FC2ブログ

 ・自治会解体 ・都道府県ランキング ・好天の日曜日 ・IOFT2018展示会 ・今日からIOFT2018展示会 ・AIとくじ引き ・炎天下のグランドゴルフ ・阿波踊り内紛 ・福井フェニックスまつり ・大安禅寺の花まつり ・あわら温泉街 ・歴史的な敗北 ・体育祭へ向けて ・春まつり ・春祭り ・春の訪れ ・ボーリング限界 ・正月料理 ・敦賀「ミライユ2017」 ・雨の交通指導 ▼もっと見る

RSS

カテゴリ: 地域、町内、祭、イベントのエントリー一覧

  • 自治会解体

     不必要なチラシ配布や行事をやめれば、自治会が解散することはない 福井市内にある2つの自治会が、解散した。2つとも6世帯という少数で、しかも構成員がすべて高齢世帯である。自治会長をはじめ、いろんな役職の負担が大きくなったためであるという。 私の自治会も、4~5年前までは15世帯しかなかった。高齢世帯がつぎつぎ死に絶えていたため、消滅するのも時間の問題であった。だから他人事ではない。自治体消滅まで行かなく...

  • 都道府県ランキング

     性衝動を抜きにして本音の正確なランキングを示すことはできない 都道府県別の「幸福度ランキング」というのがある。2018年度、このランキングで、福井県は3年連続トップだった。すべての分野で高得点を挙げ、とくに「仕事」「教育」は連続1位だという。このもとになる指標は、仕事(就職未定率、失業率など)、教育(学力、社会教育講座数など)、健康、文化などである。 また、「都道府県の魅力度ランキング」がある。株式...

  • 好天の日曜日

     町内会の行事で、稲荷神社の一斉清掃を行った。おそらく築70年は超えている神社の周辺整備である。10年ほど前に塗り替えを行っても、鳥居の足は腐食し本殿の外装は禿げ罹っている。あと何年もつか。     天気がいいので、徒歩で紅葉の足羽山まで散歩。11時前に出かけて、約2時間後の午後1時過ぎに帰宅。新装なった足羽山動物園に行きたかったが、道路工事中で、完全通行止め。結局、仏舎利塔で引き返す。       登りは、...

  • IOFT2018展示会

     規模で勝てないなら、一つ一つの製品で勝つしかない。高齢者の出番である 昨日まで3日間、東京ビッグサイトのIOFT国際メガネ展に参加した。  会場は、JR大井町(宿泊したところ)から、りんかい線で10分。「国際展示場」駅で下車。そこから、ビッグサイト入り口まで15分。建物に入ってさらに10分以上歩く。 国内外の眼鏡関連事業者が、390社出展する。私の担当したブースは、福井東商工会がリードし、麻生津近隣の眼鏡関連業...

  • 今日からIOFT2018展示会

     今日から東京ビックサイトで行われている、眼鏡展示会(IOFT2018展:22~24日)に参加します。あいにく、出張用の軽量パソコンやスマホなどを持っていないので、外出先での更新は困難です。 25日のご報告まで、お休みします。            ...

  • AIとくじ引き

     AIなら、くじ引きのおごそかさに加え、究極の合理性が加わる 毎年の地区総会では、後任の区長を決めることが最高の難題となる。私の区では、地域の10町内の会長が集まり、そのなかから選任する。区長は、1年間無報酬で各町内への連絡や依頼・取りまとめなど、こまごました業務をする。国会議員と異なり、区長なんか誰もなりたくない。 以前は、あらかじめこれと思う人に打診していたのだが、打診された人につぎつぎ断られたら...

  • 炎天下のグランドゴルフ

     日本は、シベリア並みの極寒と赤道直下以上の暑さが同居している 毎年この時期になると、地区のグランドゴルフ大会がある。年寄中心に120名ほど集まる。例年なら8月も終わりになると、秋風が吹き始める。だが今日は、気象庁発表で36度と、依然として酷暑である。 ゲームは、3か所の8ホールを回って、その打数で争う。もちろん少ないほうが勝ちである。すべて3打で72点。優勝者は、66点であった。私は76打で、おそらく全体...

  • 阿波踊り内紛

     地域の権力争いなんかで、阿波踊りイベントは絶対に無くしてはいけない 4日間続いた徳島の阿波踊りが終了した。期間中の人出は、これまでで一番少ない108万人だったそうだ。わざわざこんなことを書くのは、昨年からこの踊りの主催者である観光協会や徳島新聞の内紛がマスコミに取り上げられ、どのような開催になるか危ぶまれていたからである。 報道によれば、累積赤字4億円の責任をとって観光協会が解散し、代わった徳島市と...

  • 福井フェニックスまつり

     どうでもいい加減さが、これからもフェニックス祭りを長続きさせる 花火大会を皮切りに、恒例の福井フェニックス祭りが行われている。そのメインイベントは、今年県内外の39チームが出場するYOSAKOIイッチョライ踊りである。各チームが工夫を凝らし、音響車を先頭にしたパレードで演舞を披露する。昨夕、久しぶりにひと目だけでも観ようと駅前に出かけた。 この踊りは20年ほど前、既に全国的なブームになっていた「YOSAKOI」に...

  • 大安禅寺の花まつり

     大安禅寺の菖蒲まつりを見に行った。満開には程遠い咲きっぷりであるが、枯れて萎びた花がないだけ新鮮である。見ごろはあと1週間後くらいか。どんなものも、ピークに合わせるのは難しい。一段上にある薔薇畑の方は満開であった。さらにその上にある霊園は、まさに霊気が漂っていた。    このお寺では、むかしから和尚の法話が有名である。4~50年前、先代和尚の法話を聞いた。その後綾小路きみまろがヒットしたとき、まるで...

