FC2ブログ

 ・報道ステーション ・思い込み記事 ・問題発言 ・すべては仮説② ・NHK受信料(27年11月3日) ・原発の推進と国民理解(27年8月22日) ・日刊県民福井の無料配布(27年8月20日) ・新安保、なぜ国民の理解が進まない(27年7月21日) ・百田氏と自民党議員の「暴言」(27年6月28日) ・偏向報道(27年4月19日) ・マスコミの取材姿勢(27年3月27日) ・軽犯罪のニュース(27年3月15日) ・旅券返納命令(27年2月9日) ・表現の自由(12月27日) ・プライムニュースのキャスター(12月21日) ・植村元記者への「いじめ」(12月6日) ・公平な報道(12月1日) ・敗戦の日(8月15日) ・サイコパスの放送休止(8月1日) ・BS朝日のニュース番組(7月27日) ▼もっと見る

RSS

カテゴリ: マスコミ、広報、ネットのエントリー一覧

  • 報道ステーション

     自民党を政権から降ろすのが信条だけに、偏向ぶりは変わっていない 「報道ステーション」は、夜10時からのテレビ朝日のニュース番組である。 この番組は、あまりにも偏向が著しく、見ると不快になるので、しばらくご無沙汰であった。最近、キャスターが変わったと聞いたので、先週(木曜日)久しぶりにチャンネルを回してみた。 ところが、偏向ぶりは相変わらずである。さすが、自民党を政権から降ろすことを信条としている放...

  • 思い込み記事

     プロ記者が書いたさまざまな思い込み記事に対し、読者コメントは非常に有効である ヤフーニュースに、しばしば有名人の事件に対するコメントが載る。4日は、いわゆる尾木ママ(尾木直樹氏)の発言が取り上げられた。埼玉県の女子中学生が2年ぶりに保護された事件で、逮捕された寺内容疑者の父親が、店のホームページで顧客らに謝罪したことについて、「わびる相手を間違えている、商売のことしか頭にない」と、怒りを交えて批...

  • 問題発言

     言論の自由がない日本で問題発言を繰り返すマスコミこそ、最優先に処分されるべき 先日自民党の桜田議員は、党の合同会議で、「慰安婦は、売春防止法が施行されるまでは職業としての娼婦だ。これを犠牲者のような宣伝工作に惑わされ過ぎている」と発言し、問題となった。昨年は、木原議員の「沖縄2紙を潰すにはどうしたらいいか」とか、武藤議員の「戦争を忌避する若者は自分勝手」の発言で揉め、少し前の麻生大臣のナチス云々...

  • すべては仮説②

     意見を決して変えない人は、たまり水のようなもので、心が腐っている このブログでは毎日のように、見る人によってはアホな意見を書いている。日本の財政問題や原発、歴史認識、慰安婦問題など。我ながら、良くこんなことを断言できるのかと思うくらいである。 ただこれらの見解は、私自身が67年かけて蓄積した知識と思考にもとづく「結晶」であり、自信がある。すくなくとも年取った分、人並みぐらいには、幅広い知識を得てい...

  • NHK受信料(27年11月3日)

     カネが集まるところには、必ず利権が絡む。受信料はやめて税金で賄う方がいい 客室にテレビを設置しているのに受信料を支払っていないホテルに対し、NHKが受信料支払いを求めた訴訟で、先月東京地裁は受信料の支払いを命じたという。客室にあるTVすべてに受信料を払う。9690台の受信料計7530万円である。 受信料は衛星契約で月額2,280円、年間約25,000円。へたすると受像機より高い。日本にあるTV受像機は、およそ1.5億台。し...

  • 原発の推進と国民理解(27年8月22日)

     少数派であろうとも、理解能力の高い良識ある国民の方を重視すべきである 19日のフジTVプライムニュースでは、川内原発再稼働に関連して、今後のエネルギー政策について議論していた。この中で柏木孝夫氏(東京工業大学特命教授)は、温暖化防止、コスト、安全保障の観点から、第2、第3世代の原発の稼働年数を延長し、2030年に原発の割合を20~25%にする案を述べていた。 当然の考え方である。同席の田坂広志氏(多摩大学大学...

  • 日刊県民福井の無料配布(27年8月20日)

     定期購入を促すつもりで置いていったのなら、まったく逆効果である。 ゴミが増えるだけだ 昨日と今日(19、20日)我が家にひっそりと、「日刊県民福井」が配達されていた。購読者が少なく、サービスのつもりで無料配達したに違いない。この新聞は、中日新聞をもとに編集されているので、朝日、毎日と同じ、GHQのプレスコードそのものであることはわかっていた。それより狂信的かもしれない。  そう思ってみると、19日朝刊の...

  • 新安保、なぜ国民の理解が進まない(27年7月21日)

     「中国の脅威」、「公明党の寄生で憲法改正できない」という自民党政府が言えない事実は、マスコミしか報道できない いま確実に多くのマスコミは、新安保反対の方向に世論を誘導しようとしている。それも事実や理論ではなく、感情に訴えている。 たとえば≪安全保障関連法案に反対して作家の澤地久枝さん(84)らが呼びかけた安倍政権に対する抗議行動が18日、全国各地であり、「アベ政治を許さない」と記したポスターを午後...

  • 百田氏と自民党議員の「暴言」(27年6月28日)

     この「事件」をきっかけに、実態を炙り出し、ほんとの事実を明らかにしていただきたい  25日に開かれた自民党文化芸術懇話会での、百田尚樹氏や自民党若手議員の発言が、沖縄に対する冒涜ではないかとして問題になり、国会でも取り上げられた。 27日の福井新聞その他の報道によると、百田氏はつぎのことを言っていたという。①普天間飛行場はもと田んぼで、商売になるということで、人が住みだした②そこの地主は年収何千万で、...

  • 偏向報道(27年4月19日)

     民主党に恫喝されているから、多くの民放が偏向報道している 先週の17日、自民党は「党情報通信戦略調査会」にテレビ朝日とNHKの幹部を呼び、番組の内容について事情を聴取した。これについて、野党や他のマスコミ、「有識者」は、政治圧力として批判している。 ただTV局には、政治家や官僚の子弟がかなり就職している。天下りも多いから、もともと自民党に「圧力」をかけられている。いまさら何を言っているのか。 それに、...

  • マスコミの取材姿勢(27年3月27日)

     面の皮の厚いマスコミ記者のような仕事は、とても普通の人にはできない チュニジアのテロで負傷して入院中の結城法子さんが、一部のマスコミに寄せた手記で、「次々と取材に来たのがショックだった」と述べていた。病院では、けがをした耳の処置をされた後、まずNHKや米ニューヨーク・タイムズ紙の記者が来て、質問に答えるように言われ、その後も取材のオファーが続いた。極めつけは、部屋の前で取材を制止された朝日新聞記者...

  • 軽犯罪のニュース(27年3月15日)

     「犯人」を憎むより、つまらない「事件」を大袈裟にしてしまったメディアの「いじめ」が怖い ネットでヤフーのニュース版を見ていると、ときどきおかしな記事に出会う。 まず、≪元日ハム投手が下着窃盗未遂・・≫と題して、≪京都府警山科署は10日、窃盗未遂の疑いで、京都市山科区音羽沢町、元プロ野球選手中西有希人容疑者(37)を逮捕した。 逮捕容疑は1月29日午前8時10分ごろ、隣家の会社員女性(56)宅の2階...

  • 旅券返納命令(27年2月9日)

     どうしても行きたいなら国籍を離れるべきである。「わか者、ばか者、よそ者」を容認するといっても、ほどがある≪シリアへの渡航を計画していた新潟市の男性フリーカメラマンが外務省から旅券の返納を命じられ、男性が命令に応じて提出していたことがわかった。邦人の生命保護を理由にした返納命令は初めて。同省は過激派組織「イスラム国」による人質事件を受け、シリア全域に退避勧告を出しているが、「渡航制限」という踏み込...

  • 表現の自由(12月27日)

     いくら表現の自由だと言っても限度はある。 結局、得をしたのはソニー・ピクチャーズである  『ザ・インタヴュー』というソニー・ピクチャーズの映画をめぐり、国際紛争が起こっている。 この映画は、アメリカのジャーナリストが金正恩を暗殺するというコメディである。これが、「首領様」を愚弄するものだとして、北朝鮮が反発した。ソニー・ピクチャーズに対し、情報流出などのハッカー攻撃を仕掛けたという。 ソニー・ピ...

  • プライムニュースのキャスター(12月21日)

     あらゆる分野についての見識と、ゲストに対する突っ込み、当意即妙な反応には感心する フジテレビのプライムニュースという番組がある。これは、あらゆるジャンルの課題について、数人のゲストを招きその専門的立場から論じており、3~4年前から続いている。半分くらい興味のない分野もあるが、週に1~2回は観ている。これまで当ブログでも、ときどきその内容について論じてきた。 2時間番組といっても、適度に休息が入って見...

  • 植村元記者への「いじめ」(12月6日)

     脅迫文を送り付けられたのも、自作自演だと疑われても仕方がない人たちである≪朝日新聞で慰安婦問題の記事に関わった植村隆氏がニューヨーク・タイムズの取材に応じ、安倍晋三首相ら国家主義的な政治家について「彼らはわれわれをいじめて黙らせようとしている」などと述べ、朝日新聞や自身への攻撃を批判した。12月4日J-CASTニュースより≫ 植村氏は、自称慰安婦女性のインタビュー記事を書いた朝日新聞の元記者である。退職後...

  • 公平な報道(12月1日)

     メディアは、国民が選んだ政権より、自分たちのほうが偉いと思っている 朴槿恵大統領に対する名誉毀損罪で在宅起訴された産経新聞社の加藤達也前ソウル支局長に対する公判準備手続きが、先月ソウル中央地裁で開かれた。韓国メディアの記事を引用し、ウェブサイトコラムに大統領の「気に障ること」を書いたからである。 韓国では、この程度の記事でさえ政権から訴えられる。今年だけで、すでに5~6件もの韓国メディアが訴訟され...

  • 敗戦の日(8月15日)

     プレスコードマスコミに毒された団塊世代の支配を抜ければ、日本を取り戻すことができるかもしれない 昭和20年8月15日。この日、天皇の玉音放送があり、大東亜戦争の敗戦が告げられた。敗戦が決まった、屈辱の日である。 といっても世の中には、日本が負けたことを屈辱だとは思わない人が多い。戦後の言論統制や国民教育によって、徹底的に欧米思想を植え付けられてしまったからである。 たとえば、「プレスコード」という放...

  • サイコパスの放送休止(8月1日)

     残酷シーンのないドラマやアニメは、味噌のない味噌汁である。はっきり現実を認識できる子供を育てる必要がある 先月佐世保市で、高校1年の少女が、同級生を殺害したとして殺人容疑で逮捕される事件が起きた。この事件では、首や手首を斬り落とす容疑者の異常な言動が、注目を浴びている。 「人を殺して、ばらばらにしてみたかった」 これは、対象が人間でなければ、決して「異常」ではない。料理人は毎日、魚をばらばらにし...

  • BS朝日のニュース番組(7月27日)

     他人のやることを非難したり、バカにしてばかりいる。国民は、こんな番組ばかり見るから、無責任になる 昨夜7時ごろから、たまたまBS朝日の「いま日本は」という番組を見てしまった。この番組では、最近起こった事件について、関係ゲストを交えて、議論している。 一つは、オスプレイの佐賀空港への配備の件。沖縄の基地負担軽減のため、苦渋の選択として政府が佐賀県へ打診しているものである。 ところが番組コメンテーター...

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
臨界都市の福井に住む
 酔狂じじいがしつこく吠える
         妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1030)
 原発、エネルギー (139)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (126)
 憲法、法律、選挙、裁判 (95)
 政治家、政策、政局 (237)
 インフラ、防災、環境、人口 (119)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1038)
 社会一般 (160)
 高齢化、医療、死生観 (254)
 格差、差別、弱者、女性 (97)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (86)
 教育、学問、科学、宗教 (47)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (110)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (506)
 中小企業施策 (74)
 経営革新、戦略、手法 (95)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (64)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (73)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (53)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR