FC2ブログ

 ・高校生の主張 ・理と情 ・あおり運転 ・スリルを味わう ・猛暑はじまる ・台風一過 ・吉本興業お家騒動 ・殺人事件 ・今日は月曜日 ・まだ半分 ・葬祭の段取り ・TVの修理 ・もうすぐ10連休 ・食い逃げ世代 ・いよいよ春 ・豊かな社会 ・喫煙の害 ・不適切動画 ・禁煙から禁酒へ ・いい女ランキング最下位 ▼もっと見る

RSS

カテゴリ: 社会一般のエントリー一覧

  • 高校生の主張

     ジタバタしながらでも人口減少を遅らせれば、繁殖機会と技術が増す 今年2月、雑誌「正論」で行われた「第34回土光杯全日本青年弁論大会」で、若干18歳の松下天風さんが最優秀土光杯に選ばれた。大会テーマは「人口減少社会と地方再生」で、論文審査を勝ち抜いたには11人である。 その「高校生が考える日本の未来」で、松下天風さんは、つぎのような主張を行った。①日本は少子高齢化によって、人口減少と地方の過疎化が進んでい...

  • 理と情

    ・人は理と情で動く。いわゆる左脳と右脳である・仕事も、調整が必要な場合と、理詰めで進めていく場合がある・国際社会で日本は、情に流され地位を落としてしまった・オリンピックなど予算配分は情が優先する・科学技術こそ理が優先するはずだがおかしい・理屈はすぐ忘れるが、感覚・感情はいつまでも残る・いくら理屈で酒を断とうと思っても、つい飲み過ぎていつも後悔する              ...

  • あおり運転

     来年は、煽られても恐ろしくないような、車のデザインが流行するかも 茨城県の高速道路で、「あおり運転」をした上、車の中の人を殴り、傷害の疑いで指名手配されていた43歳の男が逮捕された。事件の様子を動画で見た限り、とんでもない行為で、「あおり運転」の範囲をとっくにオーバーしている。43歳男の顔写真を見ると、いかにも食い殺されそうな面構えである(いちばん狂暴そうな写真を掲載したのだろう)。       ...

  • スリルを味わう

     小泉議員があと半月発表を延ばせたら、涼しい夏が過ごせた 酷暑で私の脳が溶けかかってきた。暑いからか、背筋の寒くなる出来事も多い。 先月、インドの遊園地で「絶叫マシン」のアームが真二つに折れ、31人が死傷した事故があった。日本でも先日、クライミングで命綱をつけ忘れて落下。福井の遊園地でも、夏に観客が亡くなったことがある。パンジージャンプで、結んでいた縄が外れ、そのまま落下した事故も数回聞いた。落下傘...

  • 猛暑はじまる

     「ホワイト国」除外どころでなく、最初から禁輸した方が日韓関係は改善する 数日前から国内では猛暑が続いている。名古屋は尋常な暑さではなかったし、福井はそれ以上に蒸し暑い。50年以上前に建てた私の仕事部屋は、孔のあいた薄いトタン屋根で、遠慮なく日射が降り注ぐ。卵焼きでも焼きそばでも作れる。その熱が天井から私の頭の上に舞い降りる。とても仕事脳になれない。 今年は冷夏かと思ったら、とんでもない。 昨年の再...

  • 台風一過

     台風は過ぎても体内のアルコールは抜けない 日本のど真ん中を、台風6号が通り過ぎた。ほんの近くを通過したはずなのに、まったく気が付かなかった。直接の被害は、びしょ濡れの中で交通整理をしたことくらいである。昨年までの台風に比べたら、雲泥の差であった。 これで、台風一過と梅雨明け10日間。1年で最も天候が安定する時期である。あと10日も炎天が続けば、コメつくりは何とかなる。幸い昨年のような酷暑にはならない。...

  • 吉本興業お家騒動

    「雨上がり決死隊」は「ジジイの決死隊」としてホルムズ海峡に行ってほしい 漫才芸人が、暴力団のイベントに参加したことからはじまった騒動で、吉本興業の社長が記者会見を行った。それがまた要領を得ない会見で、だらだらと5時間も費やす。その内容がけしからんと、矛先が吉本興業に移る。暴力団のイベント参加が、いつの間にか芸人に対するパワハラ問題になり、さらにギャラの配分を巡る争いにもなった。 たいていこうなると...

  • 殺人事件

    ワイドショウで殺人事件が取り上げられなくなったとき、日本は危険な国になっている TVのワイドショウを観ると、ほぼ毎日のように殺人事件を報道している。 昨日は、14歳の中学生が同級生を刺し殺した事件。さらに、和菓子屋の親父が自分の娘を絞殺しそのまま首を吊った事件が世間を騒がせている。これだけ見れば、日本は何と殺人が多いのかと思う。                 しかしじつは、日本は世界で最も、人口当た...

  • 今日は月曜日

     1週間のはじまり。 お仕事頑張ってください。幸い今年は、昨年ほどの酷暑は来ていません。 私たちの日ごとの頑張りが、日本経済を支え、子孫の繁栄を約束します。                              今年5月の新天皇の即位をきっかけに、天皇、皇后両陛下の長女愛子さまへの皇位継承を望む声が出ているのが恐ろしい。もしそうなったら、日本は確実に分断される。 マスコミ(中国工作機関)に扇動さ...

  • まだ半分

    今日は1年間の中日(なかび)である。 もう半分過ぎた。命が惜しい人はそう思う。 まだ半分ある。これからたっぷり楽しめる。そう思う人は、幸せである。                裏庭に実ったビワも気になる。 陽に当たり甘くなった上半分は、すっかりカラスに奪われてしまった。 だが、まだ日陰の下半分が残っている。酸っぱいのを好む人は、幸せである。≪54字の物語≫ 裏庭に実った琵琶を、カラスが狙っている。毎...

  • 葬祭の段取り

     身近な人が亡くなると、通夜や葬儀の段取り以外に、14日以内にしなければならないことがある。年金の受給停止届、健康保険証、介護保険証の返却である。まもなく10連休に入るので、14日だと5月7日。ぎりぎりである。長期間勝手に休んで、多少遅れても文句言わないだろうが、年金が入ってしまったらあとでややこしい。  そのほかに、有象無象の切り替えがある。 さらにややこしいのは、遺産相続関連の手続きである。たぶん今年...

  • TVの修理

     新しいTVを買えば中国にお金が流れるが、修理すれば日本の技術者が潤う 先日、壊れたTVの修理に来てもらった。10年前に買った14インチの薄型TVを、別の部屋に移動したところ、映らなくなってしまったからである。 故障の状況は以下の通り。 いろんな表示が出るので、受像機は壊れていない。どうも地デジのカードを読み込まなくなったらしい。カードが悪いのかと思って、2000円払って交換したが、事態は変わらなかった。室内ア...

  • もうすぐ10連休

     連休明けまで、恐ろしいニュースが出ないことを祈る  来週27日(土)から、本邦はじめての10連休がはじまる。 10連休といっても、学校や役所など公的機関や銀行、大企業などが休日に入るだけで、すべての国民が休むわけではない。とくに忙しいのが、人が休んでいるときに働く人である。休暇で旅行に行く人が増えれば、運送業者や宿泊施設など観光産業従事者は、かきいれどきである。また収益性の低い中小企業が、一気に10日間...

  • 食い逃げ世代

     世の中に、悪い仕事はあってもムダな仕事はない 孫が高校を卒業し、今春から大学へ通っている。もう生まれて18年経った。子どもが大きくなるのは早い。 それに対し、引退した年寄りが死ぬまでの期間は長い。 今死にかかっている父親は、60才で退職した。それからほぼ40年になる。退職したとき生まれた子供が、2回成人できる。いまの100才は、年金を払った期間は20年ほど。受けとる期間の方がはるかに長い。だから若者から食い...

  • いよいよ春

     ヌクヌクした生活をしている人こそ不安にさいなまれる。豊かな人は不幸である 春分の日が過ぎ、ずいぶん暖かくなった。今年はどうやら、大雪に悩まされず済みそうである。その代わり、スギやマツの花粉に悩まされている。 昨年は2メートル近い積雪で、家屋倒壊の恐怖におびえていた。貧弱なカーポートは、頻繁に雪下ろしをしなければならない。外出するときは、毎朝起き上がりざまに窓の外を確認する。除雪車が来たら、除雪さ...

  • 豊かな社会

     無くてもいいムダなモノやサービスを作った人ほど金持ちになる 優秀な人が医者や弁護士になりたがる社会は豊かな社会ではない、と書いたことがある。では豊かな社会とは、どのようなものか。みながお金持の社会なのか。 そうではないだろう。もし国民全員が1億円以上持っていたとしても、遣いたいとき遣えなければ意味がない。 豊かな社会とは、人々が欲しいモノやサービスを、必要なときふんだんに受けられる社会である。も...

  • 喫煙の害

     これまで金科玉条のごとく叫ばれてきた受動喫煙の害はまったくでたらめだった 本ブログでは、世の中で煙草が徹底的に毛嫌いされていることへの疑問を何度も書いた。この私の推論が、福井義高氏(青山学院大教授)の「正論」12月への寄稿「煙草と離婚どちらが体に悪いか 受動喫煙のウソ・ホント」で裏付けされた。この寄稿文は、いいかげんな私のブログと異なり、きちんとしたデータに基づく論文を引用している。 その要旨は以下...

  • 不適切動画

     企業はこの新たなリスクを管理し、われわれはある程度の穢れを許す このところ、ネット上に不適切動画といわれるSNS投稿がつぎつぎと現れ、問題になっている。くら寿司、すき家、セブン-イレブン、ファミリーマート、ビッグエコーなど。つい最近は、定食チェーン「大戸屋」で、ズボンを脱いで顔を隠した男が、くねくね踊りを披露している。4~5年前は静止画だったのが、いまは動画になって、ますますリアリティに富むようにな...

  • 禁煙から禁酒へ

     そのうちP・C患者は、人々のすべての行動にいちゃもんをつける 東海道新幹線の車内販売で、クリーミーな泡ビールの販売をはじめると言う。新型の電動式サーバーを缶ビールに取り付け、超音波の振動できめ細かい泡をつくる。スタッフが夕方と夜の車内を回り、おかきのおつまみとセットにして1杯500円で販売する。 リーズナブルな価格で、透明カップに入った冷たいビールは、見ただけで涎が出る。  だがこの企画は、意外と評...

  • いい女ランキング最下位

     自虐ネタでもとことん引っ張る。まちがってもいい女になろうと思ってはいけない 「幸福度ランキング」、「生活満足度」など、多くの都道府県ランキング指標で、福井県は上位を独占している。このことは、福井県ではいろんな産業や文化が振興し、人々が豊かな暮らしを楽しみ、健康や学習能力が高いことを示す(ほんとか?)。 しかし、唯一全国最下位のランキングがあった。 gooランキングが、昨年12月に発表した「いい女がい...