FC2ブログ
RSS

2015年10月のエントリー一覧

  • 断崖クーポン(27年10月31日)

     今日、えちぜん鉄道の「断崖クーポン」で三國へ行き、東尋坊からあわら温泉を散策した。えちぜん鉄道では、通勤乗客が激減する土曜・日曜・祝日限定で、いろんな企画を用意している。 その中の一つに、「断崖クーポン」という乗車券付きのクーポンがある。【東尋坊食べ歩きクーポン】+【三国湊町グルメ引換券】+【散策マップ】+【えちぜん鉄道一日フリーきっぷ】である。通常2,400円分のところ、1,200円で買える。東尋坊では浜...

  • 加工肉でがんになる?(27年10月30日)

     すべての食物は「毒」である。過剰な反応はしないほうがいい ≪世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関(IARC)が、ハムやソーセージ、ベーコンといった加工肉に高い発がん性が認められ、大腸がんを発症するリスクがあるとの調査報告を発表し衝撃が広がっている。10月28日SankeiBizより≫ 加工肉は、発がん性の評価でたばこやアスベストと同じ、最高レベルに分類されたそうである。加工しない赤身肉も、大腸がん、膵臓が...

  • 未来工業の未来(27年10月29日)

     「富しておごらず、貧して腐らず」。業績の悪化したとき、その真価が問われる 岐阜の未来工業㈱は、従業員1156人(H27年、連結)、電気設備資材などの製造販売会社である。2015年度の売上高354億円、営業利益は43億円の高収益。昔から中小企業者にとって、あこがれの会社である。 この会社は、「人」を大切にするという。 具体的には、労働時間の短さである。年間140日の休日に、40日の有給休暇となれば、年間の半分は休日で...

  • 日本活性化の主役は女性(27年10月28日)

     「地方創世」、「1億総活躍」の主役は、間違いなく女性である。もう男の出る幕はない 女性は、おいしいものを食べたい、美しい自然に触れたい、珍しいものを見たい、いいものを買いたいという欲求が強い。実際に、自ら動いてモノを購入し、旅行するなどの消費行動は、女性のほうが圧倒的に多い。 だから、女性の視点や感性を重視するところは活性化している。消費者の目線で、販売や加工の工夫を行い、お客を迎える。自分たち...

  • 北陸新幹線の延伸(27年10月27日)

     福井にとって新幹線は「迷惑施設」にしか過ぎない。それなりの対策が必要である 北陸新幹線が延伸開業しておよそ半年である。当然つぎは、大阪までの延伸ルートをどうするかとなる。福井では、早く新幹線を通せという声が大きい。 これまでの利用者数は、上越妙高(新潟)―糸魚川(同)間で、のべ500万人。昨年同期の在来線特急の利用者数に比べて3.03で、想定は2.2倍を大きく超えている。 さらに、国土交通省が発表した7月1...

  • またリコール(27年10月26日)

     世の中は、きれいごとで成り立っているのではない トヨタの1~9月における自動車販売台数が、独フォルクスワーゲンを上回り、首位に返り咲いたという。そのトヨタでさえ、なぜかリコールが多い。  私の使っている車(ヴィッツ)も、またリコール案内が来た。前回のリコールから、まだ1~2か月しかたっていない。 こんどは、「運転席ドア部のパワーウィンドスイッチの接点端子が使用過程で絶縁不良となるものがあって、発熱...

  • 慰安婦問題の解決(27年10月25日)

     歴史上すべての売春行為を、洗いざらいまな板の上に載せれば「公平・公正」な裁きができる 11月に行われる、安倍首相と朴大統領との日韓首脳会談では、慰安婦問題が必ず出てくる。朴氏はこれまで、慰安婦問題の進展を要求する発言を行い、日本側は「譲歩は無理」と牽制している。韓国側は、宗教的な思い込みで絶対に事実を認めない。根本的な解決は絶対に無理である。 そもそも慰安婦の何が問題なのか、わけがわからなくなって...

  • 連合の活動はこれでいいのか(27年10月24日)

     いまのままでは、労働組合はおかしな思想の持ち主ばかりになって、ますます国民からかい離していく 21日のフジTVプライムニュースでは、新しく連合会長に選出された神津里季生氏と山口二郎氏(法政大教授)がゲストとして、労働運動と組織の改革や参院選の戦略などについて意見を述べていた。労組組織率が17.5%に落ち込む中で、新会長の神津里季生氏がどんな方針で臨むのかが注目されていた。 この番組では最後の視聴者の質問...

  • 中・韓との向き合い方(27年10月23日)

     いくらおとなしい日本人でも、我慢の限界というものがある≪英国を訪問している中国の習近平国家主席は20日、中国首脳としては初めて上下両院で演説し、第二次大戦ではともに「日本の侵略」に抗して戦ったと指摘。次いで開かれた公式晩餐(ばんさん)会のあいさつでも、大戦中の「日本の残虐性」を改めて強調し、中国の抗日史観を繰り返し披露した。10月21日産経新聞より≫ また20日の国連総会では、中国代表が日本は1000発以上も...

  • 秋の富士写ヶ岳(27年10月22日)

     このシチュエーションで、ビールを飲めないのが無念。飲酒運転厳罰化は、人生の価値を半減させる 昨日(21日)、富士写ヶ岳(942M)に登った。4月に来たときは、期待したシャクナゲが不作だったので、せめて秋は少しでもこの山の紅葉を見たかった。 我谷ダム登山口の吊り橋を渡ってスタート。中腹まではほとんど紅葉は見られない。紅葉というより、腐った葉っぱがついているだけである。標高7~800Mを過ぎたあたりから、紅葉ら...

  • 新任大臣への洗礼(27年10月21日)

     過ちを更生できない国、立ちションベンで死刑になるような国に、未来はない 内閣改造があると、新大臣は徹底的に粗探しをされる。今回は、島尻沖縄担当相と高木復興大臣である。島尻沖縄担当相は、10年ほど前に顔写真入りのカレンダーを有権者に配った疑いで、高木復興大臣は30年前の下着泥棒の容疑である。 ほんとかどうかは別として、いずれもとっくに時効になっているものを、よく穿り返したものだと思う。昨年はうちわを配...

  • 財政赤字の何が問題か(27年10月20日)

     日本人がまともに働いていれば、財政破綻など起こりようがない 消費増税への反対圧力をけん制するように、国の財政危機の声も大きくなっている。そのひとつが、今の政府債務は終戦直前の水準を上回っているというものである。 終戦直後の混乱期では、ハイパーインフレによって、終戦直前に200%あった国債残高の対名目GDP比は、1950年度には15%弱まで低下した。同時に実施された『預金封鎖』や『新円切り替え』の金融危機対策...

  • マンション傾斜事件(27年10月19日)

     施工した特定の個人が、まだマスコミ公開されていないのは、過去の苦い思いがあるから? 横浜市都筑区の大型マンションが、施工不良で傾いたことが、大きな問題となっている。基礎杭のうちの何割かが、支持層地盤まで届いていなかったことが原因とされている。施工後10年以上たって、高さ56メートル(12階)のところが、隣と2.4㎝ずれているのが見つかったそうだ。これが連日、メディアで取り上げられている。 感心するのは、...

  • 禁煙10年(27年10月18日)

     自分の身代わりの喫煙者を見かけると、心の中でいつも手を合わせている タバコをやめたのは57歳のとき。これで10年目になる。それまでは毎日20本以上吸っていた。あるときせきが止まらなくなり、安眠できなくなった。1本でも吸うと、夜中までひどく咳き込むようになる。さすがにこれはひどい。 いまでは、年に2~3本しか吸っていない。それでも茶色いたんが出る。耐性が無くなってきたのである。      それでも、他人が...

  • 南京事件記憶遺産(27年10月17日)

     こんなもので、日本軍の30万人虐殺を主張するのだから、尋常な面の皮の厚さではない ユネスコの世界記憶遺産に、中国が申請した「南京事件」に関する資料の登録が決まった。この事件では、日中戦争時に旧日本軍が南京を占領した際、多数の中国人を殺害したとされる。中国のユネスコに対する申請書類によると、当時の日本兵が撮影した写真や米国人神父による記録映像、中国人女性の日記などが登録対象とされているそうだ。もちろ...

  • ほんとのことはわからない(27年10月16日)

     世の中は、これまで常識と思われていたことが突然覆る 赤ワインは、これまで健康に良いと信じられていた。ところがいまやフランス国立がんセンターでは、赤ワインの常飲は、咽頭がん、食道がん、乳がんなどの罹患率を、飛躍的に高めるとまで発表している。ワイン好きだった女優の川島なおみさんの死で、なるほどと思った人もいたに違いない 風邪をひいたときに、栄養をつけたほうがいいというのも怪しい。食欲がないのに無理し...

  • 思いやり予算減額(27年10月15日)

     普通考えられているように、集団的自衛権は「アメリカのポチ」になるのではない≪政府は2016年度予算編成で、「思いやり予算」と呼ばれる在日米軍駐留経費の日本側負担を減額する調整に入った。集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法成立により、日本の国防を一方的に米国に頼る日米安全保障体制の「片務性」が緩和されると判断。限られた防衛関係予算を有効活用するため、思いやり予算を削り、浮いたお金を沖縄の基地...

  • 飲酒運転の撲滅は善か?(27年10月14日)

     目の前の事象だけを見て直接判断を下すと、全体としてよくない結果が出てくる 先日、ギタリストのクロード・チアリさん(71)の妻を、酒気帯び運転で現行犯逮捕したという。呼気1リットル当たり0.45ミリグラムのアルコールが検出され、妻は「ワインを飲んだ」と容疑を認めているという。 この記事がYAHOOニュースに掲載されると、ほとんどの読者は、その妻とクロード・チアリ氏に否定的なコメントを発していた。≪事故起こす前...

  • TPPの大筋合意827年10月13日)

     各国で反対運動が盛り上がるほど、もう一方の国は自分たちが有利になったと思う TPPが大筋で合意された。あとは各国が批准すれば、いよいよこの条約が発効される。 それがここにきて、TPPを強引に推進していると思ったアメリカの様子がおかしい。 2016年米大統領選の民主党有力候補とされるヒラリー・クリントン氏は7日、PBSのインタビューで、TPPは支持しないという立場を表明した。共和党の候補者争いのトップを走るトラン...

  • 大野阪谷地区の巨岩(27年10月12日)

     福井に60年以上住んでいても、まだ知らないところがたくさんある 昨日、「阪谷巨岩めぐりそば打ち体験ツアー」に参加した。 メインは、大野の阪谷地区にある「巨岩」の見学である。阪谷地区は、経ヶ岳のふもとにある。この山や六呂師は何度も訪れていたが、これまで気が付かなかった。    もともと経ヶ岳は火山である。これらの多くの岩は、噴火活動で積もった堆積物が、数回にわたる岩屑雪崩で流れ着いたものと考えられて...

  • イスラム国にトヨタ車(27年10月11日)

     コマツと同じようなGPS制御装置は、もう密かに搭載されているかもしれない 「イスラム国」では、多数のトヨタ車が使われているという。インターネット上で公開している宣伝動画で、トヨタ自動車製の「ハイラックス」や「ランドクルーザー」が車列を組んで走る様子が確認できる。これは、アルカイダと活動していたソマリアの組織が、武器をトラックの荷台に搭載する技術を編み出してから、始まったといわれている。 オーストラ...

  • テクノフェアと菊人形(27年10月10日)

     産業会館のテクノフェアは、ハイテクからローテクまで、あらゆるジャンルの技術が集結する福井の一大イベントである。150社ほどあるので、まともに見たらいくら時間があっても足りない。顔を合わせたくない人もいるので、足早に通る。 ざっと、2時間ほど見学したが、「最新」と言えるほどのものはあまりない。組み合わせの限界かもしれない。もっとも、本物の最先端技術はこんなところには出さない。 その中で、東芝の女性コミ...

  • 物事の正しさ(27年10月9日)

     いずれの方法も根拠となる「前提」や「事実」が間違っていたら、まったく意味をなさない 「演繹法」は、物事を考えるさいに、最初の前提から次の前提を導き、それを繰り返して結論を導く方法である。論理的に考えて結論を出す。 たとえば、 前提1、犬はみな生き物である。前提2、生き物はみな死ぬ。 この前提1と2から「犬はみな死ぬ。」という結論がでる。ただし、この前提及び前提と結論のつながり方が正しくなければ、...

