FC2ブログ

感動経営

 「感動」できない人は、まともなお客にも経営者にもなれない

 先日、診断士協会のスキルアップ研修会、「従業員の主体性を引き出し、業績を高める企業支援のあり方」に参加した。講師は、(株)佐々木感動マーケティング代表の佐々木氏である。氏はキャリアコンサルタントとして、おもに「人」と「会社経営」の両面にフォーカスした企業支援を行っている。

 内容は、事業を伸ばしている企業における、人づくりの成功例をあげたものである。坂本光司法政大教授の「日本でいちばん大切にしたい会社」と同じ、人を大事にする経営の実践例である。とくに目新しいことではなく、あたりまえのことをやるだけである。それができないのが世の中である。
 レクチャーの中で、あらためて考えたのは以下の2点である。

               イッチーノ
 
 まず仕事の優先度について。
 仕事には、つぎの4つの種類がある。 
①緊急性が高く重要な仕事→お客への対応、クレーム処理、発送業務など
②緊急性が低くても重要である→未来への投資、5S・安全活動、経営理念の確立・浸透
③緊急性は高いが重要でない→優先度の低い打ち合わせ、突然の来客
④緊急性も低いし重要性もない→使わない資料作り、目的にないムダな仕事

 このなかで、①と④についてはたいていわかる。わかるから①の仕事はやるし、④はしない。だが、②と③は微妙である。たいてい、②(緊急性が低くても重要である仕事)を後回しにして、③(緊急性は高いが重要でない仕事)をやりたがる。②の仕事は煩わしいし、すぐ結果が出ないからである。
 じつはこのとき、②を優先するかどうかによって、その組織の優劣が決まる。めんどくさい②の仕事より、大したことはないが急ぎの仕事の方が魅力的である。まわりの受けもよい。だがこれを続けていけば、②を実行する力が無くなり、組織はじり貧を免れない。
 もちろんこの4つについて、それぞれ具体的な仕事がどんなものか、会社で明確にしておく必要がある。それがいい加減だと意味がない。

              客が来ない H30.8.18

 つぎに、「満足」と「幸福」の違いについて。
 端的に言えば、「満足」は「今だけ、金だけ、自分だけ」であって、「幸福」は「三方よし」の世界である。
 会社なら「満足」は、給料、ボーナス、休暇、役職などの待遇である。「幸福」は、達成感、働き甲斐、成長、社会貢献など、主体的に動くことによって感じるものといえる。欲求5段階では、「満足」は低次の欲求、「幸福」は自己実現の欲求を満たす。
 つまり、経営においての「感動」は、お客様の「満足」を超えたところにある、「幸福」状態である。
 
 だが、これまでこの2つを混同して使っていた多くの人にとって、いまさら違いといわれても困る。「満足」が低俗となると、「満足度日本一」常連である福井県のイメージが悪化する。             
 またこれは、製品やサービスを供給するほうも同じである。ここ数年来、私がセミナー講師になってしらけてしまうのは、自分自身が感動できなくなってしまったからである。感動できない人は、お客にも経営者にもなれない。
スポンサーサイト

禁煙から禁酒へ

 そのうちP・C患者は、人々のすべての行動にいちゃもんをつける

 東海道新幹線の車内販売で、クリーミーな泡ビールの販売をはじめると言う。新型の電動式サーバーを缶ビールに取り付け、超音波の振動できめ細かい泡をつくる。スタッフが夕方と夜の車内を回り、おかきのおつまみとセットにして1杯500円で販売する。
 リーズナブルな価格で、透明カップに入った冷たいビールは、見ただけで涎が出る。
 
 だがこの企画は、意外と評判が悪い。ネット記事に対するコメントを見る限り、私のようにもろ手を挙げて賛成する人はほとんどいない。

≪これだけお酒が元の事件があるのに販売ですか…公共の空間では酒類の販売はやめた方が良いと思う≫
≪アルコール類の匂いが苦手な人への配慮を!≫
≪タバコの臭いが苦手な人がいるように、アルコールの臭いで気分が悪くなる人間も居ると思う。≫
≪飲酒は昔より悪いってこと分かってきたんだから、そろそろ明るいイメージで販売するの辞めた方が良いのでは?≫
≪タバコは規制するんだから、アルコールも規制するべき。暴れる人いるし。禁酒車両を設けるべき。≫
≪公共の乗り物は禁煙&禁酒にすべき。特に酒絡みは犯罪にもつながることが多い。≫

              日本酒で宴会 H28.9.04

 このようなコメントばかりのところを見ると、世の中には酒や酒飲みの嫌いな人で満ち溢れていることがわかる。日本中に、ますますポリティカル・コレクト病が蔓延している。こんな潔癖症ばかり集まった日本は、大丈夫なのか。酒飲みの文化が無くなれば、日本中にうつ病患者がごまんと増える。
 そのうち外出先での、人々のすべての行動にいちゃもんがつくであろう。

 音楽を聴く→音漏れが気になる
 雑誌や新聞を見る→鬱陶しい
 ランニングをする→人にぶつかったらどうする
 鼻糞をほじる→汚らしい
 醜い顔をさらす→見たくない
 息を吐く→同じ空気を吸いたくない
 大声で話す→うるさい
 小さい声で話す→こっそり人の悪口を言うな

池江選手の闘い

 オリンピックで金メダルを取るより、もっと大きな感動をわれわれに与えてくれた

 競泳の池江璃花子選手が白血病を公表したことで、日本中が吃驚し心配している。来年のオリンピックに向け、日本競泳会のトップアスリートであり、伸び盛りの18才である。美人の世界的スイマーということで、病気でなくとも日本中の注目を浴びていた。
 彼女の病気は、新聞の1面に掲載され、TVのワイドショウでも連日取り上げられている。いま白血病は不治の病でないとはいえ、治療には年単位の期間が必要である。

 たくさんの著名人がコメントを出している。多くは池江選手の病気を案じ、早期の回復を願ったものである。その中で桜田義孝五輪相は、「盛り上がりが下火にならないか、若干心配している」、「本当にがっかりしている」などと発言し、それが物議を醸している。野党から一斉に批判の声が上がり、国会でも取りあげられている。
 たしかに桜田大臣の言葉は、他の人とはニュアンスが違っていた。やや不適切かもしれない。

              未来へのトンネル H29.12.19

 しかし桜田大臣は、決して悪気があったわけではない。単に言葉の使い方の問題で、こんなものを、いつまでも引っ張るものではない。繰りかえし表に出せば出すほど、発言の内容がわい曲・増幅され、肝心の池江選手を傷つける。野党やマスコミは、政争の具にしたり、視聴率を上げるために叩いている。それこそ不適切で、いい加減慎むべきである。

 それよりもっと大切なことがある。本人の思いの影響である。
 池江選手のツィッターコメントは、ようやく手が届くところまできた夢を一時断念し、新たに病気との戦いに向かう、気持ちの切替えをしっかり打ち明けていた。それがまた健気で胸を打たれる。これは彼女しかできない。池江選手は、同じような病気で苦しむ人を勇気づけた。そしてオリンピックで金メダルを取るより、もっと素晴らしい感動を日本中に与えてくれたのである(少なくともじじいの遭難騒ぎとは比べ物にならない)。

悪夢の政権

 あれは悪夢ではなく、いまもつめ跡の残る現実だった。現政権こそ悪夢であって欲しい

 安倍総理が自民党大会で、「悪夢の民主党政権」と言ったことが話題になっている。これまで、あたり障りのない言葉しか言わなかった総理にしては、少し踏み込んだ発言である。与党自民党の中にも戸惑う議員がいたらしい。

 世間では、その通りという人がいれば、今の政権のほうが悪いという人もいる。もちろん、当時民主党だった人はおもしろくない。旧民主党員を中心に、反発が広がっている。なんとかこの言葉を「不適切発言」に格上げしたくて、うずうずしている。

              夢舞台 H29.4.02

 だが、あの民主党政権時代が、ほんとに悪夢だったらよかった。悪夢なら、目覚めたらなにごともなく終わる。せいぜい寝汗をかくだけだ。民主党はあの時代を夢にするため、民進党と名前を変え、さらに国民新党や立憲民主に姿を変え、必死にかっての痕跡を隠そうと企んでいる。

 しかしあれは夢ではなかった。まちがいなく現実だったのである。悪夢どころか悪魔の政治で、あのとき民主党のばら撒いた毒まんじゅうが、いまだに日本を蝕んでいる。
 具体的には、普天間移転のちゃぶ台返しからはじまり、東北大震災や原発事故処理のお粗末、その後の破壊的なエネルギー政策、消費増税、尖閣の火付けなど、毒まんじゅうの後遺症がいくらでも出てくる。後遺症どころかいまだに国民は、大量にばら撒かれたまんじゅうの毒を食らい続けている。

 したがって、旧民主党だった人を中心に、2大政党制などできるはずがない。2大政党にするなら、自民党が分れたほうが現実的である。維新や希望の党あたりを巻き込めば、すっきりした2大政党ができるのではないか。



 もっとも悪夢なら、いまの自民党政権である。移民法案や水道法、種子法の改悪は行っても、肝心の憲法改正の道筋すらつけられない。原発推進には及び腰で、まもなく消費増税である。これが夢なら、はやく覚めて欲しい。