FC2ブログ

 ・また陽性者 ・武漢ウィルスの再来 ・免疫の不思議 ・マスク着用強制化 ・中間日 ・コロナ感染拡大 ・白山高山植物園 ・人種差別混乱 ・死なない日本人 ・日本人の民度 ・最後の晩餐 ・検査ミスでの感染 ・TV番組のかませ犬 ・酷暑とコロナ菌 ・ラベンダー畑 ・錯覚の偽陽性 ・検査の目的 ・厳戒態勢のPSA検査 ・データの信頼性 ・オリンピックの再延期 ▼もっと見る

RSS

カテゴリ:*社会・哲学*のエントリー一覧

  • また陽性者

     こんどのGoTo キャンペーンは、地方年寄り撲滅の政策である 12日に福井県内で、75日ぶりに武漢ウィルス陽性者が見つかった。東京へ10日間あまり出張した30代の会社員で、基礎疾患はなく、いまのところ軽症らしい。9日の夕方帰福し、10日に出社して発熱、11日に検体採取、12日に陽性と判明されたという。 偽陽性の疑いもあるが、90%の確率で感染していると思われる。 ただ、その記者会見を聴いても要領を得ない。人物の特...

  • 武漢ウィルスの再来

     もっと恐ろしい「恐怖の大王」に襲われれば、記憶のかなたに消え去っている 昨日、公民館で行われた「料理教室」を受講した。「男子がつくるおつまみ」という副題で、ビールに合う料理を5品つくる。私を含めて8名の参加であった。 いずれの料理も10工程くらいある。切ったり揚げたり、工程の一部を実践しただけで、再現できるわけがない。  いい加減な配合でつくる家の料理より、美味しいのは確かである。昨日、福井県お泊り...

  • 免疫の不思議

     われわれは薬物などの人口治療に頼らない、健康な生活をするしかない 感染症について知りたいと思い「免疫学の基本がわかる事典(鈴木隆二著)」を読んだ。医療関係者の卵のための免疫についての著書である。絵本であるが中身は深い。 一口に免疫といっても、きわめて幅広くしかも複雑である。自然免疫や適応免疫から始まり、免疫細胞は無数にある。さらにそれぞれがいくつも触手をもち、さらに伝達物質を有し、それらの連結シ...

  • マスク着用強制化

     日本では、わざわざ法令で義務化しなくても、理屈さえ通れば納得する フロリダ州のある地域では、公共の場でマスク着用を義務化する法案が、物議を醸している。ここは、新型コロナ感染ですでに3000人以上亡くなっている。市民の意見を聞く会では、多くの市民たちが反対の声を上げていた。「マスク義務化は悪魔の法律」、「共産主義の独裁体制だ」、「アメリカ国旗に対する侮辱」など、強硬な意見が多い。 もちろん義務化に賛成...

  • 中間日

     今日で、2020年の半分が経過した。 これまでの半年、ほとんどを新型コロナに振り回された。本ブログ記事も8割以上は、この話題であった。 まだまだこのウィルスは猛威を振るっており、まったく下火にはなっていない。それなのに、われわれの意識は半ば飛んでしまっている。感染者は若者が多く、死ぬのは年寄しかいないからである。 そのうち、新型コロナより強烈な危機が発生し、この騒ぎはどこかに行ってしまう。     ...

  • コロナ感染拡大

     利口な国は、亡くなるのは高齢者であることを見込んで、放置している 地元福井では、2か月余り新型コロナ陽性者が発見されていない。 一段落に見える新型コロナが、まだ東京ではくすぶっている。昨日(6月26日)にも54人。ここしばらく50人ほど陽性発見が続いている。都内の入院患者数は220名、重症者の数が19名。日本全体では、入院治療を要する人が700名あまり重症者は60名。明らかに東京はコロナ濃厚地帯である。 こんど...

  • 白山高山植物園

     そこにいた人は、運転もおぼつかないような高齢者の過密状態であった 昨日はじめて、「白山高山植物園」へ行った。標高800mにあり、高山植物の低地栽培試験に取り組んでいる施設である。白山に登らなければ見られない高山植物を、一足早く見ることができるという。 今年は6月15日から7月7日まで。毎年期間限定で開園している。 場所は、福井から国道157号線で、石川県境にある谷トンネルを抜け、2.5キロほど進んだところから...

  • 人種差別混乱

     差別を無くそうと思ったら「隔離」しかない。「分断」こそ差別をなくす最大の方策 黒人が警官に殺害された事件をきっかけに、アメリカでデモや暴動が続いている。世界に広がって、日本でもデモ行進する人がでてきた。マスコミ報道は、大ごとになることを望んでいるように見える。暴動はほぼ治まったし、デモといっても数百人規模である。 アメリカでは、このようなことは日常茶飯事らしい。 アメリカで、なぜあれほど警官が黒...

  • 死なない日本人

     不幸のどん族に追い込まれた人をたくさん炙り出すことが国民を元気づける 日本は、多大な経済的犠牲を払いながら、新型コロナの第一波をかわすことができた。そのうえ今年に入って、日本だけ亡くなる人(超過死亡者数)が減少した。とりあえず政府は国民の命を守ったと言える。下図のように、計画通りピークをずらし医療崩壊を防いだのは間違いない。 じつは自殺者も、今年は20%ほど減少している。30年ぶりくらいに、年間2万...

  • 日本人の民度

     感染対策がうまくいったのは、民度が低いことと、口数が少なく小食だからであった 麻生大臣の「新型コロナで死者が少ないのは、日本人は民度が高いから」という発言を、批判する人がいる。「民度が低い」といわれたならともかく、褒められて反発する人は、自ら日本人でないことを白状しているようなものである。 こんどの感染症対応を見ても、半数以上の国民は、ひたすら政府の方針を守り、濃厚接触を避けてきた。メディアの煽...

  • 最後の晩餐

     年寄は、もし症状がでたら、治るか死ぬ寸前までじっと我慢する 自粛解除後の先週土曜日、2か月ぶりに酒食を伴う会合に参加した。近所の魚屋で、10人ほどの定例交換会である。毎月初めに行っており、前回は3月であった。緊急事態宣言が出され、4月と5月は中止。その間、我が家の法事も取りやめになっていた。 コロナウィルス対応の宴席は、どのようなものか。 凹字型の席の配置で、隣の人とは20センチほど離れている。酒席なの...

  • 検査ミスでの感染

     冤罪やミスで苦しまないためには、検査も病院も行かない方がいい 34人の院内感染が起きた神奈川県小田原市立病院が、収束後の取材で、「感染拡大の主な原因は『偽陰性』だった」と公表していた。入院患者がPCR検査をして陰性であった場合、多少症状がよくなった時点で大部屋に移すなど、保菌者の扱いをまちがえたからである。 逆に愛知県では、検査のミスで、「偽陽性」が大量に発生し、感染していない人が感染してしまったこ...

  • TV番組のかませ犬

     悪役コメンテーターが視聴率を稼ぎ、放送のレベルが下がっていく むかしから、TVドラマやプロレスには、必ず「悪役」がいた。典型的なのは水戸黄門に出てくる悪代官と越後屋であり、プロレスではブラッシーである。「正義の味方」主人公が、最後に「悪役」を退治することで、視聴者はスカッとして、ストレスを解消する。 最近はドラマもひねくれて、だれが悪役かよくわからない。したがって、TVを観る人は、複雑なストーリーを...

  • 酷暑とコロナ菌

     この夏、人とコロナ菌との間でどちらが生き残るか、熾烈な勝負がはじまる 今回の新型コロナに限らず、危機にあたって政治はどのような姿勢をとればよかったのか。①国民を死なせないこと②経済損失を最小限にすること③自由をできるだけ制限しないこと もちろんこれらは、平時でも同じである。 ほんとなら、ジタバタしないで、なすがままが一番いい。集団免疫戦略のスェーデンやブラジルは、最後に勝つのではないか。  ロック...

  • ラベンダー畑

     福井新聞の写真入り記事をみて、三国ラベンダーファームを訪れた ここは毎年、新聞で大きく取り上げられる。以前も記事に誘われ近くまで行ったが、場所が特定できなかった。周辺をウロウロしただけで帰ってしまった。富良野に匹敵すると言われていたので、広大なお花畑を想定していたからである。   こんども、見学の車が停まっていなかったら、完全に通り過ぎていた。道路に沿っていても、駐車場の分だけ道路から下がってい...

  • 錯覚の偽陽性

     人々を錯覚させ誤解を与えるマスコミの偏向報道に惑わされないようにしたい 6月1日読売新聞は、全国の診療所で導入が増えている新型コロナ簡易検査キットで陽性だった人の9割が、別の検査で陰性だったという記事を出した。東大先端研のチームが、大型機器による精密検査で、再調査したのだという。 記事によると、5月に福島県のひらた中央病院で、680人に対し簡易キットで検査したところ、58人が陽性だった。精密検査では、そ...

  • 検査の目的

     これからは、再発防止の原因究明と対策を立てるための検査が必要になる 最近新型コロナでは、PCR検査以外に、抗体検査、抗原検査など、いろんな検査法が注目されている。精度こそPCR検査より劣るが、その手軽さからかなり普及している。 だが、どのような検査にも欠点がある。やればいいというものではない。 ではどうするか。 目的を明確にすることである。むやみに検査数を増やすのではなく、その検査が有効かどうかを問題...

  • 厳戒態勢のPSA検査

     感染者が3時間も待たされたら、いたるところウィルスで汚染される 半年ぶり、PSA検査のため日赤を訪れた。新型コロナが流行してから、はじめての大病院である。緊急時代宣言が解けてまもないため、外出に慎重な人が多いかと思ったら、いつもと変わらない混みようであった。 車で入場するとき、すでにゲートには5~6台並んでいた。玄関では、全員に検温とアルコール消毒。それはいいとして、受付してから採血まで1時間。検査結...

  • データの信頼性

     細かい数字より背景をみたほうが、鳥の目、魚の目で見ることができる 毎日、新型コロナに関するデータが、発表されている。これをもとに、TVに出てくる専門家やコメンテーターは、解釈を加えている。なかには、「欲しいデータがない」、「インチキではないか」など文句をつける人も多い。 だが多岐にわたるデータを、早く正確に出すことなど、できるのであろうか。 たとえば、厚労省のHPには「国内の現在の状況について」とい...

  • オリンピックの再延期

     それに伴う追加経費をケチっていては、大恐慌にはとても太刀打ちできない 来年に延期された東京オリンピックが、また怪しくなってきた。日本では治まりつつある新型コロナ感染の勢いが、世界では止まらない。いまだに、一日1万人以上の死者が発生している。比較的緩やかだった南半球が、これから冬の流行期に入る。 日本でも、今年の秋から冬にかけ、第2弾の流行が予想されている。それを「無手勝流」で乗り切っても、このウィ...

≪前のページ≪   1ページ/52ページ   ≫次のページ≫