  • アメリカの銃死亡事故(27年10月8日)

     犯罪が多いから銃が必要という、一部を犠牲にして秩序を守ろうとする考え方は、お花畑の日本人には理解できない アメリカで、銃による殺傷事件が頻繁に起きている。幼児による「事故」も多い。先週もテネシー州で、8歳の少女と子犬をめぐるけんかになった近所の11歳の少年が、少女を銃で死亡させる事件があったという。この少年は、自宅内から父親の散弾銃を持ち出し、少女を撃ってしまったそうだ。 少し前も、オレゴン州で銃...

  • ベーシックインカムとは(27年10月7日)

     生活保護や高齢者の高額年金などの既得権が、この制度を採用する大きな抵抗になる ベーシックインカム(BI;基礎的所得)という考え方がある。原田泰氏(早大特任教授)等が提案しているもので、すべての人に最低限の所得を給付する。所得の低い人には負の税金を与えるという、フリードマンの「負の所得税」に近い。 以下原田氏の「ベーシック・インカム(中央新書)」の抜粋である。 いま日本の生活保護者が200万人を超えた...

  • 23人目のノーベル賞(27年10月6日)

     ほんとうに偉いのは、人口増減のバランスをとれる人である 今年のノーベル医学生理学賞の一人に、大村智・北里大特別栄誉教授が決まった。大村氏は、長年にわたり微生物が作る化合物を研究し、なかでも1979年に発見された「エバーメクチン」は、アフリカや東南アジア、中南米など熱帯域に住む10億人もの人々を、寄生虫病から救う特効薬へとつながったという。さらに効果を強めた「イベルメクチン」は家畜の抗寄生虫薬として、世...

  • 業際化(27年10月5日)

     業種にこだわるのは、統計のための便宜的なものだけにすべきである 30年前、ある資格試験の面接で「業際について述べよ」と質問された。もちろん「業際」の意味は「異なる事業分野にまたがること」である。詳細は覚えていないが、「いまどき、事業分野にこだわるのはおかしい」という意味のことを答えた記憶がある。 あれから30年。経営コンサルタントとして、これまで数千社の企業に接してきた。あのとき面接で答えたように、...

  • 難民受け入れ(27年10月4日)

     いま日本は人出不足で、国民が一所懸命働こうとしている。生産性向上のチャンスを逃すことになるのが怖い シリア難民が国際間で大きな問題となっている。そこで難民を支援しているNPOと弁護士は、有楽町の外国特派員協会で会見し、日本は1000人単位で受け入れることができるという見解を示したという。この会見を開いたのは、NPO法人「難民を助ける会」の長有紀枝理事長と、全国難民弁護団連絡会議代表の渡邉彰悟弁護士である。...

  • 組体操のけが(27年10月3日)

     何でもかんでも危ないといってやめてしまったら、世の中に感激するものが無くなる 大阪府八尾市の中学校で行われた体育祭で、「人間ピラミッド」が崩れる事故が発生した。その様子を映した動画が話題となっているという。その動画では、男子生徒がよろめきながら最上段向けてよじ登る場面から、ピラミッドが崩れる場面まで収められていた。 この、「人間ピラミッド」は、150人もの大人数でやるのだという。高校生ならともかく...

  • 車にかかるお金(27年10月2日)

     われわれはとんでもない「魔物」たちと、死ぬまでダンスを踊り続けなければならない また車検。見積り金額には、13万2千円(重量税、自賠責、3回の定期点検量含む)とある。これを2年に一度支払う。毎年66,000円だ。それ以外に毎年、35000円の自動車税、任意保険が38000円、JAF登録料6000円を支払っている。もちろん、ガソリン代や車両の償却費は年に30万円は下らない。 これらを合わせると、1台の車を保有するのに、年間45万...

  • 安倍総理はヒトラ-か(27年10月1日)

     もっと広報活動に力を入れなければ、誤解されたままで首相の座を降りる 懸案であった新安保法案が成立し、任期3年の自民党総裁にも再選された。安倍総理の政権基盤は、ほぼ固まってきている。今のところ強力なライバルは不在である。その安倍総理を、ヒトラーのような独裁者に例える人がいる。 しかし残念ながら、安倍総理はヒトラーにはなれない。 まず弁舌が下手である。国会での論戦やTV番組での話を聞いても、早口で何を...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