FC2ブログ
RSS

2013年05月のエントリー一覧

  • 任意団体の会計(5月16日)

     貯めないでいいときでも貯めようとする意識が、「埋蔵金」を増やし景気後退を招く  毎年3月から5月にかけて、各種団体、組織の会計報告がある。私の場合、町内会やその関連団体(体協など)、診断士協会などである。 多くの場合、収入より支出が少なく、多少なりとも繰越金が増えると、ほっとする。逆に、思いがけず支出がかさみ、繰越金が減ると問題となる。問題にはならなくとも、なんとなく落ち着かない。 しかしながら...

  • 区民体育祭②

      宝永区民体育祭 綱引き優勝チーム(H24年)これこそが 常勝チームの 力わざ          (平成24年5月20日撮影)...

  • 歴史認識報道(5月15日)

     マスコミの「自虐」報道が、国民の「敗戦国」からの離脱と戦争への期待を高めている 『従軍慰安婦はどこにでもいた』という、大阪市の橋下市長の発言。自民党高市政調会長の、『村山談話には違和感がある』。それぞれ、歴史認識についての発言が、ニュースで批判的に取り上げられている。 なぜ、国民大多数の思いに沿った橋下市長や高市氏の発言を、報道機関が大きく取り上げるのか。じつは、騒ぎを大きくして、外国メディアに...

  • 区民体育祭

      宝永区民体育祭 綱引き(H24年度) 決定戦 力の入る 力士たち      (平成24年5月20日撮影)...

  • 農業ビジネス(5月14日)

     暇を持て余した消費者が、手軽に農業関与できるビジネスがおもしろい 一昨日、「宝永を愛する会」の行事で、坂井丘陵地で農作業手伝いを行った。サツマイモの植え付けである。参加者は約20人、農家地主の土地を借りて行う。整地やビニール張りなど、機械や熟練が必要なところ、日常の維持管理は地主が行ってくれる。その前段取りが済んで、植え付けや収穫など人手が必要な部分だけ、素人の「人海戦術」でわっと片づける。今回も...

  • サツマイモ植え付け

     坂井丘陵地にて 農作業(昨年)中腰の 人海戦術 まだ続く        (平成24年5月13日撮影)...

  • ニーズとウォンズ(5月13日)

    「大義名分」を与えつつ、お客の真の「目的」をかなえる商品(サービス)を提供することが、マーケティングの根幹である マーケティングで、「ニーズ」と「ウォンズ」という用語がある。よく似ているが、微妙に異なる。調べてみると、いろんな人がいろんな意味で使っている。複雑な解釈をしたり、まるで正反対に使っている人もいる。 ただコトラー(マーケティング学者)によると、ニーズとは「人間が生活上必要なある充足状況が...

  • おしんめさん④

      神明神社春祭り 奴行列(近影)赤ふんの やっこ行列 人前で          (平成25年5月3日)...

  • 苦情を軽視する会社はつぶれる(5月12日)

     「いやなこと」「見たくないもの」を正視するのが、まともな経営者である   私は昔、小さな工場を経営していた。技術力には自信があり、ほとんど工場の中に入り浸って、顧客の所に出向くことはなかった。 ところが気が付いてみると、同じ頃開業したライバル会社に、大きな差をつけられてしまった。その同業他社の製品は、それほど優れていると思えなかったが、開業5年目にして売上高は私の会社の3倍近くにもなろうとしてい...

  • おしんめさん③

     神明神社春まつり 山車引き(近影)山車引きを ぶら下がりとは 言わないで               (平成25年5月3日撮影)...

  • 弱者が国を破たんさせる(5月11日)

     現代日本は、働かない「弱者」のほうが強い奇妙な国家である。真面目に働く人が増えなければ、日本は破たんする いま、民主主義国家と呼ばれている国は、「弱者」と呼ばれたい人たちであふれている。障害者はもとより、犯罪被害者、災害者、生活保護世帯、原爆被害者、基地住民、騒音被害、公害被害、後期高齢者、年金受給者、薬害患者、従軍慰安婦、…と(場合によっては加害者までもが)、我こそは被害者・弱者であるという人...

  • おしんめさん②

     神明神社春まつり 子供踊り行列(近影)観客も いっしょに付いてく わが子なら              (平成25年5月3日撮影)...

  • 川口環境委員長の解任騒動(5月10日)

     野党や佐藤優氏の川口氏に対する批判は、役人としての縄張り根性と個人の怨念ではないのか この問題について、ほとんど関心がなかった。川口氏など、どうでもいいと思っていたからである。ところが、尊敬する佐藤優氏のブログでの見解を見て、これはすこし違うのではないかと思った。 川口順子参議院環境委員長の解任について、佐藤優氏(旧外交官・作家)は、ブログでつぎのように述べている。≪ 9日午前、参議院本会議は、...

  • おしんめさん

     神明神社春祭り だし行列(近影)春まつり お市の方も 駆り出され         (平成25年5月3日撮影)...

  • 5段階評価(5月9日)

     人の評価に係わることで、密かに5段階評価を行っている。 最も重要な人から、①いなければいけない人、②いたほうがいい人、③いてもいなくてもいい人、④いないほうがいい人、⑤いてはいけない人、とランクを付けてみた。 たとえば、この5段階評価を年齢に当てはめてみよう。「徒然草7段」を強引に解釈した場合、次のようになる。①~25歳、②25~40歳、③40~60歳、④60~80歳、⑤80歳以上 その心は、①子供を増やす人、②子供を育てる...

  • 富士写ヶ岳⑤

      富士写ヶ岳 我谷登山道800m付近(近影)シャクナゲを 近くで見れば 虫の宿                (平成25年5月4日撮影)   ...

  • がれき受け入れ(5月8日)

     被災していない我々の家財道具も、ほとんどがれきである。できれば一緒に始末してもらいたい≪東日本大震災で発生した福島県のがれき処理について、環境省は7日、「2014年3月末」としていた処理完了が困難になったと発表した。毎日新聞5月7日より≫ 大震災被災地の、がれき受け入れが進んでいないと聞く。受け入れ候補地はどこも、被災地救済と放射能汚染の狭間で揺れ動いている。わが福井県にして、受け入れたと言っても、たっ...

  • 富士写ヶ岳④

      富士写ヶ岳山頂にて(近影)せっかくの 記念写真に 人のケツ              (平成25年5月4日撮影) ...

  • 新製品開発(5月7日)

     新製品の開発にあたっては、これからの世代を担う若い人たちの感性を尊重すべきである 前にも述べたが、公的助成金申請に伴う新事業開発案件の審査を行うことが増えた。しかし正直言って私には、なにが有望な事業なのか、さっぱりわからない。一応、推奨する技術分野が示されているが、多分野が網羅されており、たいていどれも当てはまる。それに国の推奨するものはあまり儲かるものではないから、推奨されていないほうが狙い目...

  • 富士写ヶ岳③

     富士写ヶ岳 山頂から遠く 白山 (近影) 白山を 引き立てるのは うば桜        (平成25年5月4日撮影)...

  • 進化論と子供の命(5月6日)

     どのような環境であろうと、たった数世代あれば、それに適した子孫が現れる  ダーウィンの進化論によると、生物の進化は、つぎの3つの条件によって成り立つ①個体変異の存在 同じ種類の生物でも、それぞれに個性、違いがある。人間の場合、人種の違いだけでなく、背の高い人、頭のいい人、運動神経のいい人、良くしゃべる人、病気に強い人・・など、いろんな個性がある。②変異の遺伝 親から子へ、個性の遺伝子は受け継がれ...

  • 富士写ヶ岳②

      富士写ヶ岳 我谷コース標高800m付近(近影)シャクナゲが ふんわり咲いた 春の道         (平成25年5月4日撮影)...

  • 詭弁を学ぶ(5月5日)

     「論理病をなおす!」香西秀信 (ちくま新書)を読んで この本は、「詭弁」について説明している。昨日の当欄、銃規制反対者の詭弁に関する意見は、ここから学んだものだ。詭弁が理解できれば、自他の論理間違いを見抜くことができ、議論に勝つ可能性も高くなる。 この著書では、どのように詭弁を分類・説明しているか、みてみよう。(1)多義、暖味の詭弁 言葉が複数の意味で使用されることにより、また何を指すのかが分か...

  • 富士写ケ岳

      富士写ケ岳 登り口の吊り橋(近影)吊り橋を 超えた向こうに 何が待つ          (平成25年5月4日撮影)...

  • 銃規制(5月4日)

     幼い子どもが誤って人を撃ち死亡させる事故を、銃規制反対者はどのように説明するのだろうか 記事の一部を引用する。≪米ケンタッキー州の民家で4月30日、五歳の男児が二歳の妹をライフル銃で誤って撃ち、妹は病院に搬送されたが死亡した。米メディアが伝えた。 銃は子ども用として販売されているもので、男児が昨年の誕生日に贈り物として受け取っていた。 部屋の隅に置いてあり、銃弾が一発残っていた。当時、母親も在宅して...

  • 鬼ヶ岳②

      鬼ヶ岳~カントリー駐車場南への下山道(近影)枯れ椿 遠くにみれば 垂れ椿           (平成25年4月29日撮影)...

  • 押し付け憲法(5月3日)

     現行の憲法を完全廃棄し、全く新しくすることによって、弁護士のいらない社会をつくりたい  今日は憲法記念日。昭和22年5月3日に、現行憲法が制定されて66年目である。今の我々の日本国憲法は、はたして連合国の「押し付け」だったのだろうか。衆議院憲法調査会事務局のWebページ「日本国憲法制定に至るまで」によると、現行憲法制定は、次のような概略経過をたどっている。『(前略)1946年(昭和21)2月、国務大臣松本烝治を...

  • 鬼ヶ岳①

      鬼ヶ岳 白鬼展望台より 越前市 (近影)急登に 一息ついた 展望台             (平成25年4月29日撮影)...

  • 女流5冠誕生(5月2日)

     囲碁や将棋、チェスなどをオリンピック競技に入れると、もっと面白くなる≪将棋の第6期マイナビ女子オープン第3局が1日、大阪市内で行われ、里見香奈女流4冠が上田初美女王に129手で勝ち3連勝、女王位を奪取した。里見はこれで、女流史上初の5冠を達成。5月1日 時事通信より≫ 里見香奈さんはまだ若いし、どこまで伸びるかわからない。5冠は素晴らしい事で、このことにケチをつけるつもりはさらさらない(と言いながら・・・?)...

  • 御在所岳⑤

     御在所岳 下りのロープウェイから(近影)年寄りが 怖い怖いと 騒ぐなよ            (平成25年4月27日撮影)...

  • 医療分野の貿易赤字(5月1日)

     患者自身がその治療費の内容に関心を持たなければ、2兆円もの医療品貿易赤字はなくならない 4月28日のフジテレビ・プライムニュースで、医療関連の貿易赤字について取り上げられていた。 一部引用する。≪日本には多くの医療機器メーカーが存在し、新製品開発に向けた努力が続けられている。しかし、医療機器について輸出入の収支で見ると、日本は年間5000億円の赤字となっている。また、新薬の認可についても他の医療技術先進...

≪前のページ≪   2ページ/2ページ   ≫次のページ≫