FC2ブログ
RSS

2013年06月のエントリー一覧

  • 失敗者は挑戦者(6月11日)

     失敗者をあざ笑ったり、悪く言う人ほど、自らリスクを取ったことがない。それは、「茹でガエル」と同じである【リスク(=失敗)のない世界はあり得ない】 景気が上向き加減と言っても、中小企業者の多くは、その恩恵にあずかっていない。いくらアベノミクスでも、これまでと同じような業態では、生き延びられない。多くの企業は、ものづくりからいろんな業態へと移行していく。その場合でも、以前より良くなるとは限らない。 ...

  • 九州旅行⑨

      九州下関側から関門大橋(近影)上からの 点検阻む 吊りワイヤ       (平成25年5月29日撮影)...

  • 決定のスピード(6月10日)

     ものごとを決められないという役人の慣習は、危機の時に、最もその弊害が顕在化する。救える可能性のある人を、死に追いやることもある  たとえば、「決断できない日本」でケビン・メア氏は、3.11東日本大震災・原発危機のときの日本政府の対応を、嘆いていた。米軍の援助提案に対し、日本の役人は、ヘリコプターの性能や特徴はどうか、もし放射能汚染が発生したときの補償をどうするかなどについて、こまごまとした注文を付け...

  • 九州旅行⑧

     九州下関の海峡に突き出す「亀岩」(近影)関門の 磯にそびえる 不思議岩         (平成25年5月29日撮影)...

  • 合否結果の決定のスピード(6月9日)

     合否の結果を出すのが遅い技術士試験は、受験者の学習効率を阻害している  先日と同じようなことは、私自身がこれまで8回受けた(半分不合格)技術士試験にもあてはまる。この資格試験は、4月から5月に願書を出し、8月の初旬に筆記試験を受ける。それはいいのだが、その発表は10月の末である。つまり、筆記試験を受けてから、その合否を3か月近く待たねばならない。それから、12月~1月にかけて口頭試験を行い、最終的に合否が...

  • 九州旅行⑦

     九州下関亀山八幡宮にて(近影)どうしても 並べてみたい フグとカメ          (平成25年5月29日撮影)...

  • 補助制度の決定スピード(6月8日)

     決定スピードの遅れは、意欲的な開発者の足を引っ張っている  今年度はとくに、公的補助制度が増えた。その支援を受けるためのアドバイスや審査など、制度に関与することも多くなった。しかし、大きな問題を感じている。申請条件の複雑さはもとより、申請して審査を受け、決定通知を受けるまでの期間が、異常に長いのである。とくに、福井県の決定が遅い。 補助金などは普通に考えれば、申請して間もなく1次審査を経て、つぎ...

  • 九州旅行⑥

     九州小倉市の料亭ふく一で フグ御膳定食1800円(近影)フルコース あきらめせめて フグ御膳            (平成25年5月29日撮影)...

  • 福井の春江空港にオスプレイを(6月7日)

     民間機種も開発されつつあるオスプレイの誘致は、福井振興の切り札となる≪政府は5日、米軍の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの訓練の一部を、大阪府八尾市の八尾空港で行えるか本格検討する方針を固めた。日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長の訓練受け入れ表明を踏まえたもので、他に候補地がない現状を考慮した。6月5日産経新聞配信より≫ この記事を見たとき、真っ先に「先を越された」と思った。昨年から、なんとかオ...

  • 九州旅行⑤

      九州小倉城内展示場かごの鳥 家に帰れば 鵜飼の鵜 (平成25年5月29日撮影)...

  • 社内コミュニケーション(6月6日)

     コミュニケーションは重要だが、あくまでも手段。それが目的になってはいけない【コミュニケーションの重要性】 「報告、連絡、相談」の重要性を認識していない組織はない。このコミュニケーションによって、組織は効率的な仕事ができる。フラット型組織の導入など、多くの企業ではこのために大変な苦労をしている。 ITやISOを導入する企業は、多い。あえてこれらの目的を1つ挙げるとすれば、コミュニケーションを確実にするた...

  • 九州旅行④

     九州小倉市 小倉庭園から(近影)庭園の 中からやっと 小倉城       (平成25年5月29日撮影)...

  • PDCAのバイブルISO9001(6月5日)

     改善はロスやミスを減らす守りの活動で、改革は変化に対応する攻めの活動である。いずれも、現在の仕事がきちんとなされていて、はじめて成功する【改善ができるしくみ】 ISO(国際標準化機構)では、ねじやフィルムなどさまざまな工業製品について、数万種以上の世界標準を定めている。その中でモノではなく、仕事のやり方(しくみ)について定めたものがある。ISO9000や14000シリーズをはじめとした、いわゆるマネジメントシステ...

  • 九州旅行③

      九州小倉 小倉庭園(近影)庭園の 茶室飲み込む ビルの群れ            (平成25年5月29日撮影)...

  • 経営のPDCAサイクル(6月4日)

     管理は、P・D・C・Aの繰り返しである。このサイクルが断絶すると、組織は停滞する  ここで、それぞれの考え方について簡単に述べる。【PLAN(計画)】 経営理念や方針、ビジョンは、作っただけでは意味がない。大切なのは、組織内に徹底することである。この徹底することがどれほど難しいか、経営者は認識しておく必要がある。多くはこれがなされていない。どこの組織でも、徹底の度合いは経営者が思っているのとは、...

  • 九州旅行②

      九州小倉市小倉城(近影)隣り合う ビルに勝てるか 小倉城         (平成25年5月29日撮影)...

  • 被ばくは危険か(6月3日)

     放射線の危険を煽っている人たちは、それがいかに低線量地域住民の人権を蹂躙しているかについて、思いをはせていない 今の日本には、放射線の危険を煽り立てる人もいれば、いや低線量被ばくはかえって健康にいいのだという人もいる(ホルミシス効果)。健康にいいとまでいかなくても、いまの強制避難地域程度の放射線(20~100㎜SV/年)では、全く人体には影響ないという人が、冷静な人を中心に、確実に増えてきている。 こ...

  • 九州旅行

     博多行き新幹線のぞみ グリーン席(近影)グリーン席 見るだけトイレの 行き帰り             (平成25年5月29日撮影)...

  • 慰安婦は必要だった(6月2日)

     「慰安婦」がいなかったら、人類は滅びていた。     現代人に、過去の「慰安婦制度」を批判する資格は、まったくない。【慰安婦は必要だった】 橋下市長に対する慰安婦発言批判が、しつこく続く。国連の拷問禁止委員会の勧告も発生した。これに対し、以前私はこのブログで、橋下市長の発言が「誤解」どころか、わざと「曲解」されたと述べた。また、戦勝国が、自分たちの罪を日本になすりつけているとも書いた。  http:/...

  • 文殊山

     文殊山 頂上~奥ノ院にある「胎内くぐり岩」(近影)胎内は あっけない            (平成25年5月25日撮影)...

  • 仕事の基本4か条(6月1日)

     企業だったら、これくらいのことはやって欲しい ある小規模企業の診断に行った。ところが、まるで組織としての体をなしていない。一応、就業時間らしきものはあっても、仕事は行き当たりばったりで、社長以外何を聞いてもわからない。 このような場合、最低限以下の、4つの事項を徹底してもらうようにしている。ま、これが完璧にできれば大したもんだけどね。1.きちんとした挨拶をする ・出社時、帰宅時の挨拶を大きな声で...

≪前のページ≪   2ページ/2ページ   ≫次のページ≫