FC2ブログ
RSS

自民党総裁

 これからもマスコミと野党は、エネルギーのすべてを総理の粗探しに遣うのであろうか

 自民党の総裁選が行われ、次期総理・総裁が菅氏に決まった。下馬評通りである。
 この1週間、なんどか総裁候補3名の討論会を聴いた。普天間や福島汚染水の問題など、3者3様で言葉を濁していた中で、もっとも具体性があったのは菅氏であった。

 石破氏は、論説はうまいが、結局何をしたいのかよくわからない。(憲法改正のように)正論でも、話を大きくして有耶無耶にしてしまう。イメージだけで選ぶと、石破氏が選ばれたであろう。(顔はともかく)ナンバーワンホストか結婚詐欺師にはなれる。岸田氏は、石破氏ほど話の組み立てが上手くない。

                偉い人

 しかし菅氏のように、具体性のあるリーダーほど、攻撃の対象になりやすい。
 安倍総理が退陣表明して政府支持率が上昇し、沈静化していたサヨクマスコミにとって、格好の標的ができた。

 さっそくTBS(報道1930)では、菅氏の生い立ちや、官僚に対する態度にいちゃもんをつけていた。
 たとえば菅氏は、高卒後に秋田の農家から東京に就職し市議に転職、地盤・看板のないことを総裁選の売りにしていた。だが秋田の実家は決して貧農ではなかったこと、市議といっても国会議員秘書からの転身で、後ろ盾があったことを「暴露」した。
 また官房長官時代に、ふるさと納税の欠陥を指摘した総務官僚を、自治大学長に「左遷」(栄転のような気もするが)したことも指摘していた。
 今後は、この手の「事実」がつぎつぎ掘り起こされるであろう。

 番組ではゲストの小川淳也議員(立民党)が、菅氏のやり方は怪しからんとTBSに同調し、菅氏を擁護する橋下氏と論争をくり広げていた。私は、2件の例はいずれも考え方の相違にすぎないと思う。前者は経歴詐称とはいえないし、後者においても官僚と摩擦が起こるのは、それだけ仕事していたからである。



 これからもマスコミと野党は、こんな粗探しにエネルギーのすべてを遣うのであろうか。
 勘弁していただきたい。
 それに、小川淳也氏のごとく清廉潔白な大人は、日本には一人もいない。政治家がお釈迦様では、われわれは息が詰まる。全てものごとはほどほどがいい。
スポンサーサイト



恐怖の瞬間

 死ぬまで生検のストレスを抱えたまま、最後は他の病気で死ぬことになる

 4か月ぶりに、前立腺マーカー(PSA値)の測定を受けた。
 2007年に3.54という高めの数値を指摘されて以後、年に3回ほどのペースで測定を続けている。10年前には、激痛の生検(細胞採取)を受けた。一晩中七転八倒し、1か月以上下血した悪夢の生検で、いまだトラウマになっている。

 それから測定のたび上下しながらも、PSA値は確実に上昇している。ここ数年は15前後で推移していた。そして、前回(5月)の測定時には、22.3と異常にはね上がっていた。
 もし今回それ以上、あるいは近い数値がでたら、再度の生検を予告されていた。さすれば、2~3日まともに動けないだけでなく、がんが発見されたらまた厄介である。年末年始の予定がまるで立たなくなる。

                極楽極楽 R2.8.04

 したがって数日前から、不安で思考がストップし、夜はうなされていた。このブログも手を付けられない。今朝は病院へ行き、採血されて医者にその数値を聞くまでの3時間、血圧も50は上がっていた。数値の提示は、恐怖の瞬間である。

 さいわい今日の測定値は16.7で、前回から大幅に下がり(それでも充分高い)、生検を免れた。だが生検しようがしまいが、ここまで高いと、がん細胞があることはほぼ間違いない。問題先送りである。

 前立腺がんは進行が遅い。このまま死ぬまで、生検のストレスを抱え、結局は他の病気で死ぬような気がする。なにしろ病気の数は山ほどある。
 それならPSA値の測定など、どれほど意味があるのだろうか。
 世の中の矛盾は無くならない。病院でたむろしていた患者の大半も、私とおなじ、お仲間なのであろうか。

避難指示

 核攻撃に備えたシェルターを準備しておけば、たいていの災害に対応できる

 先日の台風10号では、暴風や河川反乱に備え、九州7県の180万人に対し「避難指示」が発令された。6日の午後8時で、読売新聞のまとめでは、九州・山口の8県で計約16万人が避難所に身を寄せていたという。避難指示人数の1割未満である。自宅が比較的安全な人、近隣の知人宅、あるいは張り込んでホテルに宿泊した人もいた。

 避難指示対象者のなかで、どれくらいの人が「安全地帯」に避難できたのであろうか。普通に考えれば、地域の住民すべてが、迅速・安全に避難できるところなどない。
 幸い台風10号は予想を下回る勢力だったことで、避難所の問題が大きくなることはなかった。だがこれから、大型台風の連続攻撃が予想される。

 今後避難指示はどこでも起こる。もし私の地域で発令されたら、住民こぞって避難できる場所があるのだろうか。

                避難所器具 H29.9.10

 もちろん、近くて(徒歩10分以内)、安全(鉄筋・鉄骨の3階建て以上)、安価(気楽に入れる)でなければならない。
 たとえば、近くに頑丈そうなホテルがあれば、いち早く予約してしまう。家族5人で一部屋なら、大した金額ではない。私がホテルマンなら、非常時用の宿泊メニューを広報しておく。災害が予想されれば、外部の宿泊客は激減するからだ。

 また拙宅の近くには、5階建て病院が避難場所に指定されている(コロナ患者がいるかも)。
 あとはやや遠いが、学校や公民館で数百人は入る。
 それでも、地区だけで1万人以上の住民がいる。半分以上は露頭に迷う。避難するのにもっとも安全な原発施設は、近くにはない。


 ではどうするか。
 各戸で核シェルターを購入し、安全な避難場所を確保しておくことである。
 日本には、核攻撃に備えたシェルターがない。隣の韓国では、地下街などを活用し、人口分の核シェルターを準備している。これさえあれば、たいていの災害に活用できる。地震には強い。

 企業は、ビジネスチャンスとして、供給の準備だけはしておきたい。高齢者はため込んだ貯蓄を遣うときである。100兆円規模の経済効果も見込める。
 まもなくミサイルが一発飛び込めば、平和ボケした日本人の目が覚める。

分断された日本人

 精神病院の内と外で、お互いに「相手が狂っている」と言っているようなもの

 先月の安倍総理の辞任については、大方の日本人はがっかりしたのでないか。ほかでもない、自分の国のトップが辞めるのである。少なくとも、不安に思うのはあたりまえであろう。

 一方で、ここぞとばかり安倍叩きに奔走する人もいる。
 京都精華大の白井講師は、総理の辞任会見に同情した松任谷由実さんに対し、「荒井由実のまま夭折すべきだったね。醜態をさらすより、早く死んだほうがいい」などとフェイスブックに載せ、物議を醸している。
 まさに脅迫である。

 ネットで大炎上すると、こんどは「偉大なアーティストは同時に偉大な知性であって欲しかった。つい乱暴なことを口走ってしまいました。反省いたします」とコメントした。
 反省の方向も明後日である。
 私からみたら、脳を構成するネジが外れ、狂ってしまったとしか思えない。とてもまともな社会人の発言ではない(大学はそういうところなのだが)。

 信じられないことに、この白井講師のツィッターを擁護する人も少なからずいる。安倍総理を支持・同情する人たちに対し、知性がないとか極右だ、などのレッテル貼りを平気で行う人たちである。リベラルな安倍総理に対し、サヨクが憎悪をむき出しにするのは、不思議でしょうがない。まちがいなく、嫉妬もあるのだろうが。
 こんな人たちが一定数いることで、日本は完全に分断されている。

               おかめ分断

 しかし冷静に考えると、この異常な発想にも百分の一理はある。考え方は異なっても、それはそれで筋が通っている可能性がある。ひょっとすると、私の考えが及ばず、まちがっているのかもしれない。考えれば考えるほど、どちらが病んでいるか、わからなくなってきた。

 このことは、精神病院の塀の内と外で、お互いに「相手が狂っている」と言っているようなものである。どちらが正しいかの絶対基準はない。神様しかわからない。まさにいまのアメリカ社会である。
 この場合たいてい、多数派の方が正しいことになる。世の中で、異常な人が多数になると、普通の人は排除される。

 だから私自身は、キチガイじみた少数意見は嫌いではない。紙一重の人の突飛な発想でなければ、新しい発見は起こらない。他人と異なる考えを、強引に進める度胸も、なかなかのものである。
 言論の自由という厄介な日本では、閉じ込めておくわけにもいかない。



 それでも、白井氏のごとく過激な人は、常時監視しておく必要がある。頭のネジが外れたかもしれない人が刃物を持ったとき、どのような行動をとるか、明らかだからである。

AIによる来店予測

 中小企業は、あるものを最大限利用し低コストで効果的な仕組みをつくるしかない

 先日、福井県中小企業診断士協会主催の更新研修会で、福井市内の菓子店におけるAI導入の取り組みについての講演を聴いた。地元では有名な、創業300年にもなる和洋菓子店で、わが家でも月1~2回は利用している。

 50代と思われる社長は、7年前に当店に入り、積極的にDX(デジタルトランスフォーメーション)を進めてきた。遅れていた管理システムやIT環境を整備するなど、それまでの経営コンサルタントのスキルを最大に活かしたものである。
 具体的には、HPでの予約システム、発注管理システム、ジョブカン(ネットでの勤怠管理)、LINEによる情報共有、来客予測AI、店内WEBカメラの導入などである。
 なかでも、AIによる来客数予測は、このお店のしくみを大きく変えた。

                  大儲け

 ただAIといっても簡易型であって、データを統計的に分析するだけの、正確にはAIとは言えないシステムである。すなわち、過去数年間の時系列の売上データや天候など、いくつかの要素を加え重みづけした、階層分析法のようなものと思われる。
 自己学習を伴う本格的AIではないが、費用対効果を考えればこれで充分である。なにしろ導入価格150万円という、良心的なシステムである(ふつうは何千万円出しても効果が出ない)。およそでも日々の売上予測がわかれば、店舗や製造に配置する人のシフトが容易になる。原材料も節約できる。

 また、各店舗の商品棚をWEBで共有し見える化することで、生産部門がタイムリーに生産情報を把握することができるようになったという。
 いずれも、ムダを減らしてコストダウンをはかる、モデルケースと言える。

                タヌキの勢揃い

 しかし社長自身も述べていたが、これだけでは直接売上を伸ばすことはできない。あくまでもデータを組み合わせ、予測数字を出すだけである。
 予測が目的なら、高度な人工知能を駆使できたとしても、売上高の向上に結び付くかどうかは難しい。AIは、設定された要件を考慮し、予測するだけである。地球環境の将来予測をすれば、AIは悲観的になるのと同じことである。

 一歩進んで、業績を拡大するためには、売上を上げるための要素が、AIに組み込まれなければならない。その要素を数値化してAIに組み込み、予想と実績の誤差を常時修正するシステムを構築する。

 たとえば、いま店内だけで共有化されている、店内の様子や陳列棚を、お客がパソコンやスマホで見れるようにしたらどうか。お客にしたら、混雑を避けたいし、陳列を見て購買意欲がわくかもしれない。わざわざ売り切れたお菓子を買いに行かなくて済む。その見せ方を数値化して、効果をAIに学習させる。
 じつはこの仕組みは、飲食店を中心に私が10年前から提案しているものである。最近あちこちで、実践するところもでてきた。


 もっとも、システム会社はそんなことは100も承知であろう。
 まもなく、お客に対するお店の見える化も取り入れられると思う。
 中小企業では、いわゆるビッグデータを使ったAIシステムをつくることは難しい。あるものを最大限利用して、低コストで効果的な仕組みをつくるしかないのである。
≪前のページ≪   1ページ/563ページ   ≫次のページ≫