  • あわら温泉街

     昨晩、4年に1度の高校同窓会であわら温泉(グランディア芳泉)に宿泊した。 街なかを散策しようと思い、田原町駅から電車に乗った。620円を払って30分ほどで、あわら湯のまち駅に着く。この温泉街は、近年いろんな施設ができ、様変わりしている。なぜか古ぼけたミュージックホールはそのままである。閑散としているのは、日曜日だからなのか。全焼したべにや旅館のある中心街をまわって、宿泊する旅館に向かった。    同窓...

  • 歴史的な敗北

     もう下には下はない。あとはV字回復するのみ 最後の体育委員として参加した今日の体育祭で、屈辱的な最下位を喫してしまった。地域の歴史を塗り替える出来事である。40年ほど前から、私が体育祭に関わって初めて。おそらくこの地域体育祭はじまって以来の、恐ろしい出来事である。 小さいころから、わがブロックは、宝永地区で常にエリート的な存在であった。20~30年前まで毎年優勝候補で、最下位など想像もつかなかった。や...

  • 体育祭へ向けて

     今年こそ、万年Cクラスを脱するチャンスである また区民体育祭の時期が来た。今年も体育委員を拝命したので、5月20日の体育祭までの準備に追われる。 体育祭の主体である宝永地区は、8つのブロックに分かれており、わが江戸東地区は世帯数が300もある大ブロックのひとつである。15年前までは、常に優勝争いの一角に食い込んでいた。それが年を追うごとに順位を下げていく。10年ほど前からは、常に最下位争いを演じている(幸...

  • 春まつり

     毎年、5月3,4,5日は、「おしんめさん」の春まつりである。氏子である我々は、なにかと忙しい(とくに何もしないのだが)。2年前から、交通整理役を引き受けており、今年も御鳳連行列の先導役を行った。    幸い今日も晴天で、暑いくらいであった。若いときと異なり、日焼けの後遺症が残る。 気温は30度近くにまで上がったのではないか。炎天下を朝9時から午後3時半まで、15キロ以上は練り歩く。交通整理で、先頭を行ったり...

  • 春祭り

     こんな平和な日本に生まれたことを感謝すべきなのであろうか 今日、町内で祀っている稲荷神社の例大祭が行われた。町内の人が半分でも集まる機会あまりない。 言い伝えによると、400年前に福井城主である次男の結城秀康のため、家康が浅草寺から分家したらしい。 現在の建屋は戦災後のもので、50年になる。今冬の豪雪で潰れるかと思ったら、屋根が破損しただけで済んだ。それでも修理に15万円かかった。2つある鳥居はいずれも...

  • 春の訪れ

     雪の下で虐げられていた庭の木々が、なにごともなかったように立ち誇っている  春分の日が過ぎ、ようやく春を感じられるようになった。花粉症も少し治まった。冬の間、あれだけ雪の下で虐げられていた庭の木々が、なにごともなかったように、ピンピン立ち誇っている。植物の生命力はみごとなものである。苛めれば苛めるほど、たくましくなる。くしゃくしゃに折れた枝も、いつの間にか生えそろっている。           ...

  • ボーリング限界

     今朝、地域体育協会主催のボーリング大会に参加した。 ここ20年以上、毎回参加しており、200点を目標にしている(もちろん2ゲームで)。今日は10点もオーバーした。1ゲーム目は115点。2回目になるとスタミナを使い果たし、まともに投げられない。       他人のストライクやスペアに拍手するのはいいとして、自分が拍手をもらう機会がない。上達しないので、あまり面白くはない。周囲を見渡しても、同年代がいない。参加...

  • 正月料理

     ナマコの切り身とこのわた 私の好きな食べ物(日本酒を除く)ベスト3は、①酢ナマコ、②沢庵(市販を除く)、③焼き鳥(親鳥)、である。この3つは、一流料亭の懐石料理や帝国ホテルのフランス料理(食べたことないのだが)より、はるかにおいしい。 したがって毎年、正月料理の準備では、ナマコを捌き、親鳥の切り身を串に刺している。 ナマコは、以下のように捌きを行った。①袋からグロテスクなナマコを取り出す(かすかにう...

  • 敦賀「ミライユ2017」

     アーチトンネルはよかったが、イメージライトはじっくり見るようなものではない 昨晩、敦賀市金ケ崎緑地の「ミライユ2017」を見学した。 どうせなら、近くで一杯やりたかったので、JRを利用。福井駅16時45分発の普通電車で、新装なったJR敦賀駅に17時35分に到着。駅構内の案内所に美人コンセルゼェが2名も入るなど、かってのボロ駅とは見違えるようである。 さっそくカウンターで案内を受ける。 ただ会場への周回バスはすで...

  • 雨の交通指導

     いやなことや我慢の時間を過ぎれば、しばらくは充実した幸福が訪れる 地域の交通安全推進員として、月に2~3回、近くの交差点で交通指導を行っている。 今朝は7時から、防寒具とマフラー、頭巾の上から透明フード付の雨具を着用した「完全武装」で現場に立った。予定では、3名の推進員がいるはずなのに、現場に行ったら私のほかに誰もいない。推進員は高齢者ばかりなので、無理しないのであろう。冷たい雨の中、一人で単調な仕...