FC2ブログ
RSS

2013年08月のエントリー一覧

  • 最悪の事故(8月16日)

    ≪大分・竹田市で父親が自宅の庭の草刈りをしていたところ、草刈り機の刃が長女(3歳)の首に当たった。長女は病院に搬送されたが、死亡した。12日 日本TV系YAHOOニュースより≫≪新潟県関川村金丸の国道113号で、福島市の会社員のワゴン車から、流星観察中の中学3年の長男が転落し、右後輪に頭をひかれて死亡した。13日読売新聞YAHOOニュースより≫ このようなニュースに触れただけで、暗い気持ちになる。何が悲惨だと言って、小...

  • 白山の花

     加賀白山 砂防新道に咲く ソバナ?(1昨年度)バス急ぐ 下りの道に 濡れソバナ(平成23年8月16日撮影)...

  • 敗戦の日(8月15日)

     日本はまだ、敗戦責任者に対し、責任を取ってもらうことができていない 今日は、「終戦の日」つまり「敗戦の日」である。毎年この日になると、閣僚の靖国参拝に対して、中国、韓国の圧力がかかる。靖国にA級戦犯が合祀されているからだ。ただ、こんな海外からの圧力に屈しては、絶対いけない。もし参拝をやめたとしても、また別の言いがかりをつけてくることは、眼に見えている。 しかし私は、違う意味で靖国に対しての参拝に...

  • 白山の花

     加賀白山観光新道に咲く ハクサンフウロ カラマツソウ イブキトラノオ(今年度)たまたまに 知ってる名前の 花ばかり(平成25年7月20日撮影)...

  • 「ゾンビ企業」の再生(8月14日)

     ダメな企業がすぐ潰れるより、金融支援を受けながら再生を期するほうがいい 竹中平蔵氏は、小泉内閣時の金融大臣である。先日取り上げた、ハジュン・チャン氏とは対極をなし、世間からは、《新自由主義者》のレッテルを張られている。 私は、竹中氏の理論にすべて反対ではない。気鋭の経済学者として、尊敬さえしている。しかし、彼が「中小企業金融機能円滑化法」や「雇用調整助成金」を、悪法だと断じていることには首を傾げ...

  • 白山の花

     加賀白山 観光新道に咲く ミヤマダイコンソウ??(今年度)キンポウゲ 葉っぱを見れば ダイコンソウ?(平成25年7月20日撮影)...

  • ハジュン・チャンの経済思想(8月13日)

     《自由貿易》とは、力のある国が弱い国を搾取するものである ハジュン・チャンは、「市場は規制があったほうがいい」という。もし、(参入者本人すらわからない)複雑怪奇な市場に、誰でもが自由に参入できるとしたらどうだろう。「弱肉強食」となるのはいいとしても、誰も予想できないうちに、世界が破滅しるような出来事が起こる可能性がある。リーマンショックがいい例である。したがって、経済のことがわからない官僚や政治...

  • 白山の花

     加賀白山 観光新道に咲く コイワカガミ(今年度)どこ違う? コイワカガミと イワカガミ(平成25年7月20日撮影)...

  • 教育とハジュン・チャン(8月12日)

     大学は、今の半分ぐらいまで減らしたほうが、全体の生産性は向上する ハジュン・チャンの「世界経済を破綻させる23の嘘(田村源二訳・徳間書店)」では、『教育こそ繁栄の鍵は、嘘である』と述べている。  教育のレベルがその国の国力を決めると言われ、教育再生が叫ばれている。しかし、教育の向上そのものが国を富ませることはない。教育が国の繁栄に結びつく証拠はほとんどなく、教育で得られた知識の多くは、生産性向上と...

  • 白山の花

     加賀白山 観光新道 有毒のコバイケイソウ(今年度)どの山も コバイケイソウ 当たり年(平成25年7月20日撮影)...

  • モノづくりとハジュン・チャン(8月11日)

    サービス業はイノベーションでしか生産性向上はできないが、製造業は違う このブログでは、何度か製造業について述べてきた。なぜ、モノづくり(製造業)が重要なのか。それは、製造業だけが、その国の生産性を持続的に向上させていけるからである。じつはこの考えは、ハジュン・チャンの「世界経済を破綻させる23の嘘(田村源二訳・徳間書店)」から学んだ。 ハジュン・チャンは、ソウル生まれの「異端」エコノミストである。「...

  • 白山の花

     加賀白山 弥陀ヶ原一面に咲く チングルマ(今年度)チングルマ 乗ってはならない 口車(平成25年7月20日撮影)...

  • 日本は多品種少量生産の誤り(8月10日)

     製造業復活のチャンスは、円安で一息つける今しかない 中国などアジア諸国にモノづくりの拠点が移って久しい。日本では、従来型のモノづくりはほとんどできなくなった。日本でモノづくりを行う場合には、中国などアジア諸国との棲み分けが必要であると言われてきた。 すなわち、アジアでは普及品を大量生産し、日本では多品種を少量づつつくり、差別化しようというものである。福井の誇る眼鏡産業や、他の多くの企業もこの方針...

  • 白山の花

     加賀白山 室堂近くに咲く クロユリ(今年度)クロユリは 歌の文句に 負けている(平成25年7月20日撮影)...

  • 海に汚染水1日300トン(8月9日)

     今の日本で、優秀な原発技術者がいなくなったら、それこそ悪夢!  最悪なのは、放射能に怯えるあまり、感情に任せて反原発だけを唱えることである 東電福島第一原発の建屋から、1日あたり推定300トンの放射性物質を含んだ地下水が、海に流出しているという。東電による対策は破綻しており、政府は国費を投入して対策に乗り出す。 ただ、いくら国が乗り出そうとも、実際に対策を行うのは「人」である(国はカネしか出せない...

  • 白山の花

     白山 秋の観光新道に咲く 猛毒トリカブト(1昨年度)トリカブト 食わせてみたい 奴がいる(平成23年9月11日撮影)...

  • 当ブログの評価(8月8日)

     これからも「毒にも薬にもならないような」論文は書きたくない 昨日、敬愛するK氏から、私のブログについて、お褒めのメールを頂戴した。きちんと見ていただける人がいるだけで、励みになる。 そして下記のように、「いい点」を具体的に挙げていただけたので、非常にうれしい。≪①取り上げた材料が、タイムリーなのがいい。 ②毒舌ではあるけど、利に適っているのがいい。 ③辛口だけど、ユーモアを忘れていないのがいい。 ④個...

  • 白山の花

     加賀白山 観光新道に咲く カラマツソウ(近影)松の木に 合わせて咲いた カラマツソウ(平成25年7月20日撮影)...

  • 悪ふざけ写真(8月7日)

     どうせなら新しいアイデアで、もっと気の利いたことをやったらどうか 今年に入って、飲食チェーンなどで店員が悪ふざけをし、撮影した写真をツイッターやフェイスブックに公開する行為が相次いでいる。正確には、ニュースで大きく報道されるようになった。 行為そのものは、「アホ」としか言いようがなく、理解に苦しむ。実際、その行為の店員は解雇され、店舗は謝罪に追われる。休業した店も多い。これがきっかけで、倒産、廃...

  • 白山の花

     加賀白山 観光新道に咲く ミヤマキンバイ・ダイコンソウ・キンポウゲ?(近影)馬の背に 黄色い花の 香り立つ(平成25年7月20日撮影)...

  • 春江を米軍基地に・・沖縄ヘリ事故から(8月6日)

     春江を米軍基地として整備し、福井に米軍人1万人を受け入れたい≪米軍ヘリが墜落した5日、海兵隊基地キャンプ・ハンセンのある沖縄県宜野座村の住民らから、度重なる事故に「またか」「絶対に許せない」と憤りの声が上がった。 5日時事通信より≫ 沖縄では、米軍が何か事を起こすたびに、このような報道が出る。 普通はまず、事故の犠牲者を心配するはずだが、どうも沖縄はおかしい。というより、そういう人の声しか集めない時...

