≪安倍首相は外交力なし。どこに行っても相手の顔...

  • ごみ搬入の女性に友達申請

     個人情報の不正利用などとうるさく言うから、少子化が止まらないのである 岡山グリーンサービスの男性社員が、粗大ゴミの搬入に来た女性の個人情報を不正に利用し、フェイスブックで友達申請をしていたとして、岡山市は会見を開き、謝罪したそうだ。 しかし、フェイスブックで友達申請したことがそれほど悪いことなのか。口頭での「告白」や「ラブレター」と何が違うのか。 このことが犯罪なら、フェイスブックの友達申請する...

  • タイヤ交換作業

     毎日タイヤ交換作業を行えば、身体トレーニングになり血圧と血糖値が下がる 昨日初雪があった。朝起きてみると、5センチは積もっている。すぐ車で出かけなければならないのに、まだ普通タイヤのままである。思い切ってスノータイヤに交換した。 タイヤ交換の手順は、①ネジを入れる箱、錆止めスプレーも用意。軍手、作業着があったほうがいい。②交換する場所のスペースを確保する。③交換するタイヤを、クルマのそれぞれの車輪...

  • 来年度予算

     死ぬ前に、1000万円でも遣うようにすれば、ハーレムみたいな暮らしができる 政府来年度予算案の総額は、過去最大の97兆円台だという。そのうち高齢者に対する社会保障費が、32兆円を超える。これも過去最大である。32兆円といえば、リーマンショック時の税収とそれほど変わらない。 厚生年金の分を入れると、社会保障費は100兆円と膨大で、その半分は年金である。さらにその半分が貯蓄に回る。日本人の個人金融資産はどんどん...

  • 喫煙規制強化

     いくらなんでも行き過ぎ。意味のない潔癖症が差別を助長し、社会を蝕む  オリンピックを前に厚労省は、喫煙を規制する検討を始めているそうだ。不特定多数の人が出入りする施設、つまり飲食店やホテルなどのサービス施設、駅や空港などを原則禁煙とする(完全に仕切られたスペースに限って喫煙を認める)。官公庁や競技場、社会福祉施設内は完全に禁煙(分煙もなし)。医療機関や学校にいたっては、敷地内すべて禁煙にするとい...

  • オスプレイ墜落

     この事故をまち望んでいた人たちにとっては、盆と正月が一緒に来たようなものである 沖縄の海岸で、オスプレイが不時着(墜落?)、大破したというニュースが入った。乗員2人が負傷したという。ご丁寧にその前日も、同じ機種が基地内で胴体着陸していたという。逆説ではあるが、これでまたオスプレイの安全性は高まる。原発事故と同じである。 そもそも世の中に、不具合のないものなど一つもない。人類は失敗を繰り返しながら...

  • もんじゅ核エネルギーの開発

     自然科学は戦争と異なり、必ず勝利の道が用意されている  昨日の福井新聞のトップに「もんじゅなお迷走」という見出しが躍っていた。もんじゅはいま存亡の危機にある。もちろん核エネルギーの実用化に向けて、「もんじゅ」にこだわる必要はない。一歩進んだ実証炉を開発するのがベストである。だがいまの政治家には、それを自前で強力に推進するという、覚悟が全く見られない。 いま世間では、核燃料サイクルどころか原発でさ...

  • エネルギーシンポジウム

     原発の40年運転は、3.11直後の血迷った世論に押されただけで、何の根拠もない 昨日、福井新聞社「風の森ホール」で、エネルギーシンポジウムを聴いた。  原子力発電所の40年を超えての運転について、安全性や必要性を多角的視点からテーマを取り上げ、県民参加で考えるシンポジウム、という謳い文句である。 資源エネルギー庁の多田明弘氏が「日本のエネルギーの現状」、関電執行役員森中郁雄氏が「原子力発電所の安全性向上...

  • 記憶の消去法

     いやな記憶を消し、いい方の記憶は残す都合のいい記憶消去をしたい≪災害や事故、戦争、被暴力などで脳に刻まれた「恐怖記憶」を、過去を思い出すことなく消すことに関西文化学術研究都市の国際電気通信基礎技術研究所(ATR、京都府精華町)などのグループが人の実験で成功した。完治が難しいPTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療法の開発につながる成果という。11/22 京都新聞より≫  PTSDまでには至っていないが、私自身に...

  • 読解力がない

     大人の「読解力」がおかしいため、日本人は大迷惑をこうむっている 今月6日のOECD発表によると、2015年に実施した15歳男女54万人を対象とした国際学習到達度調査の結果、日本は科学的応用力と数学的応用力がやや上昇した半面、前回4位だった読解力は8位に落ちたそうである。 どのような調査かわからないので、これらが信頼できるかどうかわからない。それでも、日本人の「読解力」が優れているとは、お世辞にも言えないであ...

  • 高齢ドライバー

     救世主は自動運転タクシーであるが、普及する頃にもう老人はいない 高齢ドライバーによる事故のニュースが目立つ。先だって横浜市で、集団登校中の児童に、認知症の87歳男性が運転する軽トラックで、6歳男児が死亡した事件は悲惨であった。いまのところ件数そのものは横ばいであるが、団塊の世代が75歳以上になれば、件数も一気に増える。 私の近辺でもこのところ数件、認知症気味の人が衝突事故を起こしている。人身事故に...

  • カジノ法案とギャンブル依存

     平和ボケして戦争の可能性がなくなったから、ギャンブル依存症が増えた カジノ解禁法案が、衆院内閣委員会で可決され、衆院も通過した。まもなく参院も通過し法案が決まる。 ギャンブル依存症の問題から、この法案に反対する人は多い。 それでなくても、日本にはギャンブルがたくさんある。公営ギャンブルだけで、競馬、競輪、競艇、宝くじ、サッカーくじなどがあり、これらに群がる人は多い。そのうえ、年々減少しているとい...

  • 首相の真珠湾訪問

     真珠湾訪問の後、ただちに靖国神社へ参拝し、わが国の戦没者を慰霊すべき 安倍首相は12月26日か27日、大東亜戦争の開戦舞台となった真珠湾を訪問する。もちろん、日本の首相がこの地を訪問するのは初めてである。それに合わせ、オバマ大統領との首脳会談も行うという。オバマ大統領として最後の会談である。 この訪問は「謝罪」ではないし、そうであってはいけない。菅官房長官も、「総理の真珠湾訪問は戦没者への慰霊が目的で...

  • 名古屋城

     自然に埋もれた「見えない城」として、とことん姿を隠した方がいい 昨日、ある研修のついでに、名古屋城を見学した。 名古屋城は、徳川家康が天下統一の最後の布石として築いた城である。江戸幕府が体制を確立する激動の時代、濃尾平野を見る高台に、巨大な城郭が誕生した。江戸幕府を開いた家康が、大阪城包囲網をつくるため、姫路城や伊賀上野場などとともに築き上げた城である。慶長15年(1610年)1月14日、将軍徳川秀忠が、...

  • 大麻はなぜいけないのか

     北方4島を大麻特別地域に開放し日本の領土を確立する 先月、長野県大町市と池田町にある限界集落の住人22人が、大麻を隠し持っていたとして、大麻取締法違反容疑で逮捕された。いずれも長野県内外からの移住者で、これまで集落の周辺で音楽イベントをしながら大麻を栽培し、乱用していたという。 大麻はなぜいけないのか。大麻と覚せい剤はまったく異なる。 大麻を違法とすることは、戦後アメリカの化学繊維メーカーのごり押...

  • 福島での5輪野球中止

     大人たちの姿勢が子供に乗り移り、深刻ないじめを生み出す 東京オリンピックの野球・ソフトボールの会場候補である福島県の野球場について、世界連盟の会長が、難色を示している。グラウンドの内野部分が芝ではなく土であることが理由だという。福島開催の決定は先送りになる可能性が大きい。グラウンドが芝か土かでは大きな違いである。ほんとに福島県内のグラウンドを使いたいのなら、その整備くらいはすべきであった。 しか...

  • 流行語大賞2016

     どうせなら、「土人」と「ブーメラン」も大賞に加えたらどうか 今年話題となった、流行語を決定する年末の『2016 ユーキャン新語・流行語大賞』が発表された。年間大賞は、「神ってる」が選ばれたという。トップ10には「ゲス不倫」「聖地巡礼」「トランプ現象」「PPAP」「保育園落ちた日本死ね」「アモーレ」「ポケモンGO」「マイナス金利」「盛り土」が選出されていた。 「神ってる」、「聖地巡礼」、「PPAP」、「アモーレ」...

  • ネット販売のつけ

     ヤマト運輸のことだから、まもなくこの問題を解決する ヤマト運輸の支店が、残業代未払いなどを理由に、労働基準監督署から是正勧告を受けていたという。あの超優良企業でさえ、ブラック扱いされる時代である。 もちろんこれは、配達量の増加に合理化が追い付かなかったからである。配送業は依頼された仕事をほとんど受けるからたまらない。訴えた労働者の会見では、「ネット販売のアマゾンの荷物を扱うようになって、およそ2...

  • 高額治療

     これ以上、命を伸ばすための新薬など、医療技術開発はしないほうがいい 政府は、オブシーボという新しいがんの薬について、来年2月から価格を50%引き下げることを決めたという。この薬はがんに効く代わり、一人最高年間3500万円もの投与が必要であった。こんな薬が保険適用になってバンバン使われたら、たちまち健康保険はパンクする。半分としても1700万円である。 この件に関しては、少なくとも3つの問題がある。 まず、...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