FC2ブログ

 ・感染拡大とワクチンリスク ・緊急事態延長 ・コロナは終息しない ・集中治療を譲る意思カード ・意味のない自粛 ・在宅でのコロナ死 ・大雪健診 ・感染症と医療崩壊 ・ワクチンのリスク ・GoToトラベルと感染症 ・じじいのカツラ(替え歌シリーズ③) ・帯状疱疹闘病記 ③長文 ・恐怖の瞬間 ・国民の健康 ・コロナからの脱出 ・コロナ脳とPCR検査が国を滅ぼす ・コロナ陽性者の激増 ・細菌・ウィルス ・帯状疱疹闘病記② ・帯状疱疹闘病記① ▼もっと見る

RSS

カテゴリ: 高齢化、医療、死生観のエントリー一覧

  • 感染拡大とワクチンリスク

     これほど感染割合の低い日本でワクチン接種が早ければ人道的に大問題である 大阪を中心に、新型コロナ感染拡大が止まらない。 大阪では、連続して1日1000人を超える陽性者を出している。14日の陽性者は1130人と、同じ日の東京591人のほぼ2倍である。1130人はこれまでの最多で、これからどんどん増えるに違いない。感染力の強い、変異ウィルスが増えてきたからだといわれている。 なぜ陽性者が増えるのか。 検査を拡大するか...

  • 緊急事態延長

     自粛の連続でゾンビのように細く生きるより、桜を見て早く死にたい 東京都を中心の緊急事態の期間が、延長されることになった。マスコミのおかげで、国民の7~8割がコロナ脳に罹っているからである。また医師会も、執拗に医療崩壊の危機を煽っている。それに押されるように、知事や政府がなびいてしまった。 これで昨年来の、うっとうしいコロナ社会がまだ続く。                昨年、日本がコロナ対策を優先...

  • コロナは終息しない

     コロナとは共存するしかなく、いまのままで充分社会生活は行える メディアは、コロナ脳に罹った人々を煽り、経済活動を停止に追い込んでいる。せっかく観光活性化の息継ぎになったGotoトラベルを中断させ、緊急事態宣言の開始と延長を後押しした。中国は、東京オリンピックを中止させようと、あの手この手で工作員を動かしている。 これで日本の経済はズタズタになった。いくらお金を配っても、人々の働く力と創意工夫は衰退す...

  • 集中治療を譲る意思カード

     いのちの価値はみな同じでなく、意思カードといえど無条件に譲るわけではない 新型コロナ感染症で、高齢の患者が集中治療を若者に譲るという、意思カードが注目されている。 これについて、高齢者への圧力になるといって批判する人もいる。 日本消費者連盟では、次のような反対理由を述べていた。①判断基準が独り歩きして、「価値なきいのちは切り捨てる」風潮の拡散を危惧②医療をできないのは、政府が医療を縮小してきたから...

  • 意味のない自粛

     特措法で飲食店操業の罰則に反対する人が、先頭に立って豪遊議員の処罰を要求している不思議 2月7日までの予定だった「緊急事態宣言」が、さらに延長されるという。先の日曜日のTV世論調査でも、延長したほうがいいという人が90%いた。残り10%の人は、延長に反対であった。 いま本当に苦しんでいるのは、この延長に反対している10%である。 国民の90%は、マスコミや医師会が垂れ流すいわれなきコロナの恐怖におびえ、必要...

  • 在宅でのコロナ死

     少数の例外事項を取り上げることで本質が隠されてしまう  マスコミやパワハラ野党を反面教師に、できることを提案し、やれることは自分でやる 自宅療養中や、入院前のコロナ感染者が命を落とすケースが増え、問題となっている。報道などによると、在宅やホテルでの死亡者は、12月が56人で、1月は3週間ですでに75人を数えているという。たぶん1月は、100人くらいになる。 たしかに、感染したのに入院・治療ができず、自宅な...

  • 大雪健診

     健診で異常値が出ると、鬼の首でも取ったように精密検査を薦められる 先日、年に一度の半日健康診断を受けた。豪雪のあとなので、周辺の枝道は圧雪とわだち跡でぐちゃぐちゃである。とても車は出せない。意を決して、徒歩で行くことにした。約2.5キロ、夏道なら30分そこそこのところ、汗水たらして1時間かかった。 歩道でも、きれいに除雪してあるところもあれば、山道のようなところもある。足羽川の幸橋では、歩くところが欄...

  • 感染症と医療崩壊

     検査どころか病院も行かず治癒した圧倒的多数の感染者が確実に存在する   「医療崩壊」の危機が発生したのは、むやみに検査数を増やしたからである 新型コロナ感染拡大による、「医療崩壊」の危機が深刻化しているという。地域によっては、これ以上入院患者が増えると、対応できない人が続出する。もともと医療施設の少ない北海道では、すでに医療施設がいっぱいで、これ以上受け入れられない。 施設や装置より、医師や看護...

  • ワクチンのリスク

     日本の新型コロナ感染被害は、ワクチン投与のリスクよりはるかに少ない アメリカとイギリスで、新型コロナワクチンが、つぎつぎ開発・承認されている。実証実験では、有効性も70~90%と高く、大いに期待が持てる。あとは量産である。まもなく一般に投与が始まる。 なにしろアメリカやイギリスでは、新型コロナによる死者は、半端な数字ではない。アメリカで25万人、イギリスで6万人。およそ1000人に1人がこの病気で亡くなって...

  • GoToトラベルと感染症

     感染に注意しながら新陳代謝を起こし、どんどん社会経済活動を活発にすべきである                医療崩壊を防ぐのは、人々が病院へ行かないことである 新型コロナの感染拡大が止まらない。昨日は日本最高記録を更新した。 その渦中にあって、特別警戒基準に達した京都まで、ノコノコ観光に出かけることになった。今月すでに3回目のGoToトラベルである。感染したら袋叩きに遭う。じつは(騒音公害を避けるた...

  • じじいのカツラ(替え歌シリーズ③)

     お待たせしました。じじいシリーズ第3弾、「じじいのカツラ」です。 殿様キングス「なみだの操」に合わせて歌ってください。                 (冒頭にCMが入る場合があります)  (1)  あなたのために 守(まも)り通(とお)した じじいのカツラ いまさら人に 打ち明けられないわ あなたの決して お邪魔(じゃま)はしないから 密(ひそ)かに 被(かぶ)って いたいのよ お別(わか)れ...

  • 帯状疱疹闘病記 ③長文

     7月に発症した帯状疱疹の経過報告である。  その①、その②から    これから、帯状疱疹レースに参加される方のために記録しました  先月20日に帯状疱疹発症が顕在化して、55日目になる。 生まれてこのかた、蓄膿症の手術を除いて、病気でこんなに長くしんどさが続いたことはなかった。風邪やインフルエンザなら、せいぜい2~4日。中国滞在時の食あたりも、5日我慢すれば、治っていた。 以下は、症状の出始め7月中旬から...

  • 恐怖の瞬間

     死ぬまで生検のストレスを抱えたまま、最後は他の病気で死ぬことになる 4か月ぶりに、前立腺マーカー(PSA値)の測定を受けた。 2007年に3.54という高めの数値を指摘されて以後、年に3回ほどのペースで測定を続けている。10年前には、激痛の生検(細胞採取)を受けた。一晩中七転八倒し、1か月以上下血した悪夢の生検で、いまだトラウマになっている。 それから測定のたび上下しながらも、PSA値は確実に上昇している。ここ数...

  • 国民の健康

     病院に行かなくなって病気が減り、夜の店に行かなくなって病気が増える 今年日本で新型コロナが猛威を奮い始めてから、病院を受診する人がめっきり減った。私自身は数回病院へ行ったが、たいてい閑古鳥が鳴いている。おそらく受診者は半分近くに減ったのではないか。 コロナ専門病院だけでなく、ほとんどの病院が経営不振に陥っている。 そのせいか今年は、亡くなる人が減った。 ほとんどの病気は、医者がつくる。多くの場合...

  • コロナからの脱出

     日本中がコロナで大騒ぎしているうち、死ぬべき人が大量に生き延びてしまった 暑い夏が続く。熱中症による死者は、毎年全国で1000人前後、2018年は1,500人余りにも及んでいる。この年に救急搬送された人は95,000人で、7~8月に集中している。 明らかにコロナ被害より多い。 いま現在、国民の関心事は、コロナから熱中症になった。なにしろマスコミは、人々の不安を煽ることを商売としている。そのため御用専門家が生まれる。...

  • コロナ脳とPCR検査が国を滅ぼす

     かってマスコミが無謀な大東亜戦争を担ぎ上げたときの状況そっくりである マスコミ扇動による、PCR検査の拡大傾向が止まらない。 すでに毎日、全国で最大4万件ものPCR検査が行われ、自治体によっては、ドライブスルー検査まで実施しているという。 これでも少ないらしい。日本人全員にやれとまで言う人もいる。 比較的良心的と思っていたプライムニュースでさえ、先週の番組では、キャスターを含め、参加した与野党の議員す...

  • コロナ陽性者の激増

     コロナ脳に犯された人々は、目先の安心を求め合理的な判断をしなくなった 日本の新型コロナ陽性者数が、毎日1000人を超えるようになった。今日は東京都だけで460人。この数字を見た人々はビビって、ますます前後の見境が無くなる。GOTOキャンペーンの中止や営業自粛など、コロナ対策を求める声が大きくなってきた。 陽性者が増えるのは、あたりまえである。無症状の人まで検査し、陽性者には10万円を出す地域まである。さらに...

  • 細菌・ウィルス

     生物種の減少・絶滅によって、人が細菌やウィルスの主たる宿主になる  私の帯状疱疹は沈静化しつつあるが、世界では新型コロナの勢いが止まらない。そのうえ、新手のブタインフルエンザも加わってきた。中国でブタから人に感染するウィルスが見つかり、物議を醸している。今のところ広がる気配は少ないが、油断するわけにはいかない。  なにしろ地球には、5×10の30乗(世界人口×1兆×1億倍)という膨大な数の細菌と、その10倍...

  • 帯状疱疹闘病記②

     武漢ワクチンより帯状疱疹ワクチン接種推進のほうが、はるかに国民の利益になる 帯状疱疹という厄介な病魔に襲われて、10日あまりになる(詳細な経過報告は後日)。 全身のけだるさと、右上半身の何とも言えない痛さに襲われてから、5日ほど経過した。痛さは、やや緩和されたような気もするが、慣れただけかもしれない。 今日現在の具体的な症状は①右上半身の赤く腫れた皮膚を中心にジクジク痛む。とくにひねったり振動すると...

  • 帯状疱疹闘病記①

     どんなウィルスも、われわれ人間よりはるかに上手である 先週土曜日、入浴中にわき腹付近の違和感を感じた。ふと覘いたら、へそ上あたりから右わき腹、背中にかけ真っ赤に爛れていた。5~6センチほどの幅で、臍の上から右回りで、背中まで腫れ上がっている。ちょうど体の半分だけ湿疹ができている。ネットで調べたら、帯状疱疹の特徴らしい。 そういえば1週間くらい前から、背中やわき腹がチクチク痛んでいた。もし武漢ウィル...

≪前のページ≪   1ページ/14ページ   ≫次のページ≫

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1062)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (271)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (125)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1066)
 社会一般 (169)
 高齢化、医療、死生観 (265)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (88)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (516)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (66)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR