FC2ブログ
RSS

2015年09月のエントリー一覧

  • 消費増税は無用(27年9月30日)

     日本は、国の財政が悪くなると国民が金持ちになる素晴らしい国である。だが、まだ金持ちでない国民は大勢いる 政府は、平成17年4月から、消費税を10%にすることを決めている(確定ではない)。 それを前提として、低所得者への負担軽減のため、物品ごとの軽減税率、マイナンバーの活用、還付制度など、いろんな方法が取りざたされている。 消費税5%で10.8兆円(2013年)、8%のとき17.6兆円(2015年度予想)の税収があった...

  • 3本の矢に期待するな(27年9月29日)

     いかなる施策が出ようとも、強い経済をつくるのは、個々の企業だけである アベノミクス3本の矢で最後の、「規制緩和でビジネスを自由にする成長戦略」が、道半ばである。そこで先日24日の記者会見では、今後経済に注力するとして、「新3本の矢」を披露した。①希望を生み出す強い経済、②夢を紡ぐ子育て支援、③安心につながる社会保障、という3項目である。 抽象的でピンとこないが、役所のことだから関連付けた施策が続々出てく...

  • VW社の不正と日本の難関試験(27年9月28日)

     いずれも難しいソフトや知識で試験をクリアーし、その後有害物質をまき散らす ドイツのフォルクスワーゲン(VW)社の、ディーゼル規制に関するインチキが明るみになった。米環境保護局(EPA)による厳しい排ガス試験をクリアするため、検査中だけ排ガスを減らす違法なソフトウェアを使っていたという。対象となる車は1100万台、制裁金が180億ドルにもなると報道されている。 この違法ソフトは、排ガス試験のときの問題を入念に研...

  • 池田エコキャンドル(27年9月27日)

     昨晩、初めて池田エコキャンドルを見学した。このイベントは今年で11回目である。廃油をプラスチック容器で固めて、キャンドルを1万個作る。昨年までは、その3倍あったそうだ。     それでも、6時15分に点火開始して、何とか形になるのに10~15分はかかった。着火棒で火をつけるのに結構時間を使う。しゃがんで作業するので、点火したキャンドルで尻に火がつく。私は30個ぐらい点火しただろうか。1万個のキャンドルに一...

  • 脅威のSNS普及(27年月26日)

     いまや物心ついた人ほとんどが、何らかのSNSに関わっている 20年ほど前からインタネットが発達し、事業界ではホームページや電子メールが当たり前に活用されてきた。さらにここ4~5年の間に、フェイスブック、ミキシィ、LINE、ツィッターなどと言うわけのわからない通信手段が、あっという間に席巻した。これらをSNSというらしい。私はまったく蚊帳の外である。 ただ私は、数年前からこのブログを書いている。それでも従来の電...

  • 法学者の異常さ(27年月25日)

     日本は、70年前の旧態依然とした法理論の下で、世界と戦わねばならない こんどの新安保法案は、現実の世界を見る政治学者や外交専門家、軍学者のほとんどは肯定的であった。ところが、法学者やマスコミのほとんどは、違憲だとして反対の立場を表明していた。立場によって、まるで見解が違っていた。 なぜ法学者やマスコミに、新安保は違憲だという人が多いのか。 法学界やマスコミは、きわめて閉鎖的で保守的な組織社会であり...

  • 国民連合政府?(27年9月24日)

     「国民連合政府」は、あっという間に征服され、軍国主義国家になる。平和主義国家など、原理的に成り立たない  共産党は安保関連法制廃止に向け、「国民連合政府」構想を発表した。来夏の参院選では、共産党だけの独自候補擁立にこだわらず、民主党などと統一戦線を張る計画である。安倍晋三政権を退陣に追い込むため、民主党の岡田克也代表も前向きな姿勢だという。 もし「国民連合政府」が成立すれば、彼らの言う理想的な平...

  • 鬼が岳登山(27年9月23日)

     連休の最後、鬼が岳へ登った。連日家の中でくすぶっていたのを、少しでも解消したかったからである。 朝8時、自宅を出発。旧国道を越前市の大虫口から西に入ると、村田製作所から夜勤帰りの外国人労働者が続々出てくる。手をつなぐ熱々アップルも何組かいる。いったい夜の工場で何を? 出発から50分ほどで、カントリーエレベータ脇にある登山口駐車場に着き、そこから1時間の急登である。小鬼展望台から大鬼展望台、白鬼展望台...

  • 安保法案でポチから脱却(27年9月22日)

     この法案はアメリカとの片務性を少しでも解消し、ポチ状態を解消するためである 安保法案反対の理由の一つに、「ますます日本はアメリカのポチになる」というのがあった。それについては私も、あまり否定できないと思っていた。それでも中国軍の大虐殺に遭うより100倍いい。 しかしこれは、思い違いであった。まるで反対だったのである。16日のフジTVプライムニュースで、元防衛相の森本敏氏は、おおむねつぎのように述べて...

  • 安保がなぜ違憲なのか(27年9月21日)

     偉い人が「憲法違反」と言ったからそうなのだと思うのは、思考を停止しているからである 新安保法案が決まり、マスコミも落ち着くだろうと思っていたが、そうでもない。大勢のデモ隊が発生したような、国民に興味のあるニュースは、できるだけ引っ張っていた方が紙面を埋めることができる。(このブログもそうだ) 昨日(20日)の福井新聞朝刊も、「半狂乱」状態であった。前の日に続けて、政治面と社会面のトップは安保法案可...

  • 国会肉弾戦の終了(27年9月20日)

     国会はまさに、話し合いより現状を力で変更しようとする、弱肉強食の世界であった 先日の安保法案の委員会決議の様子を見て、思わず笑ってしまった。まさに、「肉弾戦国会」そのものであったからである。 委員会を開催させないように、会議室を女性議員で取り囲み、委員長を缶詰にする。さすがにバリケード封鎖は気が引けたのだろう。押しのけて入ろうとすると「セクハラ」呼ばわりする。女性守衛に護られて入ろうとすると、「...

  • 安保反対デモの大罪(27年9月19日)

     抗議デモが大きくなるほど、日本が海外派兵するという誤解が拡大発信され、テロのリスクが高まる ようやく安保法案が成立した。 この審議を巡り、日本中で連日抗議デモが繰り広げられていた。国会前では毎日のように、数千人から数万人、地方でも散発的にデモや集会が行われた。彼らのほとんどは、善意の参加者であろう。 しかし彼らは、この大規模デモこそが、大きなリスクを抱えることになるのに気づいていたのであろうか。...

  • 憲法無効論(27年9月18日)

     いまの憲法こそ国民主権を謳う憲法に違反している。20年に一度くらいは、信任投票をすべき 安保法案がやっと通りそうである。こんな制限つきの生煮え法案さえ、強固に反対する人が多いのは異常である。「憲法を守れ」、「立憲主義違反だ」という、自分の頭で考えないマニュアル人間が増えているからであろう。物事は白か黒かではない。とくに法律の専門家は、専門分野に固執するあまり、全体の本質を捻じ曲げてしまう。 ところ...

  • 安保法案の説明不足(27年9月17日)

     ヒトラーのように、国民を感服させるような弁舌で納得しても、ろくなことはない 安保法案に反対する人は、「国会はまともな議論の運営をしているとは言えず、あまりに説明不足である」という。 感心するのは、ウイークディの日中に、「まともな議論をしていない」と言えるだけの時間、国会中継を見ていられることである。まともな大人なら、仕事や勉強でとてもそんな時間はない。自由業だからこそ、私もたまに国会中継をみるこ...

  • 瘦我慢の論理(27年9月16日)

     いま安保法案に反対している人は、根拠のない不安感でコンサートに参加している暴走レミング集団である 戦争を絶対的に嫌う「完全平和主義者」のなかには、自国が侵略され奴隷になってもかまわないという人がいる。むかし森嶋通夫氏は、ソ連が攻めてきたら、戦わないで白旗を挙げようと言った。 何度も書く。その時点で主権は相手国にわたり、自国は完璧な軍国主義国家になる。したがって、原理的に「平和主義国家」は成り立た...

  • 事業承継のために(27年9月15日)

     後継者を育てるという意識の重要性が、経営者の頭の中から後退している 昨日、福井弁護士会主催の中小企業シンポジウム「中小企業のための事業承継」を聴講した。事業承継対策の重要性からその具体策や支援策まで、2時間弱のシンポジウムである。廃業者が増えた10年ほど前から、事業承継に対する関心が高まり、公的な支援策や士業を中心とした支援機関が増えてきている。 シンポジウムは2時間足らずなので、一般的な話が中心で...

  • 孫子の兵法と集団自衛(27年9月14日)

     集団的自衛権を行使しなければ、50兆円に毎年10%拡大する軍事費が必要になる いまや中国の軍事力は日本の10倍である(中国の人権費は日本の1/3以下で軍事予算は少なくとも3倍)。孫子の兵法(故に用兵の法は、十なれば則ちこれを囲み、五なれば則ちこれを攻め、倍すれば則ちこれを分かち・・)によれば、中国はこの兵力差になったら必ず周辺に侵攻する。現にいま、東・南シナ海での拡大を続けている。  10倍もの兵力差があ...

  • サービス業の生産性向上(理論更新研修会)(27年9月13日)

     こんなややこしいことを受け入れ、持続的に実践してきた従業員はすごい 昨日、資格更新のための「理論講習研修会」を受講した。4人のうち最後の講師(食品会社社長)が一番よかった。ただ、あまりに生々しいため、ここに書くのは適切でない。それに以前、この研修会で私が感動した講師の会社のいくつかは、後日、倒産や不祥事を起こしたことがある。講話で感動を与える会社ほど、危ない。 そこで、最初に講演された「サービス...

  • ISO9001の大改訂(27年9月12日)

     どのように変わろうとも、当たり前のことを当たり前にやるだけ。すべての基本は、「5Sと見える化」にある  ISO9001は、仕事のやり方を定めた規格の元祖である。ここからIS14001や27001など、柳の下の泥鰌を狙った関連規格が、有象無象に開発されている。それでもまだISO9001は、その親玉として関連規格ににらみを利かせている。 私自身、ここ2~3年ISO規格から距離を置き、情報不足である。それが数年ぶりに、ISO9001を構築し...

  • 実習生より日本人(27年9月11日)

     労働力不足を補うには、国内の遊休人員を強制活用すべきである 中国人の人件費が高騰し、賃金の安いミャンマー人やフィリピン人実習生受け入れが増えている。その外国人実習生の「逃亡」が増えているという。 先月の岐阜新聞WEBによると、岐阜県内の事業所で働くミャンマー人技能実習生の失踪が、2014年9人、今年は6月までの半年で13人にもなった。ミャンマー政府は09年、04年から08年までに384人を送り出したが158人が失踪し...

  • 車検とリコール(27年9月10日)

     関連ディーラーに車検を受けさせるため、わざとリコールを出しているのではないか 先日トヨタ車から、リコールの案内が来た。助手席エアバックの膨張装置に気密不良のものがあり、時間がたつと大気中の水分が侵入してエアバックが作動しなくなる恐れがあるというものである。修理に3~4時間かかるそうだ。 そういえば昨年も、リコール案内が来ていた。座席の金具が破損しやすいため、位置の統制ができなくなるという不具合であ...

  • 甲状腺がんは増えてない(27年9月9日)

     「過剰診断」と「過剰手術」が、患者に不必要な身体・心理負担を与えている 福島で甲状腺がんが増えているとして、騒ぐ人がいる。たしかに今年、全数検査によって、100人以上のがん患者が「発見」されたそうだ。「反原発者」は、これを原発事故放射線の影響にしたくてたまらない。  しかしこれこそ、典型的な被害妄想である。何も検査しなくても、これまで相当数の甲状腺がんは発生している。 国立がん研究センターがん対策情...

  • 使いにくい補助金制度(27年9月8日)

     プレミアム商品券のように、一定範囲で何にでも使えるほうが有効である 今年度の中小企業に対する補助金の募集は、あらかた終了した。使い勝手のいい制度は、ほとんど年度初めに応募が殺到する。最近は、中小企業に対する補助金制度が増えたので、経営コンサルタントである私自身も、関与せざるを得ない。 だがいくつか関わってみて、補助金制度の問題を実感している。 まず非常にわかりにくい。一つの制度ごとに、30~50ペー...

  • 他国のご機嫌より自国民(27年9月7日)

     国民や従業員の気持を慮らない組織は、真のサービスを提供することができないブラックである  半藤一利氏と保坂正康氏の対談集「日中韓を振り回すナショナリズムの正体」を読んだ。二人とも、現在の政権に批判的である。そうかといって、いわゆる社民党的お花畑論者でもない。ウヨク、サヨクいずれに対しても距離を置いている。 半藤氏がこの本を書いたのは、「自分の民族を最高位と考えて他国に押し付けようとする悪いナショ...

  • 日本酒文化講習(27年9月6日)

     いい酒と手の込んだ料理、さわやかな風 昨日午後、養浩館で「日本酒文化講習」を「受講」した。講師は舟木酒造の4代目社長で、日本酒の作り方から味わい方までを教えてくれる。2月に引き続き、参加は2回目である。舟木専務の口舌も大分練れてきた。 今回は、8月5日の募集開始10分で定員を超えてしまったため、時間を変更し急遽設定された追加講習会である。講習と言いながら飲むのがメインである。 と思っていたら、今回は全1...

  • 久しぶりの文殊山(27年9月5日)

     今年初めての文殊山である。この山は、自宅から3時間足らずで往復できる。起きてすぐ6時20分に自宅を出て、車で20分。6時40分に二上口から登山開始。いつものように、大文殊から奥の院を往復した。 一昨年は7回、昨年も3~4回は登っていた。すっかりご無沙汰していた。     中腹からは霧がかかり展望はよくない。それでも適度な湿り気があり、胎内くぐりは順調であった。 それにしても、イノシシ(もしかしたらクマ??)...

  • ムダと効率(27年9月4日)

     同じだけ働いても、スイス人は日本人の2倍の所得を稼いでいる 企業活動では、徹底してムダの追放がはかられる。ここでいうムダとは、「直接お客からお金を貰えない行動すべて」と定義する。 そのムダを徹底して省いたとしよう。 そのムダでない時間にも、ピンからキリまである。同じ時間だけムダなく働いたとしても、質的には大きな差がある。 たとえば、セイコーやシチズンの電波時計は、2~3万円からせいぜい10万円で買え...

  • 五輪エンブレム騒動(27年9月3日)

     なにか決定するたびに「遅い」といわれると、つぎからは何もできなくなってしまう 散々揉めたあげく、五輪エンブレムが使用中止になった。個人的にはエンブレムに似たものがあるのは当たり前だと思っていたが、他の作品の盗用など、それ以外の「疑惑」が多すぎた。ここまでケチがついたものは、あきらめたほうがいい。  ただ、スタジアム変更のときと同じ、こんども「やめるのが遅すぎた」という声がある。 この「遅すぎる」...

  • 若手議員のご乱交(27年9月2日)

     日本の未来は、このようなユニークな議員たちを、どのように活かすかにかかっている いま若手の国会議員である、武藤議員や山本議員が注目を浴びている。 武藤議員は、安全保障関連法案に反対する若者をツイッターで批判したことで、マスコミの徹底追跡に遭った。数千万円の金銭疑惑や買春疑惑などが明るみになっている。どんな人でも叩けば埃は出る。武藤氏が議員をやめるまで、いくらでも出てくるであろう。埃の出ない人は、...

  • 賑わう金沢(27年9月1日)

     先月訪れた糸魚川駅周辺に閑古鳥が鳴いていたのとは、まるで対照的であった 昨日(8月31日・月曜日)、北陸新幹線開通後はじめて、金沢市街の観光地を訪問した。定番の金沢城公園、近江町市場、兼六園、長野武家屋敷跡、尾山神社、ひがし茶屋街の6カ所である。これを500円1日フリー乗車バスで周遊した。 JR福井駅から普通列車で1.5時間。午前10時に金沢駅に到着。北京の鳥の巣を思わせる天井の東口バス停付近は、ほとんどが観光...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