  • 窓の花

     部屋の窓から見た朝顔の花 直立不動!!(近影)今日もまた 窓の朝顔 よか元気(平成25年8月4日撮影)...

  • 高齢者の起業(8月5日)

     高齢者は、自分たち自身のニーズを形にさえできれば、そのマーケットは膨大である 国と地方の膨大な財政赤字、絶望的な少子高齢化の進展など、我が国の将来に対して、悲観的な見方が漂っている。いかにアベノミクスでも如何ともしがたい。これを少しでも解消するために、積極的な高齢者の活用が求められている。 さらにもっと進んで、ここでは、多くの高齢者が起業することを提案したい。 なぜ、いま高齢者の起業が求められる...

  • 白山の花

     加賀白山観光新道に咲く クルマユリ(近影)道行きに ときどき現る 危険花(平成25年7月20日撮影)...

  • 中央アルプス遭難(8月4日)

     夏山は、天国と地獄が隣り合わせである。ただし天国にも、いろんな天国がある 先日、中央アルプス宝剣岳付近で、韓国人の登山グループが遭難し、4名が亡くなった。29日の中央アルプスは暴風雨で、視界も悪かったという。数年前にも同じ時期に、北海道大雪山系で10名が亡くなった遭難事故があった(あの時は、別山で私も遭難しかかった)。 夏山は、天国と地獄が隣り合わせである。天候に恵まれれば、一面のお花畑と周辺の山々...

  • 白山の花

     加賀白山観光新道に咲く花 タカネナデシコ(近影)この花も タカネナデシコ また7字 (平成25年7月20日撮影)...

  • 麻生大臣の発言(8月3日)

     誤報マスコミは、断りのつもりで「結構です」と言ったら無理やり買わせる、押し売りと同じである 麻生大臣の、「ワイマール憲法がいつのまにかナチス憲法になった手口を学んだらどうか」、と言う発言が波紋を呼んでいる。 いつものことで、マスコミのマッチポンプである。大臣クラスになると、常時、記者が付きまとい、何か失言しないか、待ち構えている。「失言」があると、さっそく記事にして外国へ発信し、そこで騒ぎを引き...

  • 白山の花

     加賀白山観光新道に咲くミヤマタンポポ(近影)山の花 ミヤマタンポポ ほぼ7字(平成25年7月20日撮影)...

  • 事故のリスク対応(8月2日)

     リスクを回避するだけでは、社会の活力は無くなる。高速ツアーバス廃止のような規制強化は、脳がない、としか言いようがない。 人間は必ず過ちを起こす(機械は必ず壊れる)。今日はこれを、リスク管理の観点から見てみよう。リスク対応の方向は、「回避」、「移転」、「保有」、「低減」の4つとされている。 「回避」は、文字通りなにもしないことである。高速道路事故対策の場合、自動車による交通をなくし、鉄道と海運、自...

  • 白山の花

     加賀白山 観光新道に咲く ササユリ(近影)山道に ひときわ光る 王女花(平成25年7月20日撮影)...

  • 高速ツアーバス廃止(8月1日)

     これで、どれだけ日本の活力が削がれるかわからない。何でも禁止でいいのか  高速ツアーバスが、先月31日で廃止となったという。昨年4月に乗客7人が死亡した関越自動車道ツアーバス事故の再発防止策の一環である。8月1日から、厳しい規制のかかった乗り合いバスに、一本化される。 また一つ、「角を矯めて、牛を殺す」ことになってしまった。これで、どれだけ日本の活力が削がれることか。確かに死亡事故は痛ましいが、...

≪前のページ≪   2ページ/2ページ   ≫次のページ≫